公認会計士の公開求人情報

一部の求人のみご覧いただけます。お申し込み後、あなたにぴったりの求人を
ご紹介いたします。

公認会計士が行う内部統制とは?

公認会計士が行う内部統制とは?

内部統制報告制度(J-SOX)により、内部統制は監査と並ぶ公認会計士の主な業務のひとつとなっています。企業の公正性を重視する傾向は高まり続け、内部統制監査、内部統制のコンサルティング、企業内の内部監査など、内部統制に対応する人材のニーズも高まっています。公認会計士の知見を活かせる内部統制についてまとめました。

会計業界への転職を考え始めたら
無料マイナビ会計士に申し込む

内部統制とは

内部統制の概要

内部統制とは、企業などが健全に事業活動を遂行するためのルールや仕組みであり、企業を構成する役員および全従業員によって整備、運用されるプロセスです。下表の6つの基本的要素で構成されます。

経営方針に基づいた具体的な行動規範が定められ、役員および従業員に対して周知徹底が求められます。過度な権限の集中や付与を避け、相互牽制の機能も含まれます。事業活動に関わる組織内外のすべての業務が対象となり、外部の委託先にも遵守を求める場合があります。

内部統制の充実により、企業では業務の適正化や効率化、リスク管理が実現されます。また、ディスクロージャー全体の信頼性や証券市場の信認向上など、市場全体の利益にも貢献する社会的に意義ある業務です。

内部統制の基本的要素 概要
統制環境 内部統制を支える基盤。経営者の意向や姿勢、経営方針、戦略などの組織と事業活動のビジョンや方向性の明示と事業推進のための機構や権限、規則などを定める。
リスクの評価と対応 組織目標の達成を阻害するリスク要因を識別し、分析および評価、当該リスクに適切に対応するすべてのプロセス。
統制活動 経営者の指示命令の適切に実行するために定められた方針および手続き。一般的に組織全体の方針(全社統制)と組織内の各部門(活動単位)の方針(業務処理統制)が定められる。
情報と伝達 必要な情報を識別し、把握・処理された情報の組織内外の関係者相互への適切な情報伝達を確保する仕組みとプロセス。
モニタリング(監視活動) 内部統制が有効に機能していることを、内部監査などを通して継続的に評価する。
IT(情報技術)への対応 組織目標を達成するため、組織の内外で業務の実施においてITに対応する。

内部統制の目的

金融庁の企業会計審議会第15回内部統制部会は、「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準」において、内部統制の目的を以下の4つ規定しています。前項の6つの基本的要素は、以下の4つの目的を達成するためにあり、これらは健全な事業活動および財務計算書を適正に作成するための体制の構築、運用をめざすものといえます。

<内部統制の4つの目的>
①事業活動の目的の達成のため、業務の有効性及び効率性を高める
②財務報告の信頼性を確保する
③事業活動に関わる法令その他の規範の遵守を促進する
④資産の取得、使用及び処分が正当な手続及び承認の下に行われるよう図る

<ココまでのまとめ>

・内部統制とは、企業などが健全に事業活動を遂行するためのルールや仕組み。
・内部統制には4つの目的があり、その目的を達成するために6つの基本的要素がある。

情報収集・お悩み相談
なんでもご相談ください
無料マイナビ会計士に申し込む

会計士が行う内部統制

内部統制報告書とは

金融商品取引法により、上場企業を対象とする内部統制報告制度(J-SOX)が定められ、すべての上場企業は内部統制が有効に機能していることを評価した「内部統制報告書」と「内部統制監査報告書」を公表することが義務となりました。内部統制報告書は、財務計算書を適正に作成するための体制が整備されていることを証明し、内部統制監査報告書は内部統制報告書が適正であることを証明するものです。

内部統制監査報告書において、意見表明のための合理的な基礎を得ることができなかった場合は意見不表明となりますが、内部統制監査報告書の意見不表明は上場廃止基準には抵触しません。

内部統制報告書 経営者自らが自社の内部統制が有効に機能していることを評価した報告書。
内部統制監査報告書 内部統制報告書に対する監査人の意見を記載した報告書。「無限定適正意見」「不適正意見」「限定付適正意見」「意見不表明」のいずれかで意見表明する。

内部統制監査と内部監査の違い

内部監査とは、内部統制が有効に機能しているかをチェックする仕組みのひとつで、内部統制の基本的要素である「モニタリング(監視活動)」に該当します。企業内の監査担当者が監査を行います。

