公認会計士の公開求人情報

一部の求人のみご覧いただけます。お申し込み後、あなたにぴったりの求人を
ご紹介いたします。

30代会計士の転職事情!動機や悩み、成功体験

30代会計士の転職事情!動機や悩み、成功体験

一般的に転職は、年齢が若い20代のほうが成功しやすいといわれています。
また、30代では転職が難しいとする「30代転職限界説」もあります。では、会計士が30代で転職を目指した場合、成功の見込みはあるのでしょうか? ここでは、30代会計士の転職事情と成功のポイントについて、体験談なども交えてご紹介します。

公認会計士・試験合格者・USCPA専門の転職エージェント 「あなたの可能性」を広げる転職サポートをいたします 公認会計士・試験合格者・USCPA専門の転職エージェント 「あなたの可能性」を広げる転職サポートをいたします

会計士が30代で転職するメリットとは

会計士なら、一度は転職してキャリアアップしたいと考える方も多いでしょう。
しかし、転職するなら「20代のうちが有利」「30代では難しい」という話を耳にしたことがあるかもしれません。
ところが、実際には会計士の転職では、30代前半は転職市場で最も人気が高い年代であり、30代後半であっても専門的な知識の深さやマネジメントスキルがある人材は、監査法人だけではなく、コンサルティングファームや一般企業まで、幅広い業種でニーズがあります。会計士が30代で転職するメリットについて、確認しておきましょう。

メリット1 転職市場での価値が高い年代

会計士の仕事は、専門性が高いだけに実務経験がそのままキャリアとして評価されます。
20代で会計士の資格を取得して監査法人に入社した場合には、入社後6~8年目頃から転職市場での市場価値が高まり、30代中頃でピークを迎えます。
つまり、30代での転職は、自分の市場価値が最も高まった時期での転職となるため、求人数も多く、好条件での転職活動が期待できます。

メリット2 変化するワークライフバランスに適応できる

会計士に限らず、一般的に30代は結婚や子供の誕生など、人生において生活環境が変わりやすい年代です。
独身のころなら、多少残業が多くても乗り切れますが、家庭を持つと、男性であっても女性であっても、これまでとまったく同じような働き方をするのは難しくなる場合もあります。
30代での転職は、新しい生活環境に合わせた働き方を選べるというメリットもあります。

メリット3 新たなキャリアパスが広がる

会計士といっても、こなしている業務は人それぞれです。漫然と監査業務を続けてきた方もいれば、M&Aにおいて対象会社の財務や税務を詳細に調査するDD(デューディリジェンス)に特化して活躍してきた方、英語が堪能でIFRS(国際財務報告基準)の対応を担当してきた方など、専門性を高める働き方をしてきた方もいます。

30代も半ばになれば、社内でのキャリアの将来性も判断できるようになり、自分に適した専門分野も見えてきます。そうした明確なキャリアプランに基づく転職ができるのも、会計士が30代で転職する大きなメリットです。

メリット4 年収アップにつながる

近年は、監査法人ではない一般企業やコンサルタントファームの求人が増えています。
企業会計のグローバル化やM&Aの増加など、社会的な状況から企業の経営も高度かつ複雑になってきており、財務・税務・コーポレートファイナンスに精通して、確かなキャリアを備えた30代の会計士は、まさに喉から手が出るほど欲しい人材です。そのため、年収1,000万円以上といった、好条件での求人も少なくありません。

すぐに相談したい方も安心
無料マイナビ会計士に申し込む

30代からのおすすめの転職先は?

30代からのおすすめの転職先は?

会計士が転職を考える場合、30代が良いタイミングであることを説明してきました。
では、転職を考える場合、どのような職種が有利なのでしょうか?業態別にその特徴をご紹介します。

一般事業会社

一般事業会社といっても、大手のグローバル企業からメーカー、流通、商社、サービス業、ベンチャー企業、投資ファンドまで、さまざまな業界や業種があります。
ですから、会計士に求められる業務もさまざまではあるものの、大きく分けて次のようなポジションでニーズがあります。

・財務・経理
・経営管理・管理会計
・経営企画
・ファイナンス
・IPO達成のための経理財務スタッフ、経理責任者、財務責任者(CFO)

いずれのポジションにおいても、責任者やチームのリーダー的なポジションを担う人材が求められており、会計士として業務経験を積んだ30代に対するニーズが高いのが事業会社の求人の特徴です。また、求められる役割がピンポイントである分、専門性やその分野での経験の高さが求められます。

監査法人

監査法人の仕事は、当然ながらクライアントありきのため、採用状況は景気に大きく左右されます。リーマンショック直後はきびしい採用状況が続いていましたが、景気が安定している現在は、むしろ人材不足の傾向があり、会計士を採用する門戸は広がっています。

