公認会計士の公開求人情報

一部の求人のみご覧いただけます。お申し込み後、あなたにぴったりの求人を
ご紹介いたします。

中堅・中小監査法人のメリット。転職で希望を叶えるには?

中堅・中小監査法人のメリット。転職で希望を叶えるには?

中堅監査法人は、「自分に合った働き方ができる」「新たな可能性を拡げられる」といったメリットがあることから、BIG4監査法人でキャリアを積んだ会計士の転職先として高い人気を誇っています。しかし、中堅監査法人は数が多く、それぞれ特色が異なるため、転職で希望を叶えるには「自分の希望にマッチした法人であるか」を見極めることが大切です。

会計士が中堅監査法人に転職する際に重視してほしいポイントや、中堅監査法人に転職するメリット・デメリット、自分の希望にあった中堅監査法人を見つけるための方法をお教えします。

会計士・試験合格者の転職Q&A お悩み&不安を解決!無料登録で個別面談も可能! 会計士・試験合格者の転職Q&A お悩み&不安を解決!無料登録で個別面談も可能!

会計士が中堅・中小監査法人に転職する際に重視するポイント

会計士が中堅・中小監査法人に転職する際に重視するポイント

法人ごとに方針や特色が異なる「中堅・中小監査法人」

公認会計士に合格後、最初のキャリアとして多くの方が選ぶのが「BIG4監査法人」です。しかし、その後のキャリアは多種多様。

BIG4監査法人での経験を活かして別の監査法人に転職したり、FASなどコンサルティングの分野に方向転換したりするなど、それぞれがキャリアや働き方への希望に応じて転職を果たしています。

BIG4監査法人から中堅・中小監査法人に転職する公認会計士も数多くいらっしゃいます。その規模はBIG4監査法人ほど大きくないものの、どの法人も独自の方針を掲げて、特色ある経営を行っています。たとえば、ワークライフバランスを重視して働く環境を改善している法人もあれば、若手会計士の教育に力を入れている法人もあります。

つまり、中堅・中小監査法人はそれぞれ特色が異なり、法人の数も多いので、求職者の希望にマッチした法人が見つかりやすいという特徴があるのです。

中堅・中小監査法人に転職した会計士は、何を重視していたか

では、BIG4監査法人から中堅・中小監査法人に転職した会計士は、転職活動の際にどのような点を重視していたのでしょうか。ここでは、マイナビ会計士にご登録して中堅・中小監査法人への転職を実現した方々の傾向を3つにまとめてご紹介します。

ワークライフバランスを重視

BIG4監査法人でご活躍されてきた会計士が、結婚などを機にワークライフバランスを重視するようになるケースは決して少なくありません。出産や子育て、介護など、今後のライフイベントをイメージし、「身軽な今のうちに転職しよう」と考える会計士もいらっしゃいます。

もちろん、BIG4監査法人もワークライフバランスを重視していますし、福利厚生も充実していますが、「より自分の希望にマッチした法人」を求めて中堅・中小監査法人への転職を果たす方が多いのです。

中堅・中小監査法人はBIG4監査法人のように規模が大きくない分、「個々の意見が反映されやすい」という傾向があります。

特に20~30人規模の監査法人の場合、たとえ制度がなくても、会計士一人ひとりの希望を受け止め臨機応変に対応する傾向があります。そのため、自分に合った働き方をしながら、ワークライフバランスを充実させることが可能です。

スキルアップ・キャリアアップを重視

「幅広い経験を積みたい」「監査経験を積みながら、アドバイザリーにも携わってみたい」など、スキルアップを理由に中堅・中小監査法人へ転職する会計士もいます。また、「1日も早く昇格したい」などキャリア志向が高い方も、その希望を中堅・中小監査法人への転職で叶えています。

BIG4監査法人が教育・研修制度を整備して、体系立てて必要なスキルを学べるのに対して、中堅・中小監査法人は配属先でのOJT教育を重視する傾向があります。

ワークライフバランスと同様に、教育に関しても臨機応変に対応しており、現場の上司が若手の能力や希望に応じて、オーダーメイドの教育を行っています。手厚いフォローが受けられるため、そこに惹かれて転職をする会計士が多くいます。

