3分で完了!無料転職サポートに申し込む はじめての
方はこちら

女性会計士の転職について女性会計士の転職について

about the worries

女性会計士の仕事の悩みを解決します。

お任せくださいお任せください

はじめての転職は何から始めていいのかわからないものですよね。
マイナビ会計士では初めて転職をするあなたと一緒に転職活動をサポートしていきます。

マイナビ会計士で転職活動をする3

マッチング
あなたの希望に
合わせた
企業とマッチ
非公開情報
多数の
非公開情報で
有利に
強みを引き出す
強みを
引き出し
より良い条件で
自分に合う職場をキャリアアドバイザーに相談してみる

女性会計士が
活躍できる
求人を
ご紹介します!

introduce

活躍されている女性会計士の声

voice
voice1
PwCアドバイザリー合同会社秋山様
+ VIEW MORE

lineline01

voice1
東京共同会計事務所高井様
+ VIEW MORE

lineline02

自分に合う職場をキャリアアドバイザーに相談してみる
about the worriesabout the worries

女性会計士の転職は売り手市場!高まる採用ニーズ

女性の公認会計士の場合、どうしても気になるのが
ワーク・ライフ・バランスです。
ポイントとなるのは「出産や子育てと仕事を両立させる
ことができるか」ですが、
その点については業界全体が改善方向に向かっています。
しかも、転職市場における女性会計士のニーズは、
明らかに高まってきているのです。

アイコンアイコン女性会計士が転職を
成功させる6つのポイント

point1
「とにかく多忙」という
イメージから
脱しつつある会計士業界
アイコン

監査法人や会計事務所は繁閑の波が激しく、「とにかく忙しい業界」というイメージが定着しています。ですが、ここ数年は、業界全体で見ると、残業制限などが整備されてきて、かつてのような激務は少なくなってきました。
しかし、クライアントの決算期にはそれなりに多忙になりますから、そうした繁閑の波を抑えたいという理由から転職を考える方もいらっしゃいます。

一方で、残業はあまりしたくはないけれど、やりがいを持ってバリバリ仕事をしたいという女性も一定数います。一般企業の経理であれば、「勤務環境はゆるやかだけど、せっかくの資格が活かせない。それなら、コンサルティングファームへの転職はどうなんだろう…」といった相談が、近年増えています。

監査法人にせよコンサルティングファームにせよ、「とにかく忙しくて離職率も高い」というのは、すでに過去のことになりつつあります。こうした変化は今後も続くでしょう。ですから、業界に対する固定観念をまず捨て去り、その上で自分はどうしたいのか、何がやりたいのかを見極めることが重要です。

point2
女性会計士のニーズは
極めて高い
アイコン

現在、女性会計士の転職市場は、完全に売り手市場です。それにはいくつかの理由があるのですが、一番大きな理由は「女性は長く勤めてくれる」という期待が、企業側にあることです。

会計士に限らず、士業に携わる人の多くは、いずれは独立して自分の事務所を持ちたいと考えるものです。ですが、実際に事務所の主となる人のほとんどは男性です。

その一方で、女性は独立志向が、あまり強くない傾向があります。産休や育休など、安心して働ける社内制度をきちんと整備しておけば、同じ会社に長く勤めたいと考えている女性は多くいます。こうしたことが背景にあり、女性会計士のニーズが高まっているのでしょう。

point3
産休・育休明けの復職は、
会計事務所・監査法人が狙い目!
アイコン

産休・育休の長いブランクのあと、仕事に復帰するのは、働きたい女性にとっては難関です。元の職場に復帰できればそれが一番ですが、すでに退職してしまった方もいるでしょう。また、家族のことを考えて、時短勤務や非常勤を希望される方もいます。

一般の事業会社となると難しいのですが、会計事務所や監査法人、つまり「資格がモノをいう仕事」に限っていえば、求人は数多くあります。ブランクに関係なく、しかも、かなりの高給も期待できます。

30代半ばの女性の例を挙げましょう。彼女は産休・育休を経て、子育てのために非常勤勤務を希望されていました。転職エージェントを介していくつかの候補先と交渉を重ねた結果、5,000円台という高い時給で就職が決まりました。