監査法人の場合、いわゆる「Big4」と呼ばれる大手の監査法人とそのほかの中小の監査法人では、やはり待遇面などで大きな差があります。
監査法人の仕事の特性上、財務に精通しているだけではなく、クライアント企業の業界事情に通じていることも、採用に際しては大きなポイントとなります。そのため、ほかの業界で社会人経験のある30代前半の会計士が、Big4への転職を果たしているケースも少なくありません。ただし、監査法人の場合、現場で実務を回しているのは20代後半~30代が中心になるため、年下や同年齢の下で仕事を教えてもらうことに抵抗がある方には不向きだといえます。

コンサルティングファーム

コンサルティングファームには、それぞれ専門分野があります。おもな専門分野には、次のようなものがあります。

・戦略系コンサルタント:企業の経営戦略を担当
・財務コンサルタント:企業の資金繰りや財務諸表の分析を担当
・ファイナンシャルアドバイザリー・企業評価(バリュエーション):企業のM&A戦略を担当
・企業再生アドバイザリー:企業の再生支援を担当

コンサルティング業界では、財務・会計・経営管理等の専門知識が必要とされることが多いため、会計士の転職先としても人気の職種です。
従来は、コンサルティングファームへの30代での転職は同業種での経験者が有利とされてきました。しかし、近年ではクライアントからのニーズの多様化に伴い、他業種での経験があり、専門性の高い知識を持っている人材へのニーズが高まっており、30代での会計士の転職に追い風が吹いています。
ただし、コンサルティング業界は、結果を出せなかった方は切られることがある、非常に競争が激しい業界であることも認識しておきましょう。

おすすめの転職先を聞いてみる
無料マイナビ会計士に申し込む

会計士が30代で転職を成功させるためのポイント

会計士が30代で転職を成功させるためのポイント

それでは、実際に会計士が30代での転職を成功に導くポイントについて、具体的に見ていきましょう。

ポイント1 キャリアの棚卸をして自分の市場価値を明確にする

30代の会計士を採用する場合、採用企業は専門知識だけでなく、職務経験を重要視します。
そこで、転職活動をする前に必要になるのが、自分のキャリアの棚卸です。これは、自分自身の職務経歴を客観的に見直して、どんな経験を積み、どんなスキルを身に付けてきたかを明確化する作業です。

しかし、自分で自分のキャリアを客観視するのは、とても難しい作業です。そこで、転職エージェントに相談し、専門のキャリアアドバイザーと一緒にこれまでのキャリアを整理していくのがおすすめです。第三者からの客観的な評価を受けることで、自分でも忘れていたような経験が、実は転職に際して強みであることに気付くことも少なくありません。

ポイント2 志望動機を明確にする

転職の志望動機は、すなわち転職理由でもあります。転職を考えるには、必ずそれなりの理由があるはずです。
給与面、待遇面、仕事内容、対人関係など、転職理由を書き出して、優先順位をつけてみましょう。すると、自然に転職先のイメージも絞られ、志望動機も明確になってくるはずです。

ポイント3 転職エージェントを活用する

転職エージェントは、あなたの転職を成功に導いてくれるナビゲーターのような存在です。
業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、キャリアの棚卸から志望動機の明確化といった作業まで手伝い、その上であなたに最適な求人を紹介し、採用から入社後のケアまでを行います。転職が初めての方や、転職に大きな不安を抱いている方にとっては、転職エージェントは心強い味方になります。

転職エージェントなら
「マイナビ会計士」
無料マイナビ会計士に申し込む

30代会計士の転職成功体験談

転職エージェントを活用することで、転職活動をa有利に進めることができます。ここでは、実際に転職エージェントに相談して、転職に成功した30代の会計士の体験談をご紹介します。

一般事業会社(経理)→コンサルティングファーム(アドバイザリー)への転職

大学在学中に公認会計士試験論文式試験に合格し、卒業と同時に大手監査法人に入社しました。新卒から5年間は監査業務に従事し、インチャージ(主査)も経験しました。
監査以外の仕事も経験したいと思い、2社目の一般事業会社に転職して、以来6年半を経理部門で過ごしました。一般事業会社では、特に大きな不満があったわけではなく、一通りの経験を積ませていただきましたが、会計士としての今後のキャリアを考えたときに、より専門性を身に付けていきたいと思い、転職を考え始めました。

転職活動を始めた当初は、できるだけ規模の大きな一般事業会社で、会計士も多くいる経理部門への転職を考えていました。しかし、前職も上場企業であったため、規模を大きい会社で専門性を磨くことはできるのだろうかという不安を持っていました。 その一方で、すでに結婚していて、ワークライフバランスを保てる職場環境を希望したいと思いました。そのため、規模の大きな事業会社か、専門性が高められる会計系コンサルティングファームのどちらかを検討していました。

