マイナビ会計士

会計事務所・
税理士法人
への転職

マイナビ会計士では、会計事務所・税理士法人への
転職を検討されている方へ様々な情報を、
会計士専任のアドバイザーが転職サポートを致します。

会計事務所・税理士法人の業界動向

会計事務所や税理士法人の動向で近年大きく注目を集めているのは、時代の変化に伴う業務内容の変化とともに、それについていけない事業所の増加によって、「業界の二極化」が進んでいることです。

日本企業の国際化や会計税務の法令の複雑化、税理士に求められるニーズの多様化に伴い、会計事務所や税理士法人の担う業務も高度化・複雑化しています。また、従来の業務の枠を越えて、会計・経営についてのコンサルティングから人事労務の相談まで、幅広く対応する法人が増加しています。そうした法人では、社会保険労務士や弁護士など、公認会計士・税理士以外の有資格者を雇用するケースも増加しています。業務のしくみそのものも変化の時代を迎えており、会計ソフトを導入してクラウド機能を活用するなど、単純作業のBPOも進んでいます。

都市部ではこうした時代のニーズに対応できている会計事務所や税理士法人は多い一方、地方の事務所においては対応しきれていないところも多くあります。特に小規模な事務所などでは、税理士の高齢化や後継者不足が問題となっています。また、クライアント企業が減少しているということだけではなく、会計の記帳がメインの業務であった事務所の場合は、パソコンや会計ソフトの普及で自計化が進み、記帳代行の価値も薄れ始めています。

従来の記帳代行業務が中心だった税理士法人は、公認会計士資格取得者より税理士資格取得者を優遇する傾向が顕著でした。ただし、業務の多様化を迫られると同時に、状況を打破するために大手会計事務所が地方の会計事務所にM&Aを仕掛けるといった、これまでにない動きも出てきています。そのため、公認会計士の資格を持った転職希望者にとっては、従来と比較して地方にあっても規模の大きい事務所の門戸が広がる傾向もあります。

会計事務所・税理士法人の年間業務スケジュール

  • 繁忙期

    1月

    • 巡回監査
    • 月次決算
    • 年次決算
    繁忙期

    2月

    • 確定申告
    • 巡回監査
    • 月次決算
    • 年次決算
    繁忙期

    3月

    • 確定申告
    • 巡回監査
    • 月次決算
    • 年次決算
    繁忙期

    4月

    • 巡回監査
    • 月次決算
    • 年次決算
    繁忙期

    5月

    • 巡回監査
    • 月次決算
    • 年次決算

    6月

    • 巡回監査
    • 月次決算
    • 年次決算
  • 7月

    • 巡回監査
    • 月次決算
    • 年次決算

    8月

    • 巡回監査
    • 月次決算
    • 年次決算
    閑散期

    9月

    • 巡回監査
    • 月次決算
    • 年次決算
    閑散期

    10月

    • 巡回監査
    • 月次決算
    • 年次決算
    閑散期

    11月

    • 巡回監査
    • 月次決算
    • 年次決算
    繁忙期

    12月

    • 巡回監査
    • 月次決算
    • 年次決算

※3月決済の企業を例にしたスケジュールです

会計事務所の年間スケジュールを3月決算の会社だと想定し、大まかに2つに分けると6月〜11月の平常期と12月〜5月の繁忙期で分けられます。

「巡回監査」「月次決算」「年次決算」業務に年間を通じて携わっていますが、2月~3月は確定申告が行われ、5月には3月に行われた企業の決算の報告の期限ですので忙しくなります。一部上場企業は3月が決算であることが多いため、ほとんどの会計士は4月〜5月が忙しくなります。

企業の種別の転職市場動向

大手・準大手事務所の動向

好景気を背景として、業務の多様化が近年最も顕著なのが、大手の会計事務所や税理士法人です。上場企業や外資系企業のビジネスの活発化を受けて、従来の税務コンプライアンス業務に加えて、M&Aや組織再編、インバウンド支援、日系企業の海外進出支援、移転価格税制業務など、さまざまな業務があります。そうしたビジネスチャンスが拡大していることを好機ととらえて、会計士の人材採用に積極的に動く事務所が多くあります。そして、このトレンドは、今後数年は継続すると予測されています。

中堅事務所の動向

中堅事務所の場合、近年の最も注目すべきトピックスは、一般的な法人税務のみではなくコンサルティング業務を行うなど、業務の枠を拡大する会計事務所や税理士法人も増えていることです。そのため、会計士の転職市場としてチャンスが拡大しているともいえます。

零細事務所の動向

業界の変化や経営者の高齢化、そして後継者不足といった問題が特に顕著になってきているのが零細事務所です。経営不振が原因で廃業に至る事務所も増加傾向にあります。その一方で、成長フェーズに入っている事務所も増えています。会計士が転職する際には、その見極めが重要となってきます。

専門特化型事務所の動向

ある種の税目に特化した案件を扱う専門特化型事務所は、案件が増加傾向にあります。特に、2015年の相続税法改正を受けて、相続税や資産税などに特化した事務所は増えています。また、超高齢社会を迎え、福祉関係もニーズの高まりを見せています。ほかにもIT分野など、専門的な知識が求められる業種に特化した会計士事務所が、成長の可能性が最も高いといわれています。

会計事務所・税理士法人への転職をご検討の方に
ぴったりのキャリアプランをご提案します

会計事務所・税理士法人の求人ニーズ

新しいニーズに対応するための人材育成や確保が業界共通の課題であるため、採用意欲は高いと言える。

これまでは即戦力層を求める傾向が非常に高く、採用ハードルはそれ相応に高かったと思うが、近年では選考ハードルが緩和され、コンサル未経験者であっても20代であれば転職することが可能な状況下である。