また、キャリアに関しても、中堅・中小監査法人は柔軟に対応しています。たとえば、監査業務を担当しながらも、スポットでアドバイザリーの案件に参加することも可能です。

他部門のデスクがすぐ隣にあるなど、文字通り「部門ごとの垣根がない」環境の法人も多くあります。日頃から部門同士の交流が活発なこともあり、他部門の案件をアサインしてもらいやすく、望むキャリアを築きやすいという特徴があります。

働く環境や社風を重視

たとえば一緒に働く仲間や上司の人柄、職場の雰囲気など、働く環境や社風を重視する会計士もいます。この考えは「次の転職先では、腰を据えてじっくり働きたい」と考えている方に特に多い傾向にあります。

前述のとおり、中堅・中小監査法人はそれぞれ方針や特色が異なります。そのため、その法人の方針に共感し、特色を理解した上で入社することで、より理想的な働き方を実現することができます。

「アットホームな雰囲気に惹かれて」「代表の人柄が穏やかで、職場の雰囲気も良い」など、「社風の良さ」を理由に中堅・中小監査法人に転職する会計士も数多く存在します。

監査法人の求人
キャリアに悩みを感じている方は
ご相談ください
無料マイナビ会計士に申し込む

中堅・中小監査法人に転職するメリット・デメリット

中堅・中小監査法人に転職するメリット・デメリット

マイナビ会計士が中堅・中小監査法人への転職をお勧めするケース

たとえば、監査法人で経験を積んだ会計士の方から、「FASなど財務・会計系のコンサルティングファームに転職したい」というご相談をいただいた際、詳しくお話をお聞きしていくなかで、「このご相談者様はFASよりも中堅・中小監査法人のほうが向いているかもしれない」と判断することがあります。

中堅・中小監査法人なら、監査経験を活かしつつ、希望するアドバイザリーに携わることも可能だからです。まずは中堅・中小監査法人に転職し、そこでの経験を経てからFASに転職をお勧めすることもあります。

また、BIG4監査法人で経験を積んできたものの、人間関係に悩み、「自分には監査法人が合っていないのかもしれない」と言う理由から事業会社を希望されるケースもあります。

「ワークライフバランスを充実させたい」「働く環境を重視したい」という理由で事業会社への転職を考える方も多く、このような方々にも中堅・中小監査法人をお勧めすることがあります。

もちろん、事業会社で活躍するキャリアも一つの選択肢です。しかし、せっかく公認会計士試験に合格して、監査経験を積んできたのですから、その資格と経験を活かさないのはあまりにももったいないように思うのです。

実際、中堅・中小監査法人なら、ご相談者様のお悩みが解消し、かつ過去の経験を活かせる転職先を見つけやすい傾向にあります。

中堅・中小監査法人に転職するデメリットとは?

このように、多くの方にとって中堅・中小監査法人に転職するメリットがあるのですが、一方では、デメリットがあることも忘れてはなりません。

「大手上場企業を担当したい」「名の知れている法人に転職したい」などといった希望を持っている方にとって、中堅・中小監査法人への転職はデメリットになるかもしれません。

また、「BIG4監査法人から中堅・中小監査法人に転職すると、年収・給与が下がる」と思っている方もいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。「待遇面にデメリットがあるのでは」と心配して中堅・中小監査法人への転職をためらっている方には、「BIG4監査法人とほぼ同等の年収が期待できること」をお伝えしています。

監査法人の求人
あなたに合った転職先をご紹介します
無料マイナビ会計士に申し込む

中堅・中小監査法人へ転職するのなら、ここに注目

中堅・中小監査法人へ転職するのなら、ここに注目

数ある法人の中から、自分に合った転職先を見つけるために

では、中堅・中小監査法人への転職を検討している方は、どのような点に注目すべきでしょうか。

基本的な考えは、BIG4監査法人への転職も中堅・中小監査法人への転職も変わりありません。まずは「なぜ転職したいのか」という転職理由を踏まえて、転職に対する希望や考えを固めることが何よりも大切です。

スキルアップやキャリアアップを実現したいのか。それともワークライフバランスや働く環境の良い法人で働きたいのか。転職に対する考えが固まったら、その希望に合う法人を見つけましょう。

転職理由が曖昧な方は、これまでのキャリアを振り返りながら、じっくりと転職に対する考えを固めていくことをお勧めします。

中堅・中小監査法人が求めている人材は?

