公認会計士の公開求人情報

一部の求人のみご覧いただけます。お申し込み後、あなたにぴったりの求人を
ご紹介いたします。

税務へのキャリアチェンジはアリ?会計士が活躍している税理士法人の求人特集

税務へのキャリアチェンジはアリ?会計士が活躍している税理士法人の求人特集

会計士試験に合格し、会計士として一定の経験を積んできた方の中には、「そろそろ転職したいな」と考えている方も多いのではないでしょうか。会計系コンサルティングファームや事業会社など、さまざまな転職先がありますが、実は税理士法人へ転職する会計士も一定数存在します。そもそも、会計士が税理士法人に転職するのはアリなのでしょうか。また、転職するメリットはどこにあるのでしょうか。税理士法人への転職について詳しくご紹介します。

※記事内ではマイナビ会計士の求人もご紹介しております。

未経験分野への転職 転職する際に注意すべき点をチェック! 未経験分野への転職 転職する際に注意すべき点をチェック!
税理士法人への転職もご相談ください
無料マイナビ会計士に申し込む

会計士が税理士法人に転職するのはアリなの?ナシなの?

会計士が税理士法人に転職するのはアリなの?ナシなの?

会計士の転職先として税理士法人をお勧めしたい2つのポイント

公認会計士の活躍の場は、監査法人を中心に会計系コンサルティングファームから事業会社の経理部門まで多種多様にあります。なかでも税理士法人は近年、注目を浴びている転職先の一つ。「会計士でも転職できるの?」と疑問に思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は会計士のキャリアを活かせる業務が多く、非常に親和性の高い転職先なのです。

もちろん、監査法人の主要業務である「監査」と、税理士法人の主要業務である「税務」は大きく異なります。しかし、クライアントから税務申告以外の相談業務を依頼されている税理士法人は決して少なくなく、これらの相談業務は監査経験のある会計士の知見を大いに活かすことができます

また、会計の専門的スキルを備えている会計士なら税務を理解するのが早く、「短期間で税務を習得できる」と企業から期待されている背景もあります。

これらの理由から、会計士の転職先として税理士法人の注目度が高まっているのです。

なお、税理士法人や会計事務所の中には、監査法人で経験を積んだ会計士が独立して開業しているところもあります。このような事務所は、会計士のスキルや思いを十分に理解したうえで採用している点も、転職のメリットと言えるでしょう。

税理士法人の求人を検索する

税務へキャリアチェンジする会計士の傾向と理由

税務へキャリアチェンジする会計士の傾向と理由

将来的に独立を目指している会計士

では、税理士法人に転職する会計士には、どのような傾向があるのでしょうか。

最も多いのは、独立志向の高い会計士です。これは会計士に限らず、士業に就いている方全般に言える傾向ですが、独立・開業を目指して監査法人や税理士法人などで経験を積む会計士が少なからず存在します。

当然のことですが、独立志向の高い会計士は、「独立後」をイメージして必要な知識や経験を積んでいきます。そのため、「監査以外のスキルを身に着けたい」という理由から税理士法人への転職を検討し、転職先で税務のスキルを習得しているのです。

クライアント志向の高い会計士

監査法人で監査業務に携わるうちに、「クライアントのために」という思いが高まり、税理士法人に転職する会計士もいます。

監査は「法の番人」と呼ばれることからもわかるように、法律にのっとり、第三者として公正な立場を貫く姿勢が大前提です。クライアントと距離感をもって接するせいか、「もっと企業に寄り添って、クライアントのために会計の専門スキルを活かしたい」という思いを抱く会計士は決して少なくありません。そして、この思いを叶えるために、「税務や会計のアドバイザリーに携わりたい」という理由から、税理士法人に転職する会計士もいます。

幅広いスキルの習得を目指す会計士

もう一つ、税理士法人に転職する会計士の傾向として「スキルの習得」があります。税理士法人なら、税務申告から相談業務までさまざまな経験を積むことができるので、「スキルの幅を広げたい」という方にも向いた転職先だからです。

会計士としての今後のキャリアを思い描き、「スキルの幅を広げよう」と決意した会計士にとって、税理士法人は絶好の転職先となるのです。

監査法人からの転職が圧倒的に多い

税理士法人に転職する会計士のバックグラウンドとしては、事業会社から税理士法人に転職するケースはほとんどなく、「監査法人からの転職」が圧倒的に多いです。年代は20代から40代までと幅広い傾向にありますが、だからと言って安心するのは禁物です。特に税務未経験の方が税理士法人に転職するのであれば、年代が若いほうが有利になります。税理士法人への転職を考えているのなら、早めの行動をお勧めします。

税理士法人の求人を検索する
税理士法人への転職を検討中なら
無料マイナビ会計士に申し込む

税理士法人が会計士を求める理由と求人の特徴

税理士法人が会計士を求める理由と求人の特徴

相談内容の複雑化により、会計士のニーズがさらに高まる

税理士法人は税務申告を請け負う一方、経営者からさまざまな相談に応じるケースが多く、会計士の転職先として注目度が高いことは冒頭でご説明した通り。特にクライアントからの相談内容は年々、複雑化する傾向にあり、会計の専門性を備えた会計士のニーズがますます高まっています

実際、管理会計に関する相談やM&Aを検討している企業からの相談を受けている税理士法人もあり、このような案件を多く依頼されている税理士法人は積極的に会計士を採用しています。

求人内容の傾向とチェックポイント

では、税理士法人が会計士を募集する際、どのような求人を出しているのでしょうか。

ここで注意したいのは、会計士に対するニーズは高まる傾向にあるものの、「法人ごとに求人の内容は異なる」ということです。たとえば、大手税理士法人と中堅・中小規模の税理士法人など規模による違いもあれば、経営者の考えや方針による違いもあります。

