マイナビ会計士

20代 男性 キャリアアップ 経営企画

一般の事業会社への転職を考えている公認会計士です。最近転職エージェントに相談したところ、経営企画の求人をすすめられました。どういった業務を手掛けるのか、教えてください。

質問への回答

一言でまとめてしまうと、会社の成長を見据え、会計・税務・コンプライアンスを中心に、会社内の制度の整備を行い、戦略を立案していくことが主な業務となります。具体的には、予算策定・進捗管理、事業戦略策定・調整・推進、企業広報対応、新規事業開拓などの業務を手掛けることが多いでしょう。会社によっては、各部署で生じている事業課題を解決するためのサポートを行うこともあります。
予算関連業務においては、会計の知識と周辺の法制度を熟知していることが必須です。

公認会計士試験に合格し、実務経験を積んできたのであれば、これらの必須条件を満たしているとみなされるため、経営企画室のスタッフとして公認会計士の採用を検討している企業も多くなっています。また、経営企画は会社のあらゆる部署と密接に調整をしながら仕事を進めていくのが大きな特徴です。
物事の優先順位をつけられる能力、様々な方向から情報を検証できる能力、色々な人とやり取りをできるコミュニケーション能力も大事になります。

監査とは違った様々な経験を通じ、ご自身の成長につなげたい方にはおすすめです。企業を成長させるための参謀として活躍したいなら、一度検討してみてください。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリング・職務経歴書の作成、面接対策もサポートしています。現在のご状況を伺った上であなたの今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事に関連する会計士の「経営企画」の転職Q&A

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する