マイナビ会計士

会計士から財務への転職! 求められるスキルは?

更新日:

公開日:

転職活動
会計士から財務への転職! 求められるスキルは?

事業会社の中には「財務部門」という部署が設置されていることがあります。

この財務部門はどのような役割を担う部署なのでしょうか? 今回は公認会計士の転職先の1つでもある事業会社の財務部門について解説します。

「財務」と「経理」の仕事の違い

 

財務部門は文字どおり、事業会社のお金の管理をする部署です。規模の大きな会社の場合、お金の管理をする部署は、経理と財務の2つに分かれていることがあり、その役割も2つの部署で異なります。

経理は会社の仕事を通して使われたお金を“見える化”して、決算期には決算書を作成します。日々の仕事では、伝票や帳簿の作成、経費の精算、領収書や請求書の発行などを行っており、経理部門は“会社の財布を握っているお母さん”のような存在です。

一方、財務は会社の未来のお金をつくるための仕事をする部署です。会社の規模が大きくなると、新たな事業をスタートする際などに資金調達を行う必要が出るもので、そのときに財務部門は金融機関から融資を受けたり、株式や社債を発行したりして、必要な資金を調達するための準備と行動を起こします。

また、資金の運用計画を立てるのも財務部門の重要な役割です。経理が作成した決算書をもとに利益予算を立てるなどして、経営のサポートを行います。この計画立案が間違っていたり、必要な資金を調達できなかったりすると、会社が本来成長できる伸びしろを奪ってしまう可能性もあるので、責任は重大です。

ほかにも、監査法人への説明、ヒアリングへの対応、資料の提出なども財務部門の仕事です。監査がスムーズに進むためには、監査部門とのスムーズな連携が欠かせないものです。

                 
        
転職エージェントの利用でスムーズな転職を
               
 

<ココまでのまとめ>

・経理と財務部門はどちらも“お金を扱う部署”だが、役割がまったく違う。
・財務部門はこれから使うお金を扱う部門。

財務部門で求められるスキル

財務部門で働く人材に求められるスキルは大きく3つに分けることができます。

①財務戦略力

財務部門は「これから使うための資金を調達することが仕事」と書きましたが、そもそも資金を調達するためには会社が健全な状態でなければなりません。すぐにつぶれそうな会社や正しく情報を開示していない会社に融資をしようと考える金融機関はないからです。

会社を健全な状態に保つためには各事業部とは離れた第三者的な立場である財務部門が客観的な視点で評価し、企業価値を安定、向上させる必要があります。この力が財務戦略力です。会社の状況を数字などから冷静に分析、判断し、正しい方向へ導く立案をするスキルが求められています。

②資金管理

資金を正しく管理することも会社にとって重要な責務です。事業部ごとの収支をしっかりと把握し、不正や不足がないか、常に目を光らせながら管理する必要があります。この管理がずさんだと金融機関から信頼されるはずもなく、当然ながら資金調達も難しくなります。

③資金調達

信頼される会社の状態をつくることができて、初めて資金調達を行うことができます。ただ、資金調達といっても、やみくもにお金を集めればよいわけではありません。正当な金融機関であってもお金を借りれば金利がかかるので、必要以上に借りすぎれば金利による不要なマイナスが発生する可能性があります。
また、株券も発行数が多すぎると経営権を奪われるリスクも生みかねません。正しく、適切に資金調達をするスキルが求められます。

         

<ココまでのまとめ>

・会社が資金調達をできる健全な状態に保っておくことも財務の重要な仕事。
・資金調達においても適切に調達するスキルが求められる。

   

公認会計士は財務の仕事が向いている

   

財務部門で働くために必要な資格はありません。ただ、監査法人などで働く公認会計士は企業を財務の面から評価する仕事をしてきているため、一定の評価を得られる可能性があります。また、前述のとおり、財務部門は監査を受ける際も監査法人とタッグを組むことになるので、公認会計士は財務に向いているといえるでしょう。

財務に向いている人は、基本的には「細かく、几帳面な人」です。おおざっぱな管理をしていると会社の信頼自体が揺らいでしまうので、1円単位のミスも絶対に許さないというレベルの人のほうが向いています。

また、日々、数字と向き合うことになるので、数字の計算や入力業務、また分析などが苦にならないこともポイントです。ここが苦痛という人にとっては財務の仕事は苦しいものになってしまうかもしれません。

そのため、財務部門に向いているといえる公認会計士の肩書をもっている人でも、「自分は本当に財務の仕事をやりたいのか?」を突き詰めて考えることが不可欠です。会計士の転職先は、独立開業、コンサルタント、事業会社の経営企画室、スタートアップのCFOなど、本当に幅広くあります。

たくさんある選択肢から「なぜ財務部門に転職したいのか?」という答えを自分のなかで明確にしておく必要があります。それを面接時に伝えれば、転職もスムーズに進むかもしれません。

                 
        
自分に合った財務の仕事を確認する
               
 

<ココまでのまとめ>

・会計士は財務に向いている。
・細かい作業が好きな几帳面な人が向いている。

                                             

~マイナビ会計士 公式LINE@のご案内~

【会計士・試験合格者限定】友だち追加で、
会計士のキャリアに役立つコラムや"厳選求人"をいち早くお届け!

友だち追加
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する