もう一人は、子育てのために、会計士としてのキャリアをいったんストップさせてしまったのですが、「やはり資格を活かして仕事をしたい」と思い立ち、相談に来られました。すでに10年近いブランクがあったのですが、監査法人にニーズがあり、無事就職が決まりました。

これらはレアなケースではありますが、求人そのものは、かなり存在するのは確かです。ブランクが長い方も、資格を活かすために、会計事務所や監査法人に狙いを定めてみてはいかがでしょうか。

point4
ブランクを乗り越えるためには
努力も必要
アイコン

資格そのものは傷んだり衰えたりするものではありませんから、数年のブランクがあったとしても、その価値が変わるわけではありません。ですが、資格の所持者であるあなた自身の能力や心構えは、産休や育休のあいだに衰えてしまっているかもしれません。

一概にはいえませんが、主婦業に専念していると、その方の生活の多くは、家の中、家族とのあいだだけで完結してしまいます。緊張感とともに他人と接する機会が少なくなりますから、コミュニケーション能力が衰えてしまうかもしれません。身に付けた知識が薄れていくこともあるでしょう。

一方、主婦業を続けながらも「将来的には資格を活かして仕事に復帰したい」という意識を持ち、勉強会や講習会に定期的に参加していれば、そうした能力の低下は少なくて済むでしょう。先にお話しした「時給5,000円台」の例は、知識も経験も申し分なく、コミュニケーション能力も万全というケースの話です。

現在のあなたにどれだけの価値を見込むのかは、求人側企業の判断となるでしょう。
ただし、公認会計士の場合、職位に応じた年収レンジがあります。もちろん、ある程度の幅はありますが、その幅の中で人を評価し、年収なり時給なりを算出することになります。ですから、あまりにかけ離れた年収差は生まれにくいともいえます。

point5
女性会計士の転職活動は
タイミングが重要
アイコン

転職活動においては、ブランクのあるなしにかかわらず、タイミングが重要です。
「現在、会計士として事務所に勤務しているが、先々、ステップアップのために転職したい」という場合は、半年先あるいは1年先を見越しての情報収集が当面の目的となるでしょう。その間に、社内でも情報を集め、自分の希望を社内で叶えることができるかどうか、検討することもできます。

一方、現在子育て中で仕事を離れているという場合には、注意が必要です。すでにお話ししたように、女性会計士の求人ニーズは高く、実に多くの求人が企業から出されています。

そのため、マッチングのスピードも速く、特に時短勤務や非常勤の場合、ほとんどの案件が申込みをいただいてから2週間で決まってしまいます。タイミングが悪いと、「仕事は決まったけれど、子供の保育園が決まっていない」などということにもなりかねません。

ですから、産休・育休明けの求職では、まず家族としっかり相談し、子供をどこに預けるか、万一の場合にはどうするかということをきちんと決めておくことです。それによって、就職先への要望も変わってくるでしょうから、より精度の高いマッチングができます。

まずはあなた自身とご家族の環境を整え、「あと2~3ヵ月で仕事に復帰できるな」という目処が立ったところで求職に動き出すのが好ましいでしょう。

point6
社会は女性の活躍を
後押ししている
アイコン

「女性が活躍できる社会」というスローガンが叫ばれ「女性管理職を増やそう」という流れが強まり始めて数年経ちます。それがどこまで実現しているかはさておき、社会全体が女性の活躍を後押ししようとしていることは間違いありません。会計士の世界も同様です。

「繁忙期は毎日終電」「会社泊もやむなし」など、会計事務所や監査法人の多忙さは今も伝説のように残っていますが、現実的にはかなり改善され、女性でも無理なく働ける環境が整えられてきました。特に大手では、そうした傾向が顕著です。

事務所側としては女性比率を高めることで「激務」というイメージを払拭したいでしょうし、男性に比べて独立志向が弱いことから、長く勤めてくれるという期待もあります。そのため、子育てや親の介護などに関係する問題にも対応するなど、制度を整えている事務所も多くあります。

事務所側からのニーズが高い女性会計士。人それぞれの事情を踏まえた上でのサーチとマッチングが可能ですので、ぜひ転職エージェントにご相談ください。

自分に合う職場をキャリアアドバイザーに相談してみる

アクセスマップ