その場合には、英語力や学歴、何かしらの業種に精通しているなどの条件クリアが必須となる。30代の転職となると必然的に経験者の転職となり、これまでであれば同業種のコンサル経験を求められてきたが、今日では異業種のコンサル経験を持っていることで転職が有利に働くケースも散見される。

理由としては、クライアントからの様々なニーズに対応するためには、多種多様な経験者が多く在籍しているほうが、仕事を受注し易くなることに他ならない。

【年代別】求められるスキル、
経験・活かせるスキル、経験
【年代別】会計事務所・税理士法人の
キャリアパス・ポジション
20代 公認会計士試験合格者 アナリスト~コンサルタント
30代 コンサルまたは事業会社で企画系経験のある会計士 コンサルタント~マネージャー
40代 公コンサルティングファーム出身の会計士 マネージャー~パートナー
会計事務所・税理士法人への転職をご検討の方に
ぴったりのキャリアプランをご提案します

会計事務所・税理士法人の転職のポイント

Step.1 転職の目的を明確に

初めての転職には悩みや不安がつきもの。転職をしたいとしても、会社で嫌なことがあるから辞めたい…といった後ろ向きな気持ちや、他の職種ならなんでもいいから、今の職種から変わりたいという発想だけで転職を進めてしまうと、後から後悔することになるかもしれません。

転職先となる業種を探す際は、転職の目的を明瞭化し、自分が本当にやりたいことと自分が持つ強みを見つめ直すことが必要です。これまでの実務経験を活かすことができそうな企業を選ぶことも重要です。

転職に対する気持ちや疑問をまとめるときに、紙に書き出すと頭がクリアになります。現状と今後の展望を見つめ直した結果、転職によって得らえるものが見付からないことや、今急いで転職しなくてもよいという場合もありますので、慎重に転職を考えましょう。

Step.2 企業の情報を収集&分析しよう

転職への決意が固まったら、転職先となる業界の情報を収集します。特に、今の仕事と似た業務に携わるのではなく、実務未経験の新たな業界・職種への挑戦となる場合は、せっかくの転職が失敗に終わらないためにも入念なチェックが必要です。

「仕事ぶりが華やかそう」「楽そう」といったようなイメージや憧れだけで業界を判断せず、給与や労働時間について自分が求めている待遇に相応しいか、認識と相違が無いかなどを、インターネットを利用して口コミや評判を検索しましょう。

実際にその仕事へ就業経験がある方や、今就いている友人や知人に聞き込みを行い、活きた情報を手に入れるのもよいでしょう。一般的に知られていない詳細な情報を手に入れられる可能性もあり、有益です。

Step.3 転職エージェントを利用して入念な対策を

転職サイトに登録したり、求人情報誌を参考にしたりして転職活動を行うなかで、「積極的に企業に応募しているのに、面接官の反応に手応えが感じられず、面接を突破できない…」という悩みを抱える方もいるのではないでしょうか。
こうした際の一因として、自己分析への客観性を欠いていることが考えられます。行き詰ったときには、自分の強みは何か、どのようなシーンで貢献できるのかなど、改めて自己分析を深めてみることも大切です。

また、既に手に職がある方が新たなキャリアアップとして転職する場合は、これまでのキャリアを活かせる様に、より具体的な将来設計が必要です。現在法人財務業界は、業務の幅を監査や会計以外にも拡大する傾向にあるため、大手企業の経理責任者や経営コンサルタントとして活躍が期待できます。

自分の自己分析や、「今後転職が成功するのか?」といった部分について不安を感じている場合は、転職エージェントへ相談する方法もあります。

マイナビ転職エージェントなら、キャリアプランに沿った転職先のご提案と、面接対策にも役立つキャリアアドバイザーとの個別面談機会も設けております。ぜひ、皆様の転職活動へお役立てください。。

会計事務所・税理士法人への転職をご検討の方に
ぴったりのキャリアプランをご提案します

会計事務所・税理士法人への転職成功事例

会計事務所・税理士法人への転職のよくある悩み

会計事務所・税理士法人への転職をご検討の方に
ぴったりのキャリアプランをご提案します

マイナビ会計⼠の3つの強み

  • はじめて転職活動をした方の
    成約実績が全体の70%

    はじめて転職活動される方に対して、転職活動に必要なノウハウを一から丁寧にサポートすることでこれまでご紹介実績を積み上げてきました。
    転職活動を考えていらっしゃるあなたへ、担当キャリアアドバイザーがしっかり寄り添って転職をサポートさせていただきますのでご安心ください。

  • 決定先業種は事業会社が
    全体の40%

    マイナビ会計士はマイナビの強みを活かして、事業会社の求人案件もサイト非公開を含め多数保有しており、コンサルティングファームへの転職をご希望される求職者の方への転職支援を強みとしています。
    求職者様毎にご希望の転職先、求職者の方に合った転職先をご提案致します。

  • 会計士業界専門の
    キャリアアドバイザー多数!

    マイナビ会計士は会計士業界に専門特化した転職エージェントです。
    マイナビ会計士には、会計士業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、専門のキャリアアドバイザーが転職サポートさせていただくことで、他にはないサービス展開が可能となっています。

会計事務所・税理士法人への転職をご検討の方に
ぴったりのキャリアプランをご提案します
あなたが理想の会計士になるまで、
私たちは全力でサポートいたします。

マイナビ会計士では、ご登録後あなたの希望する転職の条件をお伺いし、条件にマッチした企業をご紹介いたします。
また、一般に公開されていない企業の生の情報を知ることができます。他にも、面接対策や、履歴書・職務経歴書の添削、面接の日程調整や内定後の入社サポートなど転職成功へ導くために徹底的にサポートいたします。

無料転職支援サービスに申し込む