マイナビ会計士

30代 女性 事業会社 面接への不安

公認会計士です。一般事業会社を中心に転職活動をしていますが、今まで働いてきた環境とかなり違うので、面接の中でも疑問がわいています。私からいわゆる「逆質問」をしてもかまわないのでしょうか?

質問への回答

結論から言うと、「逆質問」はしてもかまいませんし、むしろ積極的にしていただきたいところです。理由を説明しましょう。

監査法人の場合、手がける業務の大半が監査であるため、「自分なら監査業務においてどんなことができるか」を提案していくのがとても大事になります。しかし、一般事業会社の場合、監査業務ではなく、コンサルティング・経営企画・IPOなど、募集する職種もさまざまであるはずです。

今まで監査法人でお仕事をされてきたのでしたら、「これから転職する会社で行う業務に必要な知識はあるけど、実際にそれをどう生かせばいいのかがわからない」状態かもしれません。 ご自身の中で答えを見つけるのが大事になりますが、それには、企業が何を求めているのかを把握することがとても大事になります。

公式ホームページや転職エージェントからの情報はたしかに頼りにはなりますが、そこから生じた疑問を解決するには、やはり質問するのが一番いい手段でしょう。「これから自分が手掛けるであろう業務についての質問」や「会社の雰囲気、キャリアパスについての質問」など、仕事を続けていく上で必要な情報を手に入れるために、どんどん質問してください。 周囲への気遣いはもちろん大事ですが、ご自身の疑問を着実に解消していくのも、転職活動においてはとても大事な要素です。不安もおありのはずですが、着実に解消して、いいご縁を手に入れてください。

マイナビ会計士は、会計業界専任のキャリアアドバイザーが無料で転職サポートを行なう転職エージェントです。会計士の方の転職支援実績は多数ありますので、蓄積されたノウハウを元にあなたの不安を解消させていただきます。お気軽にご相談下さい。

この記事に関連する会計士の「事業会社」の転職Q&A

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する