公認会計士の公開求人情報

一部の求人のみご覧いただけます。お申し込み後、あなたにぴったりの求人を
ご紹介いたします。

Q&Aを絞り込むQ&Aを絞り込む

会計士・試験合格者
の転職Q&A

マイナビ会計士の魅力

マイナビ会計士には選ばれる理由があります!

選ばれる理由1

公認会計士・試験合格者の専門とした転職エージェントが一人一人に寄り添った転職サポート

選ばれる理由2

徹底した面接・職務経歴書対策で不安や悩みを解決!

選ばれる理由3

マイナビ会計士では全求人のうち約8割非公開求人です。

マイナビ会計士だけの非公開求人をご紹介します

Q

監査法人から証券会社への転職で公認会計士の資格を活かすには?身につけた方がいいスキルはある?

金融機関(銀行・証券・信用金庫) キャリアアップ

監査法人で働いていますが、証券会社に転職したいと思っています。証券会社で、公認会計士の資格を活かすにはどうすればいいのでしょうか。また、他に身につけた方がいいスキルはありますか? (30代 男性)

会計士専任キャリアアドバイザーの回答 会計士専任キャリアアドバイザーの回答

A

会計士専任キャリアアドバイザーの回答

証券会社で公認会計士の資格を活かしたい場合、方法はニつあります。

一つは、経理担当として働くことです。いまや証券会社は、海外に子会社・関連会社を持っていない方が珍しいくらい、グローバルな経営を行っています。国際基準にのっとった財務諸表の作成が求められるので、会計基準に詳しい専門家として、公認会計士の需要が高まっています。決算期はかなり忙しいですが、それ以外の時期は残業があまりない職場も多いので、ワークライフバランスを重視する方も検討してみる価値はあるはずです。この場合、英語のスキルを身につけておくと、海外とのやり取りがスムーズにいくでしょう。

もう一つは、富裕層向けサービスの担当として働くことです。富裕層向けのサービスは、商品の提案にだけでなく、節税の相談などさまざまなニーズに応じていく必要があります。数字に関するセンスと、知識を吸収していく意欲が何よりも求められる仕事です。公認会計士の資格が必須というわけではありませんが、「難関資格を取得している」という点は、富裕層への大きなアピールポイントになります。「会計の枠を取り払って、色々な経験をしてみたい」という方は、ぜひチャレンジしてください。この場合、証券アナリストやファイナンシャル・プランナーなど、証券や資産運用に関する資格も取得しておくといいでしょう。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーがキャリア面談・職務経歴書の作成、面接対策もサポートしています。現在のご状況を伺った上であなたの今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

ここで解決できなかった悩みを
会計士専任アドバイザーに相談したい方へ

金融機関(銀行・証券・信用金庫)

この質問に関連する
転職成功事例

金融機関(銀行・証券・信用金庫)
無料転職支援サービスに申し込む
求人を探す