公認会計士の公開求人情報

一部の求人のみご覧いただけます。お申し込み後、あなたにぴったりの求人を
ご紹介いたします。

Q&Aを絞り込むQ&Aを絞り込む

会計士・試験合格者
の転職Q&A

マイナビ会計士の魅力

マイナビ会計士には選ばれる理由があります!

選ばれる理由1

公認会計士・試験合格者の専門とした転職エージェントが一人一人に寄り添った転職サポート

選ばれる理由2

徹底した面接・職務経歴書対策で不安や悩みを解決!

選ばれる理由3

マイナビ会計士では全求人のうち約8割非公開求人です。

マイナビ会計士だけの非公開求人をご紹介します

Q

公認会計士が履歴書・職務経歴書を書くときのポイントはある?

20代 男性 履歴書・職務経歴書への不安

公認会計士ですが、転職活動を始めました。でも、今まであまり応募書類を書いたことがないので、自分のやり方だけで済ませていいのか不安です。履歴書や職務経歴書を書く際に何に気を付ければいいですか? (20代 男性)

会計士専任キャリアアドバイザーの回答 会計士専任キャリアアドバイザーの回答

A

会計士専任キャリアアドバイザーの回答

一番やってはいけないのは、わかりにくい文章を書いてしまうことです。監査法人の業務でも、言いたいことがわからない書類には厳しい評価が下ったことでしょう。

そこで、履歴書・職務経歴書を書く際は、一度書くべきことをメモなどに整理してみるのをおすすめします。履歴書に関しては、年号・出身校の正式名称に気を付けてください。

職務経歴書に関しては、経験した監査法人の正式名称を書きましょう。履歴書は手書き、職務経歴書はパソコンという場合が多いので、盛り込む情報量も考えながら内容を練ってください。 加えて、応募書類には志望動機を書く欄があるはずです。そこに「なぜこの会社で働きたいのか」「この会社で自分は何ができるのか」という2点を打ち出すのをおすすめします。 こちらに関しても、一度条件を整理してみてください。

条件を整理しても、納得のいかないで気になってしまったら、転職エージェントのコーディネーターなど、プロに見てもらいましょう。 どうすればもっといい書類になるか、というアドバイスをくれるはずです。なお、志望動機を使いまわすのは絶対にやめましょう。紋切型の志望動機は、必ず採用担当者に見抜かれます。

上手でなくてもいいので、まずはご自身の言葉で、一つ一つの企業に対し真摯に書いてみてください。マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーがキャリア面談・職務経歴書の作成、面接対策もサポートしています。現在のご状況を伺った上であなたの今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

ここで解決できなかった悩みを
会計士専任アドバイザーに相談したい方へ

20代 男性

この質問に関連する
転職成功事例

20代 男性
無料転職支援サービスに申し込む
求人を探す