公認会計士は内部統制報告制度による内部統制監査を行いますが、これは企業側が作成した内部統制報告書が適正であるかを検証するものです。

公認会計士は、内部統制監査の知見を活かして内部統制のコンサルティングに携わることもあります。内部統制の整備・構築から各部門・内部監査部門の教育、構築した仕組みの評価と是正対策の提示、内部統制報告書の作成など、内部統制対応を全般的に支援する業務です。

<ココまでのまとめ>

・企業内で行う内部監査と公認会計士が行う内部統制監査がある。
・公認会計士には、内部統制監査、内部統制のコンサルティングなどの業務がある。

内部監査を強みにする
転職成功事例もございます
無料マイナビ会計士に申し込む

内部統制に関する転職Q&Aや成功事例

【転職Q&A】内部統制コンサルタントの具体的な業務内容と資質ややりがいを知りたい

https://cpa.mynavi.jp/career_faq_mt/InternalControl/424.html

Q1;内部統制コンサルタントの業務内容は?

クライアントの業種、規模、現状などで異なりますが、内部統制対応に関する全般的なサポートが役割であると考えておくとよいでしょう。

<内部統制コンサルタントの主な業務>
1)内部統制の構築・評価に関するスケジューリング
2)内部統制ツールの提供
3)効率的な文書化プロセスの立案および実行サポート
4)内部統制の整備運用評価のサポート
5)監査法人との折衝サポート
6)セミナー開催など関係者の知識のブラッシュアップなど。

Q2;内部統制コンサルタントに求められる資質は?

1、優先順位をつけて業務を効率的に進める能力
内部統制コンサルタントが手がける業務は幅広く、満足できる結果を出すためには優先順位をつける能力が不可欠です。また、ストレスをためこんで体調を崩さないためにも重要な能力です。

2、コミュニケーション能力
監査法人、クライアントの各部署など、各方面との折衝が大切な仕事です。相手の話を上手に聞きながら、自分から発信するコミュニケーション能力が必要です。物事を的確に伝える話し方を心がけられるとよいでしょう。

3、「本当の改善につなげる」という強い意志
内部統制コンサルタントの仕事は、クライアントに本当の意味での改善を提供することです。常にクライアントにとっての最善の方法を客観的に模索し、提案・実行につなげるのがコンサルタントのもっとも大切な役割といえます。

【転職成功事例】やりがいある内部統制の仕事へ

https://cpa.mynavi.jp/case_mt/company/343.html

●プロフィール

34歳男性 転職前 転職後
業種 事業会社 事業会社
職種 経理 内部統制
年収 750万円 800万円

●転職の理由
公認会計士として監査法人で監査業務、会計アドバイザリー業務を経験した後、自分の経験、スキルを企業の成長につなげたいと考え、事業会社の経理職に転職。経理業務が中心で経験を活かせず、より専門的な見地から企業に貢献できるポジションを希望し、再び転職を決意。

●転職成功の経緯
最後の転職となることをめざし、“やりがいのある業務”の明確化を重視。前回の転職時から年齢、経験社数が増えたことで書類選考の通過に苦戦したが、面接の選考通過を向上させるべく面接対策を強化した。経歴や強み、弱み、志望動機を研ぎ澄ませた結果、無事に志望企業の内定を獲得。

<ココまでのまとめ>

・内部統制コンサルタントは内部統制対応を全般的なサポートする役割。
・年齢、経験社数が増えても、経験や強みを活かして転職に成功できる。

まとめ

企業における内部統制の重要性は高まり続けており、監査法人に転職して最初に経験した業務が内部統制監査という会計士の方も増えているのではないでしょうか。将来のキャリア形成を視野に入れながら、会計士としてどのような道を選択するかは、人生におけるターニングポイントとなります。マイナビ会計士ではあなたの強みや人柄をしっかり企業さまにお伝えし、初めての転職を成功させるお手伝いをいたします。まずはご相談から、ぜひお問い合わせください。

強みを活かした転職でキャリアアップ
無料マイナビ会計士に申し込む

転職情報

新着記事

人気コンテンツ

カテゴリから記事を探す

会計士業界専門転職エージェント

担当アドバイザーが
相談~内定後までご支援いたします。

人気条件から求人を探す

  • はじめての転職に悩んでいる方へ
  • 土曜日相談会

マイナビ会計士公式アカウント

会計士業界専門転職エージェント

担当アドバイザーが
相談~内定後までご支援いたします。