公認会計士の公開求人情報

一部の求人のみご覧いただけます。お申し込み後、あなたにぴったりの求人を
ご紹介いたします。

Q&Aを絞り込むQ&Aを絞り込む

会計士・試験合格者
の転職Q&A

マイナビ会計士の魅力

マイナビ会計士には選ばれる理由があります!

選ばれる理由1

公認会計士・試験合格者の専門とした転職エージェントが一人一人に寄り添った転職サポート

選ばれる理由2

徹底した面接・職務経歴書対策で不安や悩みを解決!

選ばれる理由3

マイナビ会計士では全求人のうち約8割非公開求人です。

マイナビ会計士だけの非公開求人をご紹介します

Q

コンサルティングファームと監査法人の違いを教えてください。

コンサルティングファーム キャリアアップ 転職への不安

監査法人からコンサルティングファームへの転職を考えています。初めての転職なので不安なことも多いのですが、コンサルティングファームと監査法人では、業務や働き方など、どのような違いがあるのでしょうか。 (20代 男性)

会計士専任キャリアアドバイザーの回答 会計士専任キャリアアドバイザーの回答

A

会計士専任キャリアアドバイザーの回答

コンサルティングファームと監査法人は、同じ会計系の業務を扱う職種ですが、実際の業務内容や働き方の面で違いが多数あります。

まず業務内容としては、監査法人は監査業務がメインなのに対し、コンサルティングファームでは、監査以外にかかる会計のコンサルティング業務がメインになります。どちらも企業を相手にする仕事ですが、監査法人のクライアントは上場・大手企業が中心なのに対し、コンサルティングファームは上場企業から中小・ベンチャー企業まで幅広いのが特徴です。

働き方としては、監査法人は一定の働き方が担保されており、繁忙期と閑散期が明確に決まっています。一方で、コンサルティングファームはプロジェクト単位での業務になるため、アサインするプロジェクトやそのフェーズによって、忙しさの波が異なります。

また、コンサルティングはクライアントの課題を見つけ、その課題を解決する仕事でもあるため、ポジションなどにもよりますが、業務時間は監査法人よりも長いことが多いようです。ただ、業務時間や仕事をする場所など、働き方の自由度は監査法人よりも高いことが多いです。

以上のような点を踏まえ、ご自身のやりたいことや、希望の働き方に合った転職先を選んでいただければと思います。

マイナビ会計士では、自分では調べることが難しい業界情報・企業情報を業界専任のキャリアアドバイザーがお伝えします。あなたの今後のキャリアを鑑みた上でご支援致しますので、まずはお気軽にご相談下さい。

ここで解決できなかった悩みを
会計士専任アドバイザーに相談したい方へ

コンサルティングファーム

この質問に関連する
転職成功事例

コンサルティングファーム
無料転職支援サービスに申し込む
求人を探す