幸い、マイナビ会計士のキャリアアドバイザーの方から、コンサルティングファームの中でも比較的残業の少ない企業を提案していただき、無事に転職することができました。一般的にコンサルティングファームは残業が多く、労働環境と専門性の高い仕事を両立させることが難しい業態と聞いていました。
しかし、ほかのコンサルティングファームに比べると専門性などでは劣るものの、会計士ならではの仕事に携わることができ、年収も760万円から820万円に上がりました。転職の希望条件をバランス良く叶えることができ、とても良かったと思っています。

監査法人(監査業務)→一般事業会社(管理部門・経理職)への転職

Big4系大手監査法人に約12年勤務していました。法定監査や内部統制監査、財務DDなどの業務に従事していましたが、会計の知識や経験を活かして企業の内側からその成長を支援したいと思うようになり、一般事業会社への転職を希望しました。
ただ、一般事業会社での業務フローや社風・組織の雰囲気といった職場環境の違いに、どこまで溶け込めるのかという不安はありました。また、一般事業会社での経験がなければ、即戦力としての入社が難しく、「年収も大幅に下がってしまうのでは?」という課題もありました。

しかし、これまで培ってきたスキルや知識を活かせるポジションであれば、未経験でも評価を落とすことなく転職できるとマイナビ会計士のキャリアアドバイザーの方からアドバイスしていただき、一般事業会社の経理や経営企画等の管理部門でのポジションをご紹介いただきました。

その結果、面接や面談等を通じて懸念を払拭でき、またきちんと評価していただけたのが良かったと思います。年収は500万円から750万円に下がりましたが、大幅にダウンすることなく希望の範囲内で内定をいただけました。
「職場環境に順応すること」が最優先の希望条件で、これまでの経験やスキルを活かせる親和性の高いポジションを紹介していただけたことが、私の転職の成功ポイントだったと思います。

会計士の30代は転職に最適な時期

会計士の30代は転職に最適な時期

会計士の市場価値は、30代前半が最も高まります。
また、40代になると求人そのものが減ってしまうという現実もあります。会計士が転職を考えるなら、30代がキャリアアップを狙える最適な時期と考えたほうがいいでしょう。
目先の給与や待遇面にばかりとらわれずに、将来のキャリアパスを考えて転職することがとても大切です。そのためには、転職について客観的なアドバイスをしてくれる転職エージェントのサポートを受けることがおすすめです。

最適な転職をお手伝いします
無料マイナビ会計士に申し込む
マイナビ会計士編集部

マイナビ会計士編集部

マイナビ会計士は、公認会計士・試験合格者・USCPAの方の転職サポートを行なう転職エージェント。業界専門のキャリアアドバイザーが最適なキャリアプランをご提案いたします。Webサイト・SNSでは、公認会計士・公認会計士試験合格者・USCPAの転職に役立つ記情報を発信しています。

公認会計士・試験合格者・USCPA専門の転職エージェント 「あなたの可能性」を広げる転職サポートをいたします 公認会計士・試験合格者・USCPA専門の転職エージェント 「あなたの可能性」を広げる転職サポートをいたします

マイナビ会計士を利用して
転職された方の

  • 転職された方の声
    進路について適切なアドバイスをしてもらえました!
    自分の進路について明確な答えが出せていなかったものの、どの業種に進んだら良いかなど適切にアドバイスをしてもらえました。どういったキャリアを積んでいけばより市場価値を高められるのか、候補の会社がどう違うのかを具体的に説明していただけました。(30代/会計士)
  • 転職された方の声
    求人の提案力と面接のフィードバックが良かった!
    タイムリーな求人の紹介とフィードバックの提供が良かったです。面接前の情報提供では、自分のアピールしたい強みが、面接先企業のどこに符号しており、今後の展開をどう捉えているかの思考の整理をする際に役立ち、安心して面接を迎えることが出来ました。(30代/会計士)

マイナビ会計士とは?

マイナビ会計士は会計士として働く「あなたの可能性」を広げるサポートをいたします。

マイナビ会計士は、可能性を広げるサポートをいたします

特集コンテンツ

あわせて読みたいオススメ記事

カテゴリから記事を探す

会計士業界専門転職エージェント

担当アドバイザーが
相談~内定後までご支援いたします。

マイナビ会計士公式アカウント

人気コンテンツ

特集コンテンツ

カテゴリから記事を探す

会計士業界専門転職エージェント

担当アドバイザーが
相談~内定後までご支援いたします。