マイナビ会計士

20代 男性 事業会社 経理・財務 転職への不安

これまで、監査法人で働いてきました。そろそろ他の仕事も経験したいので、一般事業会社やコンサルティングファームなどの求人をチェックしています。どんな公認会計士ならニーズがあるのか知りたいです。

質問への回答

どんな公認会計士ならニーズがあるか、というご質問なので、一般事業会社とコンサルティングファームへの転職を想定してお答えさせていただきます。まず、一般事業会社の場合、「その会社でどんな業務を手掛けるか」によって、求められるものが違います。

経理マネージャーなど、経理部門のスペシャリストとして仕事をするなら、企業の経理部の業務フローをいち早く理解し、改善点を考えながら、日々の業務を確実に遂行していくことが求められるでしょう。また、経営企画のIPO支援なら、外部の専門家と連携し、必要な情報をすぐに取り出せるように整理する能力も求められます。一方、コンサルティングファームの場合、働きかける先はクライアントです。

会計コンサルティング、システムコンサルティングと分野はたくさんありますが、どういう業態であっても、クライアントが抱える問題点、つまり「この人たちは何に困っているのか」を的確に見抜き、解決策を考える思考力が必要です。 公認会計士としての知識に加え、思考能力が必要となるはずです。さらに、どういった業界に転職する場合でも、コミュニケーション能力は必須となります。

プレゼンテーションスキルが高い、ディベートがうまいなどの技術的な面は後からいくらでも磨けますが、「一緒に仕事をしている人に対する気遣いができるか」がとても重要です。 心がけという意味でのコミュニケーション能力が高い公認会計士なら、ニーズは高いでしょう。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリング・職務経歴書の作成、面接対策もサポートしています。現在のご状況を伺った上であなたの今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事に関連する会計士の「事業会社」の転職Q&A

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する