PwCあらた有限責任監査法人

マイナビ会計士がご紹介するPwCあらた有限責任監査法人の
企業情報や働く方々の声などをご紹介します。

企業の特色

■世界に広がるビジネスフィールド

PwCあらた有限責任監査法人は、世界157カ国に208,000人以上のスタッフを擁するPwCのメンバーファームとして、会計および監査においてPwCの手法に準拠した国際的なベストプラクティスを採用します。
そして、PwCグループのグローバルネットワークで培われた経験、専門知識、リソースを最大限に活用し、日本において国内企業および国際企業に対して、国際水準の高品質の監査を提供しています。

PwCあらた有限責任監査法人が考える「グローバル」とは、英語を用いた業務や多国籍企業との仕事だけではありません。
日本の常識にとらわれず、世界のビジネス感覚を身につけること―それが、PwC あらたの「グローバル」です。

■監査+αの価値

企業が発信する情報は、ソーシャルメディアを介して瞬時に世界中に広まるようになりました。
誰もが情報を発信できる環境において、信頼性を確認する手段は限られています。

そのため、企業の社会的責任のひとつであるアカウンタビリティ(説明責任)の遂行には、幅広い知識や経験を持つプロフェッショナルによる品質の高い監査が不可欠です。
PwCあらた有限責任監査法人は、会計のみならず企業のアカウンタビリティすべてを業務範囲と考えております。

■自立的キャリア形成

会計士の業界では、先輩のもとでの長い下積み時代を経て、やっと一人前と認められる徒弟制度が一般的でした。

しかし、2006年設立のPwCあらた有限責任監査法人では、平均年齢30代前半と意欲溢れる若いメンバーが集まり、従来の慣習とは一切無縁の自由で新しい風土を創り出しています。
年齢や職階に関係なく意見を尊重される“Speak up” のカルチャーも定着しており、個人の意思を優先したキャリアアップや部門移動も可能です。

社風・職場環境

■組織活性化を目的とした移籍・異動制度(OEP)

自らの意志で移籍・異動を申し出ることができる制度があり、PwCあらた有限責任監査法人内での異動はもちろん、PwCアドバイザリー合同会社、PwC税理士法人間の相互異動、さらに世界各国のPwCへ等、世界中のグローバル拠点への移籍が可能です。

■女性も長期就業できる制度/環境

育児休職や子育て支援等の各種サポートサービスが充実している為、家庭と仕事のワークライフバランスを保ちながら長期的に就業することが可能です。社員の4分の1は女性社員であり、3歳のお子様を育てながら時短就業をされている女性マネージャーの事例や、制度を利用して長期的に活躍する女性社員が多くいます。

会社概要

PwCあらた有限責任監査法人は、卓越したプロフェッショナルサービスとしての監査を提供することをミッションとし、世界最大級の会計事務所であるPwCの手法と実務を、わが国の市場環境に適した形で提供しています。
さらに、IFRS(国際財務報告基準)の導入、財務報告に係る内部 統制、また株式公開に関する助言など、幅広い分野でクライアントを支援しています。

会社名 PwCあらた有限責任監査法人(英文名称:PricewaterhouseCoopers Aarata)
設立 2006年6月1日
資本金 10億円(2016年4月1日現在)
本社住所 東京都中央区銀座8-21-1 住友不動産汐留浜離宮ビル
代表者 木村 浩一郎
従業員構成 パートナー113名/公認会計士767名/会計士補・全科目合格者419名
USCPA・その他専門職員585名/事務職員335名
(2015年6月30日現在)

個別転職相談会で相談する

PwCあらた有限責任監査法人の求人情報を見る

詳しい企業情報を聞く
公認会計士の転職・求人 トップ > ご紹介企業特集 > PwCあらた有限責任監査法人

ご紹介企業特集ページ|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

会計士の転職・求人・募集|マイナビ会計士

TEL:03-3538-6211 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

アクセスマップ

今すぐ転職サポート申し込み