この企業の求人を紹介してもらう

公認会計士の転職・求人 トップ > ご紹介企業特集 > 平成会計社 > 第一事業本部第1グループ グループ長 鯨井様

税理士法人 平成会計社

第一事業本部第1グループ グループ長
鯨井様

大学を卒業し、社会に出て14年になります。最初のキャリアは県庁の職員で、公務に4年間携わりました。そのなかで、自分にしかできない“専門性・強み”を持ちたいと願うようになりました。そこで公認会計士の勉強を始め、1年後に試験に合格。

監査法人やコンサルティングファームで経験を積み、2015年に平成会計社に入社しました。私のキャリアは常にチャレンジとともにあり、積極的に未知のフィールドに飛び込んでいきました。新たな環境でそこでしか経験できない新たな分野に挑戦し、その知識と経験を次のキャリアに活かしていったのです。

県庁、監査法人、コンサルティングファームで多様な経験を積む。

大学で政治学を学び、県庁に入庁。障がい者スポーツ大会の企画・運営や課税・徴収などの公務に携わってきましたが、「私自身の個人としての専門性を磨きたい」という気持ちが生まれ、資格職である公認会計士を目指すようになりました。公務員として働きながら1年間受験勉強を続け、短答式試験に合格したタイミングでBig4の一つである大手監査法人に転職。働きながら翌年、公認会計士論文式試験に合格しました。大手監査法人では外資系企業の監査業務やIFRSの導入コンサルティングなどを担当しました。

その後、コンサルティングファームに転職。コンサルティングファームでは、監査法人時代の経験を活かしてIFRS導入や粉飾決算発覚時の会計調査、過年度遡及財務諸表の作成、M&Aの財務デューデリジェンス、さらには会計システムの導入支援など、幅広い業務を担当した後、再び転職を検討するようになりました。それまでは会計のプロとしてクライアントにサービスを提供してきましたが、次は未経験の税務に挑戦してみようと思い、平成会計社に転職したのです。

このように、私のキャリアはチャレンジの連続です。多様な経験を積んできたのは、オールラウンドプレイヤーを目指していたから。過去の経験を活かしながらも新たな分野の専門性を得ることで、この目標が達成できると考えました。平成会計社は大手上場企業を多数クライアントにもっており、提供する会計・税務サービスも多種多様です。

加えて、どの社員も物腰が柔らかく、相手の気持ちを配慮するやさしさを兼ね備えていました。仕事はもちろん、働く環境においても理想的な環境があると思ったことが、平成会計社への転職を決めた理由となっています。

個々のスタッフがスキルを高めることで、強固なチームとなる。

私がグループ長を務める第一事業本部第1グループは、大きく二つの業務を担っています。一つは、大企業グループに向けた会計・税務サービスの提供。もう一つは国際会計・税務サービスの提供で、海外進出をしている日系企業や、日本に現地法人をもつ海外の企業に対して、会計・税務面から支援しています。

平成会計社は経理業務をフルパッケージでアウトソースするサービスを提供しており、私たちのグループが担当しているクライアントのグループ会社に対しても、会計税務顧問として色々なご相談に応じることはもちろん、日々の仕訳入力や決算書の作成、税務申告書の作成、連結パッケージの作成、給与計算、各種支払の手続き等、非常に幅広い経理業務の代行をしています。

連結決算の支援や、クライアントがM&Aを検討していれば買収先企業の財務デューデリジェンスや株価算定を行ったり、業務改善・効率化のコンサルティングを行ったりもします。またクライアントの役員の方との交流も積極的に行なっており、そこで形成された人脈が更に新しい仕事の受注にも繋がっています。

国際会計・税務の提供するサービス範囲も非常に幅広く、外資系企業等のお客様に対して、英語を使用して経理業務をフルパッケージで提供しているクライアントも少なくありません。

メンバーは公認会計士や税理士の資格取得者を中心に、公認会計士の試験合格者や税理士の科目合格者なども含まれます。メンバーそれぞれ多種多様なバックグラウンドをもっていますが、チームの結束が強く、日常的に協力しながら業務に取り組んでいます。

