公認会計士の転職・求人 トップ > 公認会計士試験の概要 > 試験科目一覧

試験科目一覧

試験科目の説明
短答式試験

実施回数:年2回
出題傾向:公認会計士に必要な基礎知識を問う問題が幅広く出題される
解答方式:マークシート
試験科目:財務会計論、管理会計論、監査論、企業法

短答式試験
(第Ⅰ回、第Ⅱ回)
必須科目 財務会計論 管理会計論
監査論 企業法
短答式試験(第Ⅰ回、第Ⅱ回)
必須科目 財務会計論 管理会計論
監査論 企業法
論文式試験

実施回数:年1回。8月の週末に3日間。
出題傾向: 内容の理解度はもちろん、公認会計士として必要な応用能力、論述力等を有しているかを問われる
解答方式:記述式
試験科目:必須科目として、会計学(財務会計論および管理会計論)、監査論、企業法、 租税法。選択科目として、経営学、経済学、民法、統計学から1科目 。傾向としては、経営学を選択する受験生が最も多くなっています。これは、経済学、民法、統計学については、その分野にもともと自信のある受験生が選択する場合が多く、受験生のレベルが高いためと言われています。特に経済学や統計学では数学の知識が必要となるため、事前知識の有無が学習効率を左右します。
公認会計士試験は一般的に非常に難易度の高い試験として知られており、試験をクリアするまでには相応の学習時間が必要となります。

試験科目一覧|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

公認会計士の転職・求人 トップ > 公認会計士試験の概要 > 試験科目一覧
ご提供コンテンツ
▼転職サポート申し込み

∟キャリアのご相談

Copyright © Mynavi Corporation

アクセスマップ