マイナビ会計士

20代 男性 キャリアアップ 金融機関(銀行・証券・信用金庫)

アセットマネジメントに関われる会社へ転職を検討しています。学生時代のアルバイト以外には監査法人でしか働いた経験がありませんが、このような会社に転職できますか?できるとしたら、どういう業務に携われますか?

質問への回答

アセットマネジメントの最大の目的は、個人・機関投資家から預かった資金をさまざまな金融商品に投資し、運用・管理を代行することです。このため、一概に「アセットマネジメントに関われる会社」といっても、その中でどういったお仕事をされるのかを考えてみましょう。公認会計士の資格を一番生かせるお仕事として考えられるのは、ファンドの管理業務です。

内外規制対応、運用ガイドライン順守状況のチェック、リスク管理、パフォーマンス評価など、管理業務がうまくいっているかどうかで、運用業務に携わるファンドマネージャー、アナリスト、エコノミストの成果も左右されます。さらに、アセットマネジメントを扱う会社では、月次報告書・運用報告書・約款の作成、有価証券届出書・有価証券報告書・目論見書の作成・届出も行わなくてはいけません。会社法や会計に関する知識を持つ方が関与しなければ到底こなせないので、公認会計士の資格は高く評価されるでしょう。

また、管理業務ではなく、運用業務をご希望される場合でも、公認会計士の資格はプラスに働きます。運用業務にあたっては、財務分析の知識が不可欠ですが、監査法人でお仕事をされてきたのなら、一通りの知識は身についていると、とらえてもらえるケーが多いです。いずれにしても、ご縁をいただける可能性は高いと思われますので、果敢にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリング・職務経歴書の作成、面接対策もサポートしています。現在のご状況を伺った上であなたの今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事に関連する会計士の「金融機関(銀行・証券・信用金庫)」の転職Q&A

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する