マイナビ会計士

40代の会計士が転職で成功するためのポイントとは?

更新日:
公開日:
40代の会計士が転職で成功するためのポイントとは?

会計士に限らず、一般的に転職をする際に不利な材料といわれるのが、年齢の高さです。いわゆる「転職35歳限界説」がありますが、その一方で、必ずしも年齢だけで不採用にすることはないという声も聞かれます。
特に会計士資格は、大学を卒業して一度社会に出てから取得する人も多く、しっかりとした実績があり、優秀なスキルや人柄を持ち合わせていれば、評価されることもあります。そこで、40代の会計士が転職で成功するためのポイントについてご紹介します。

40代での公認会計士の転職は可能?35歳が転職限界といわれる2つの理由

一般的に、35歳を超えてからの転職はきびしいといわれているのには、2つの理由があります。
そのうちの1つは、ポテンシャル採用が難しくなるということ。もう1つは、本人が転職をあきらめてしまうということです。それぞれ詳しく見てみましょう。

理由1 ポテンシャル採用が難しくなるため

企業の採用には、その人の能力やこれからの伸びしろに期待して採用する「ポテンシャル採用」と、即戦力となる人材を採用する「経験者採用」があります。
ポテンシャル採用の場合、これまでの実績より今後の飛躍に期待する部分が大きいため、どうしても20〜30代前半の若手中心の採用になりがちです。そのため、一定の年齢を超えると、ポテンシャル採用枠での採用が難しくなり、求人数そのものが減る傾向があります。

理由2 自分自身で転職をあきらめてしまう人が多い

40代の経験者採用での転職の場合、これまでの実務経験や実績だけではなく、マネジメント能力を求められる場合が増えます。
プレイヤーとしてどれだけ実績を残してきても、マネジメント能力はそれとはまったく異なります。そこで、求人サイトの条件欄などを見て、自分には申し込むだけの実績がないと、初めからあきらめてしまう人も増えてくるわけです。

40代の転職ではそれまでの実務経験が問われる!

20〜30代での転職と40代での転職の大きな違いは、それまでの自分の仕事ぶりがシビアに問われる点にあります。自分の専門分野を確立し、しっかりとスキルや実績を身に付け、さらにマネジメント経験も積んでいれば、年齢にかかわりなく優秀な人材を欲しがる企業は数多くあります。ですから、決して年齢を理由に転職をあきらめる必要はありません。
しかし、年齢にふさわしい経験やスキルを身に付けてこなかった人にとっては、ポテンシャルに賭けて採用してくれる企業が少なくなる分、20〜30代と比較すると、40代での転職はきびしくなります。

40代の公認会計士にはどのような転職先がある?

一般的に会計士の最初の就職先は監査法人である場合が多く、売り手市場です。40代で転職する方の多くは、監査法人で働きながら、たくさんの法人の監査や経営・財務のコンサルティング経験を積んでいることでしょう。
それまで培った豊富な経験やスキルがあると考えられることから、40代の会計士は選べる転職先が多いのも事実です。具体的に40代の会計士には、次のような転職先があります。


・一般事業会社の管理部門(経営企画・経理・財務、IR)
・金融機関の専門職
・コンサルティングファーム
・税理士事務所
・監査法人
・公認会計士事務所
・ベンチャー企業(経営企画・経理・財務、CFO)

40代での転職で年収アップは期待できる?

転職後の年収は、前職の年収はもちろん、転職する業界や企業規模・ポジションなどに左右されます。そのため、一概に転職後の年収だけを見て、転職に成功したかどうかを判断することはできません。
しかし、一般的には、転職により年収が大きく変化することはあまり多くないとされています。ただし、法人の顧問や相談役といったポジションに転職できれば、年収の大幅アップも期待できます。 ここでは、実際に40代で転職した人の、年収の実例をご紹介します。

一般事業会社から監査法人 650万円→730万円
一般事業会社から金融機関(証券会社) 1,000万円→1,000万円
一般事業会社から金融機関(大手銀行) 850万円→900万円
大手監査法人から一般事業会社 1,000万円→700万円
上場企業からBig4監査法人 1,400万円→1,200万円
会計事務所からベンチャー企業 1,100万円→688万円
大手監査法人から中堅監査法人 900万円→1,000万円

40代の公認会計士が転職に成功するためのポイント

会計士に限らず、一般的に転職を成功させるためには、注意しておきたいポイントがあります。転職を希望する際には、次のような点に注意して転職活動に取り組む必要があります。


・何をするための転職なのかを明確にする
・希望条件の優先順位をはっきりさせる(年収が大切なのか、仕事のやりがいが優先なのか、ワークライフバランスを図りたいのかなど)
・高額な年収といった目先の情報に惑わされない
・自分自身の実績やスキルについて客観的に分析する(経歴や実績では上には上がいるため、自分を過信しない)


会計士が40代での転職を成功させるためにも、このような点に注意して、転職活動に励みましょう。
転職の理由を明確にし、自分のキャリアの棚卸をして、しっかりとプランを練って転職活動を進めることが成功への大きなポイントとなります。

40代の転職には、積極的に転職エージェントの活用を!

40代の転職で、積極的に活用してほしいのが転職エージェントです。転職エージェントを利用するメリットには、次のような点があります。

・幅広い業種からの求人があり、40代向けの転職情報も数多く集まっている
・経験者採用をしている企業など、自分のキャリアや事情に合った職場を探してくれる
・転職活動に必要な準備をサポートしてくれる

求人情報を見ているだけでは、採用企業の本音はなかなか見えてきません。しかし、業界事情に詳しい転職エージェントを活用すれば、数多くの求人情報の中から自分の条件にマッチした企業を紹介してもらえます。
また、応募の際に必要な自分のキャリアの棚卸についても、経験豊富なキャリアアドバイザーが親身になって相談にのってくれ、面接対策などもいっしょに考えてくれます。
特に、最適な求人情報をキャッチすることが難しい40代以上の会計士の転職であれば、転職エージェントを利用する価値は高くなります。

40代の公認会計士は転職できる!

公認会計士の資格は、数多くの国家試験の中でも難関といわれている試験です。その分、資格を持っていれば、一般的な40代と比較しても転職はしやすいといえます。
ただし、40代での転職は、それまでの自分のキャリアが試されることになりますので、その覚悟を持ってチャレンジしてください。

会計士の転職Q&A
会計士の方の疑問や悩み、不安を解消します。
「会計士試験合格者」の転職Q&A 「経理・財務」の転職Q&A 「監査法人」の転職Q&A 「会計事務所・税理士事務所」の転職Q&A 「ワークライフバランス」の転職Q&A
会計士の転職事例
マイナビ会計士の転職成功者の方々の事例をご紹介します。
監査法人 一般事業会社 会計事務所・税理士法人 コンサルティングファーム 会計士が転職で失敗しやすいポイント
会計士の志望動機・面接対策
面接のマナーを押さえ、あなたの強みを引き出す面接対策方法をご紹介します。
会計事務所 税理士法人 コンサルティングファーム 監査法人
はじめての転職
転職への不安を抱えた方々に向けて転職のサポートを行なっています。
会計士の転職時期
転職活動の時期や準備時期、スケジュールなどをお伝えします。
履歴書、職務経歴書の書き方
人事担当者から見て魅力的な職務経歴書を書く方法をご説明します。
女性税理士の転職
女性税理士の転職事情や成功するための秘策をご紹介します。
実務未経験の転職
実務未経験の税理士試験合格者の転職成功ガイドをご紹介します。