会計士の平均年収と転職

公認会計士は会計の専門家であり、難関の国家試験を突破しなければならない資格です。そのため、一般的に「公認会計士の年収は高い」といったイメージが持たれています。では、公認会計士として働いている方は、具体的にどれぐらいの年収を得ているのでしょうか?
マイナビ会計士では、公認会計士100人の年収を独自にアンケート調査しました。また、会計事務所・監査法人・コンサルティングファーム・一般事業会社といった業種・職種別の平均年収も、併せてご紹介します。転職を検討する際の参考にしてみてください。

会計士さん100人に聞いた年収は?

マイナビ会計士では、公認会計士100人に月収・賞与・年収について、独自にアンケート調査を実施しました(2016年7年)。これらのデータを分析した結果とともにご紹介していきます。

Q1 現在、あなたの月収はいくらですか?

平均月収52万円

Q2 現在、あなたの賞与はいくらですか?

平均賞与104万円

Q3 現在、あなたの年収はいくらですか?

平均年収742万円

公認会計士の平均月収は52万円であり、平均年収は全世代で742万円という調査結果となりました。厚生労働省が発表した2017年「賃金構造基本統計調査」と比べると、一般労働者の平均賃金が月収30万4,000円なので、公認会計士の年収は250万~350万円ほど高いことがわかります。

アクセスマップ