公認会計士の公開求人情報

一部の求人のみご覧いただけます。お申し込み後、あなたにぴったりの求人を
ご紹介いたします。

監査法人はどんなところ?向いている人とは?

監査法人はどんなところ?向いている人とは?

公認会計士試験に合格した後、その約8割の方が大手監査法人に就職すると言われています。しかし、医者や弁護士に比べて公認会計士を題材にしたテレビドラマ等はほとんどなく、監査法人についてはなかなかイメージしにくいかもしれません。
そこで、監査法人がどのような組織なのか、どんな人が監査法人での勤務に向いているかを詳しくご説明しましょう。

転職にまつわる様々なサポートをご提供
無料マイナビ会計士に申し込む

監査法人ってどんな組織?

監査法人とは“会計監査”を行う法人で、監査証明業務の他に非監査業務やコンサルティング業務なども担います。日本には中小規模を含めると100以上の監査法人がありますが、代表的な「4大監査法人(BIG4)」で上場企業における監査業務の8割程度のシェアを有しているとされています。

4大監査法人(BIG4)とは

世界的に活動している大きな会計事務所(Big4)と提携している日本監査法人を、4大監査法人(BIG4)と呼びます。4大監査法人は東証1部の上場企業と同程度の規模があり、大きなクライアントが多く、研修制度や福利厚生が充実している点が共通のメリットです。それぞれ、法人ごとの特徴を以下にまとめました。

監査法人 Big4の提携先 社風やイメージ
有限責任あずさ監査法人 KPMG 女性に人気でおしゃれな印象
EY新日本有限責任監査法人 アーンスト・アンド・ヤング(EY) クライアントは老舗の日本企業が多い。安定志向で優等生タイプの方向き。
有限責任監査法人トーマツ デロイトトウシュトーマツ コンサルティングなどの被監査業務にも強い。ノリがよく体育会系。
PwCあらた監査法人 プライスウォーターハウスクーパース(PwC) 国際色が強い

監査法人の組織

監査法人での職階は以下の通りです。

・スタッフ(1~4年目)
・シニアスタッフ(5~8年目)
・マネージャー(9~11年目)
・シニアマネージャー(12~14年目)
・パートナー(15年目以降)

監査法人での最終キャリアはパートナーを目指すことになりますが、マネージャー以上は管理職となり、全員が昇格できるわけではありません。そのため、スタッフやシニアスタッフのうちに大手監査法人を退職して、中小監査法人やコンサル会社などに転職する方も多いでしょう。

監査法人の働き方

監査法人では、監査チームやクライアント単位といったプロジェクト単位で仕事することが多くなります。プロジェクトごとに一緒に仕事するメンバーや環境が変わるのも、監査法人勤務の特徴と言えるでしょう。

監査法人勤務が向いている人

中には公認会計士には向いていても、監査法人勤務には向いていないという人がいます。では、どのような人が監査法人勤務に向いているのか。その特徴をご紹介しましょう。

人と話すのが好きな人

監査チーム内やクライアントの経理担当だけでなく、役員や社長、他部署の方など、さまざまな方からヒヤリングする機会があります。そのため、人とのコミュニケーションが得意だと仕事がしやすいでしょう。

柔軟に仕事ができる人

監査法人ではプロジェクト単位で仕事するため、プロジェクトごとで柔軟な対応が求められます

女性

大手監査法人では在宅勤務や時短勤務、非常勤勤務など多様な働き方ができ、福利厚生などもしっかりしています。そのため、結婚や出産などでライフステージの変化が多い女性でも、比較的働きやすい環境でしょう。

監査法人勤務で大変なこと

次に、監査法人勤務で大変に感じられがちなことを3つご紹介します。

株式投資ができない

監査の過程では、一般の従業員も見ることができないような、会社の内部情報を入手することがあります。そのため、インサイダー取引の防止を目的に、株式投資には制限が設けられています。監査法人ごとにルールの違いはありますが、マネージャー以上の職階になると、日本国内の株式について売買を一切禁止されてしまうこともあるでしょう。

繁忙期はとっても忙しい

日本は3月決算会社が多いので、4月~5月にかけてかなりの繁忙期になります。繁忙期中は毎日終電、土日も仕事で、GWも基本は仕事になるでしょう。ただし、その分だけ夏休みや冬休みは一般の会社員よりも長めに取れるはずです。

書類作成などの地味が仕事も多い

監査業務では、監査調書や審査書類と呼ばれる作成書類がたくさんあります。クライアントや監査チーム内での調整業務など、地味な作業も多くなるでしょう。しかし、クライアントによっては国内外の出張が多くあり、大企業の社長や役員の方と話す機会も少なくありません。そのように貴重な経験ができる点は、逆にメリットと感じる方が多いでしょう。