例えば、税務の経験がまだ少ない会計士がいた場合。会計士が作成した申告書を、税理士資格をもった経験豊富なメンバーがレビューしています。クライアントから難易度の高い相談が寄せられた場合は、それぞれの得意分野を持ち合いながらチームで最適な解を考えています。

メンバーごとに強みとする分野が異なるからこそ、どのスタッフも得意な分野を活かしつつ、苦手な分野を仲間にフォローしてもらいながら、専門性を高めています。平成会計社は会計・税務の幅広いサービスを提供しているため、「求められるスキルの幅が広い」という特徴がありますが、メンバー一人ひとりの専門性を結集させることで、クライアントのあらゆる課題に向き合う力が身につくのです。

なお、第1グループは総勢35名ほどの大所帯ですが、特に若手スタッフに対しては、「できないことにチャレンジしてみよう」と日頃から声をかけています。できることだけを担当していては、成長はあり得ません。逆に、常に新たな業務にチャレンジしていけば、自ずと知識が深まりますし、本人の専門分野を中心に、幅広い知識を高めていけるでしょう。

スタッフ一人ひとりがチャレンジを続けていくことでこそ、より良いチームができあがっていきますし、平成会計社がより強固な組織になっていくのです。

ともに助け合い、ともに成長していける未来の“仲間”たちへ。

公認会計士試験合格後のキャリアとして、監査法人への就職からスタートする方が多いと思います。私も会計士として最初のキャリアを監査法人からスタートしました。平成会計社の特徴は、監査以外のあらゆる業務に対応しているため業務の受注範囲が広いことと、チャレンジできる環境があるということです。だからこそ多くの経験ができます。

もちろん、時にはチャレンジしてもうまくいかないこともありますが、当社には、失敗を責めるような上司は一人たりともいません。むしろ、新たな分野に挑戦していく姿勢や、失敗を糧にして成長を遂げていく意欲を高く評価します。これから当社に入社する方々にも、好奇心旺盛に新しいフィールドに踏み込んでいき、貪欲に専門性を高めていってほしいですね。

そして、課題を抱えているクライアントに向き合い、会計や税務等の知識を活かして解決に導くやりがいを、何度も味わってください。その先にあるのは、クライアントとの真の意味での“パートナーシップ”です。私たちは幾度となくクライアントから感謝の言葉をいただいてきましたが、その度にクライアントとの信頼関係が深まっていくのを実感しています。そして、「さらにスキルを高め、より一層、クライアントに貢献していきたい」と強く願うようになるのです。

私のように監査法人やコンサルティング会社で経験を積んできた方は、その経験を平成会計社で活かしてキャリアアップやスキルアップを実現できることを是非、知っておいてほしいですね。平成会計社には、監査法人やコンサルティング会社で身につけた会計に関する知識・経験を活かすことができ、ここでしか経験できない案件が数多くあります。

例えば私のグループが担当しているクライアントは、数百社のグループ企業を抱える業界最大手の会社。私はこのクライアントを転職直後から担当しており、四半期毎にクライアントと机を並べて、何度も議論を重ねながら、連結決算をまとめてきました。実に貴重な経験ができていると実感していますし、会計・税務スキルが飛躍的に向上しました。

繰り返しになりますが、平成会計社で働く“仲間”もまた、当社が誇るべき大切な財産だと感じています。どの部門でも、仲間を思いやり、互いに助け合い、ともに成長していける関係を築いているからです。人間関係でストレスを感じることはありませんし、むしろ、かけがえのない仲間が、仕事を進めていく上でのモチベーションとなっています。一人でも多くの方々が、平成会計社に興味を持ってくださり、果敢にチャレンジしていく未来の仲間となってくれることを期待してお待ちしています。

その他のご紹介企業はこちら
ご提供コンテンツ
Copyright © Mynavi Corporation

ご紹介企業特集ページ|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

アクセスマップ