マイナビ会計士

30代 男性 キャリアアップ ベンチャー・スタートアップ 経営企画

公認会計士として働いていますが、頑張っている起業家の人を応援する意味もこめて、IPO支援の業務に携わってみたいです。どのようなポジションで協力できるか、選択肢があれば教えていただきたいと思います。

質問への回答

「頑張っている起業家の人を応援」という点に着目してお答えさせていただきます。一つ目の選択肢としては、IPOを目指す企業に社員として入社し、経営企画等のポジションについて一緒に働くことです。すべての起業家がそうだとは限りませんが、一つの分野においてはとても優れた才能や技術を持っているのに、経理・財務・税務・資金調達などの分野の知識やノウハウがないために、IPOどころか会社経営そのものに失敗するケースは珍しくありません。

起業家のIPO支援という面でみれば、ダイレクトに協力できるのは、一緒にスタッフとして働き、IPOを成功させるために必要な社内環境の整備、外部関係者との折衝を行うことです。

もう一つの選択肢としては、IPO支援に力を入れているコンサルティング会社に入社することでしょう。ベンチャー企業の情報開示、コーポレートガバナンス体制の整備をコンサルタントとして手伝うことで、企業の信用力を向上させ、IPOを成功に導くのが大事なミッションとなります。証券会社、監査法人、ベンチャーキャピタル等の関係者との調整のサポートも行うので、経験は積めるはずです。

どちらにしても、ベンチャー企業にとっては、IPOを見据えて社内体制を整備できるかどうかが、存続の可否に大きくかかわっています。公認会計士としてIPO支援を行うのは、企業の存続という点から見ても大きな意義があるのです。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリング・職務経歴書の作成、面接対策もサポートしています。現在のご状況を伺った上であなたの今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事に関連する会計士の「ベンチャー・スタートアップ」の転職Q&A

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する