監査法人以外で公認会計士が活躍できる場所

監査法人などで2年以上の監査実務経験を積み、実務補習所の修了考査にも無事に合格すると、公認会計士として登録することができます。実は、このタイミングで監査法人に残るか、それとも転職するか悩む方が少なくありません。そこで、監査法人勤務以外で会計士が活躍できるフィールドも少しご紹介します。

独立開業

公認会計士になると「税理士」や「行政書士」としても登録できるため、独立して会計事務所を開業することが可能です。監査の仕事は一人ではなかなか難しいので、独立後は税務やコンサルの仕事をされる方が多いでしょう。また、独立した会計士同士でチームを組み、中小規模のクライアントの監査業務を行う方もいます。

一般企業の役員

監査法人退職後に上場企業の取締役や監査役、社外役員に就任する方も少なくありません。役員と聞くと年配の方をイメージするかもしれませんが、最近はベンチャー企業なども増えており、30~40代の役員も多く公認会計士の需要も増えています

組織内会計士

現在はIFRS(国際会計基準)や収益認識基準など、会計基準が複雑化しています。また、四半期レビューや内部統制監査など企業の監査対応も大変なため、これに向けて企業内で働く会計士も増えているようです。

まとめ

監査法人は、公認会計士が集まっている組織です。多少独特な文化もあるため、一般企業などでの勤務経験がある方は、最初のうち戸惑うことがあるかもしれません。ただし監査法人は、公認会計士試験に合格後ほとんどの方が一度は経験する場所と言えるでしょう。まずは監査法人で経験を積み、必要な知識と経験を獲得した後に、別のフィールドで活躍を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

転職にまつわる様々なサポートをご提供
無料マイナビ会計士に申し込む
内山 智絵

内山 智絵

公認会計士・税理士・ファイナンシャルプランナー

大学在学中に公認会計士試験に合格。大手監査法人の地方事務所で上場企業の法定監査などに10年ほど従事した後、出産・育児をきっかけに退職。2021年春に個人で会計事務所を開業し、中小監査法人での監査業務を継続しつつ、起業女性の会計・税務サポートなどを中心に行っている。

マイナビ会計士を利用して
転職された方の

  • 転職された方の声
    進路について適切なアドバイスをしてもらえました!
    自分の進路について明確な答えが出せていなかったものの、どの業種に進んだら良いかなど適切にアドバイスをしてもらえました。どういったキャリアを積んでいけばより市場価値を高められるのか、候補の会社がどう違うのかを具体的に説明していただけました。(30代/会計士)
  • 転職された方の声
    求人の提案力と面接のフィードバックが良かった!
    タイムリーな求人の紹介とフィードバックの提供が良かったです。面接前の情報提供では、自分のアピールしたい強みが、面接先企業のどこに符号しており、今後の展開をどう捉えているかの思考の整理をする際に役立ち、安心して面接を迎えることが出来ました。(30代/会計士)

マイナビ会計士とは?

マイナビ会計士は会計士として働く「あなたの可能性」を広げるサポートをいたします。

マイナビ会計士は、可能性を広げるサポートをいたします

特集コンテンツ

カテゴリから記事を探す

会計士業界専門転職エージェント

担当アドバイザーが
相談~内定後までご支援いたします。

マイナビ会計士公式アカウント

人気コンテンツ

特集コンテンツ

カテゴリから記事を探す

会計士業界専門転職エージェント

担当アドバイザーが
相談~内定後までご支援いたします。

注目コンテンツ

  • 転職成功事例

    キャリアアドバイザーを通じて、ステップアップに成功した転職成功者の方々の事例をご紹介します。

  • 転職Q&A

    転職をお考えの会計士・試験合格者の疑問や悩み、不安を会計士業界専任アドバイザーが解消します。

  • 活躍できる転職先

    事業会社、監査法人、会計事務所/税理士法人、コンサルティングファームについてをご紹介します。

  • ご紹介企業特集

    マイナビ会計士がご紹介する、企業や法人の企業情報や働く方々の声、求人情報などをご紹介します。

  • 女性会計士の転職

    復職する際の注意点や転職のタイミング、オススメ求人や転職成功事例をご紹介します。

  • 会計士試験合格者の転職

    試験合格後から会計士登録の完了までのスケジュールや流れ、登録後にやるべきことなどをご紹介します。

  • USCPA(米国公認会計士)の転職

    資格取得のメリットや、活躍できるフィールド、転職市場での価値とニーズについてご紹介します。

  • 未経験歓迎の転職

    監査法人から事業会社やコンサルティングファームへの転職方法やポイントなどをご紹介します。

あなたが理想の会計士になるまで、
私たちは全力でサポートいたします。

蓄積された実績や、非公開の企業情報などから条件にマッチした求人をご紹介いたします。
面接・応募書類対策・スケジュール調整など、転職成功へ導くため、
マイナビ会計士は転職をサポートいたします。

無料

マイナビ会計士に申し込む