そのため、税理士法人への転職を考えているのであれば、さまざまな税理士法人の求人情報を比較・検討し、「望む業務に就けるか」「望むキャリアが実現するか」を判断することが大切です。

アドバイザリー業務に就きたい場合
税務でなく、アドバイザリー業務に携わりたいのであれば、求人を出している法人がどの程度、アドバイザリー業務を請け負っているか、必ず確認しておきましょう。一般的に、会計士が代表を務める会計事務所は、相談業務を多く請け負っている傾向にあります。

なお、多くの税理士法人が「税務からスタート」という考えを持っているため、税務のスキルを磨きながらスポットでアドバイザリー業務に携わり、スキルを磨いていくことになります。ただし、大手会計事務所であれば税務部門とアドバイザリー部門を分けているため、その限りではありません。アドバイザリー部門に配属されれば、転職当初からアドバイザリー業務に携わることができます。

将来、独立したい場合
独立志向の高い方は、大手税理士法人よりも、小規模な税理士法人の求人をチェックすることをお勧めします。転職先の税理士法人で税務申告の業務を習得できるだけでなく、独立後のイメージも抱きやすいからです。

税務経験の有無や会計士の在籍数もチェック

次に、転職先の税理士法人でどのようなキャリアを積んでいくにしても、必ず確認したいポイントをご紹介します。

税務経験の有無
税務未経験で転職するのであれば、必ず確認しておきたいポイントです。マイナビ会計士では、求人情報に「税務未経験可」を表記していますので、ぜひチェックしてみましょう。

会計士の在籍数
求人を出している税理士法人に、会計士がどの程度、在籍しているのか。在籍数を調べることで、その法人の会計士に対するニーズの高さを推し量ることができます。

会計士が多く在籍している法人なら、その分、「会計士の活躍の場がたくさんある」ということにもなります。マイナビ会計士では、会計士の在籍数も明記していますので、こちらも必ず確認しておきましょう。

なお、マイナビ会計士がご紹介している税理士法人の中から、会計士を積極的に採用している法人を以下に記します。ぜひ、転職活動のご参考にしてください。

マイナビ会計士でご紹介している求人

マイナビ会計士でご紹介している、会計士が活躍している税理士法人の一例です。このほかの求人が知りたい場合はぜひご相談ください。

税理士法人の求人を検索する
積極的採用の企業は他にもございます
無料マイナビ会計士に申し込む

税理士法人に転職後の業務内容と特徴

税理士法人に転職後の業務内容と特徴

税理士法人だからこそ、携わることができる業務とは?

税理士法人の基本的な業務内容は税務申告であり、それに付随してアドバイザリー業務も請け負っている法人もあることは、これまでご紹介した通り。アドバイザリー業務の割合は法人ごとに差はありますが、「いずれにしても、税務に関わる機会が出てくる可能性がある」と考えておいて間違いないでしょう。

これは、会計士が税理士法人のアドバイザリー業務を選ぶ理由の一つにもなっています。アドバイザリーと税務の双方のスキルを磨くことで、キャリアの幅を広げることができるからです。

税理士法人で必要となるスキル

「税務未経験可」とする求人はあるものの、やはり税法の知識があった方が、書類通過率が高くなります。特に税務に携わりたい方は、税理士科目の勉強をしておくとよいでしょう。会計士の資格に加えて税理士試験に1~2科目合格している方なら、さらに採用の確立が高まることでしょう。

その後のキャリアプラン

その後のキャリアプラン

税理士法人に転職後のキャリアプラン

最後に、税理士法人に転職した後のキャリアプランについてご紹介します。

一つは、アドバイザリーの経験を活かして、FAS会計系のコンサルティングファームに転職すること。もう一つは、税理士法人で経験を積んだ後、独立・開業する道です。

最近は、腰を据えて税理士法人に長く勤務する会計士も増えています。監査法人で言うところのパートナー職のような制度があり、独立と同じような形で収入を得ることができます。さまざまな法人がこの制度を導入しているので、独立志向の高い方は制度利用を踏まえて転職をするのも良い方法だと思います。

税理士法人に転職して、キャリアアップを実現しよう

一昔前は、「独立志向の会計士が転職する」というイメージが強かったのですが、最近はこのようなイメージも薄れ、さまざまな理由から会計士の方々が税理士法人への転職を果たしています。

実際、マイナビ会計士を利用して税理士法人に転職した会計士の方々は、いずれも幅広い業務経験を積みながら望むキャリアを叶えていらっしゃいます。クライアントとの距離も近くなるので、「会計の専門性を活かして、クライアントに貢献している」という強い実感も得ていらっしゃるようです。「やりがいの大きさ」という視点からも、次のキャリアステップとして税理士法人への転職を強くお勧めいたします。

税理士法人の求人を検索する
今後のキャリアもあわせてご相談ください
無料マイナビ会計士に申し込む
未経験分野への転職 転職する際に注意すべき点をチェック! 未経験分野への転職 転職する際に注意すべき点をチェック!

年収UPを叶えた転職成功事例

年収条件の求人情報

転職情報

新着記事

人気コンテンツ

カテゴリから記事を探す

会計士業界専門転職エージェント

担当アドバイザーが
相談~内定後までご支援いたします。

人気条件から求人を探す

  • 公認会計士の年収
  • 監査法人の平均年収
  • はじめての転職に悩んでいる方へ
  • 土曜日相談会

マイナビ会計士公式アカウント

会計士業界専門転職エージェント

担当アドバイザーが
相談~内定後までご支援いたします。