BIG4監査法人から中堅・中小監査法人に転職する会計士が多いことからもわかるように、中堅・中小監査法人の多くが「BIG4監査法人で監査経験がある若手会計士」を歓迎しています。

もちろん、それ以外のキャリアを積んできた方が採用された実績も数多くあります。

たとえば、経理の経験がなく、40歳で会計士試験に合格した方など。多種多様な人材を受け入れるのは、中堅・中小監査法人の大きな特徴です。これは、これまで何度も申し上げてきたように、法人ごとに方針や特色が違うから。採用や人材に対する考えも異なるため、だからこそ「求職者の希望にマッチした法人が見つかりやすい」のです。

監査法人の求人
ご紹介企業の特徴や採用ポイントを
お伝えします
無料マイナビ会計士に申し込む

マイナビ会計士を活用して、理想の転職先を見つけよう

マイナビ会計士を活用して、理想の転職先を見つけよう

ご登録者と真摯に向き合い、望む転職が実現するまでサポート

前向きな転職を実現したい方にとって、中堅・中小監査法人は最適な転職先と言えるでしょう。求人数も年々、増加しており、採用市場は求職者にとって追い風が吹いています。

ただし、一つだけ気をつけていただきたいのは、「法人ごとに多種多様な方針や価値観を持っているため、自分にマッチした転職先を見つけるのに時間がかかる」ということです。特に求人情報を見ただけでは、法人の特色を理解するのは難しいかもしれません。

マイナビ会計士では数多くの中堅・中小監査法人にご紹介実績があります。法人ごとの特色を十分に理解した上で、その方に最適な転職先をご紹介しており、ご登録者様が心から納得する転職先を得られるまで、親身になってご相談に応じています。

ぜひマイナビ会計士をご活用いたたき、ぜひ望むキャリアや働き方を実現していただければと願っています。

監査法人の求人
まずはキャリアアドバイザーにご相談ください
無料マイナビ会計士に申し込む
マイナビ会計士編集部

マイナビ会計士編集部

マイナビ会計士は、公認会計士・試験合格者・USCPAの方の転職サポートを行なう転職エージェント。業界専門のキャリアアドバイザーが最適なキャリアプランをご提案いたします。Webサイト・SNSでは、公認会計士・公認会計士試験合格者・USCPAの転職に役立つ記情報を発信しています。

会計士・試験合格者の転職Q&A お悩み&不安を解決!無料登録で個別面談も可能! 会計士・試験合格者の転職Q&A お悩み&不安を解決!無料登録で個別面談も可能!

年収UPを叶えた転職成功事例

年収条件の求人情報

マイナビ会計士を利用して
転職された方の

  • 転職された方の声
    進路について適切なアドバイスをしてもらえました!
    自分の進路について明確な答えが出せていなかったものの、どの業種に進んだら良いかなど適切にアドバイスをしてもらえました。どういったキャリアを積んでいけばより市場価値を高められるのか、候補の会社がどう違うのかを具体的に説明していただけました。(30代/会計士)
  • 転職された方の声
    求人の提案力と面接のフィードバックが良かった!
    タイムリーな求人の紹介とフィードバックの提供が良かったです。面接前の情報提供では、自分のアピールしたい強みが、面接先企業のどこに符号しており、今後の展開をどう捉えているかの思考の整理をする際に役立ち、安心して面接を迎えることが出来ました。(30代/会計士)

マイナビ会計士とは?

マイナビ会計士は会計士として働く「あなたの可能性」を広げるサポートをいたします。

マイナビ会計士は、可能性を広げるサポートをいたします

特集コンテンツ

カテゴリから記事を探す

会計士業界専門転職エージェント

担当アドバイザーが
相談~内定後までご支援いたします。

マイナビ会計士公式アカウント

人気コンテンツ

特集コンテンツ

カテゴリから記事を探す

会計士業界専門転職エージェント

担当アドバイザーが
相談~内定後までご支援いたします。

あなたが理想の会計士になるまで、
私たちは全力でサポートいたします。

マイナビ会計士では、ご登録後あなたの希望する転職の条件をお伺いし、
条件にマッチした企業をご紹介いたします。また、一般に公開されていない企業の生の情報を知ることができます。
他にも、面接対策や、履歴書・職務経歴書の添削、面接の日程調整や内定後の入社サポートなど転職成功へ導くために徹底的にサポートいたします。

簡単3分で完了

無料転職サポートに申し込む