監査法人
への転職

監査法人への転職を検討している会計士・会計士試験合格者の方へ、業界の動向や転職成功事例、企業情報をご紹介します。

監査法人への転職

マイナビ会計士は、会計監査、内部統制監査、システム監査、IPO支援、IFRS導入支援、各種コンサルティング・アドバイザリーなどの多様な職種、BIG4をはじめとした大手監査法人、準大手・中堅監査法人など様々な求人情報、企業情報を会計士専任のキャリアアドバイザーが転職サポート致します。

監査法人への転職をご検討の方
あなたに合ったキャリアプランをご提案します

監査法人の規模別業界動向

公認会計士合格者数が減少していることもあり、監査法人の採用意欲は極めて高くなっているのが現状で、監査法人経験が無くとも、試験合格者であれば20代での転職は比較的し易い状況になっています。30代となると、監査法人経験者を求められがちですが、前半であれば英語力や、これまでの経験値を考慮してポテンシャル採用されることもあります。

もちろん、IPOやIFRS対応等の経験がある公認会計士や試験合格者であれば30代後半、場合によっては40代でも転職は可能な状況です。ただ、一方30代後半になってくると実務経験値以外の能力を求められるので、TOEIC800以上を取得するなど実務以外の面でのアピールポイントが必要になってきます。

監査法人の求人情報

サイトでご紹介している求人はほんの一部です。

ご登録いただいた後、キャリアアドバイザーからご紹介させていただきます。

監査法人の求人をお探しの際は
お気軽にお問い合わせ下さい

監査法人への転職成功事例

監査法人の企業リスト

ご紹介企業特集

  • 監査法人アヴァンティア監査法人アヴァンティア
  • PwCあらた有限責任監査法人PwCあらた有限責任監査法人

ご紹介企業情報

監査法人への転職をご検討の方
あなたに合ったキャリアプランをご提案します

マイナビ会計士の強み

  1. 非公開求人のご紹介
    強み1

    非公開求人のご紹介

    日本には今や400万社以上もの企業が存在します。マイナビ会計士に登録することで、知っている企業やたまたま目についた企業だけでなく、自分が想像もつかないような企業を紹介してもらえる可能性が高まります。また、自分だけではチャレンジ出来なかった異業種への転職がかなった求職者も多く存在するので、マイナビ会計士が持っている求人は多くが非公開求人になりますので、お気軽にご相談下さい。
  2. 書類の通過率改善
    強み2

    書類の通過率改善

    採用担当においての最初の難関は書類の作成といっても過言ではなく、多くの転職希望者の方が履歴書や職務経歴書の作成について苦労しているようです。これらの不安や悩みを解決するために、マイナビ会計士は転職希望者のキャリアの棚卸しから寄り添い、作成時にアドバイスや添削を行うことで、採用する企業の選考に通りやすい書類の作成に助力しています。
  3. 効果的なキャリアの棚卸しが可能
    強み3

    効果的なキャリアの
    棚卸しが可能

    キャリアアドバイザーは、紹介する企業が本当に欲しがっている人材を把握しています。つまり、転職希望者が応募企業に対してアピールすべきポイントも理解しているということになります。また、自分では有益だと思えなかったスキルやキャリアが、実は応募先の企業が欲しがっていたものであることもあります。マイナビ会計士には経験豊富なキャリアアドバイザーが所属しており、個人の魅力を引き出すことができます。
監査法人への転職をご検討の方
まずは無料キャリア相談から
ご提供コンテンツ
Copyright © Mynavi Corporation

監査法人への転職|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

アクセスマップ

今すぐ転職サポート申し込み