1分で完了!無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職時期

公認会計士の転職に最適なタイミングとは?繁忙期を避け転職活動の進め方

転職活動を行うとき、一般的には自分が今勤めている会社と転職先企業の繁忙期を避けて行うのが当たり前ですよね。しかし、会計士は勤め先によって大きく繁忙期が異なります。それを知らずに転職活動を行うと「繁忙期のタイミングにあたってしまう」、「求人が多い時期が過ぎていた」など、さまざまな問題が起こる可能性があります。
希望する転職先や今の仕事の繁忙期、そして会計士試験のスケジュールを把握して、効率的な転職活動の進め方をご紹介します。会計士の方も試験合格者の方もぜひ参考にしてみてください。

公認会計士の
転職時期

公認会計士の転職に最適なタイミングとは?
繁忙期を避け転職活動の進め方

転職活動を行うとき、一般的には自分が今勤めている会社と転職先企業の繁忙期を避けて行うのが当たり前ですよね。しかし、会計士は勤め先によって大きく繁忙期が異なります。それを知らずに転職活動を行うと「繁忙期のタイミングにあたってしまう」、「求人が多い時期が過ぎていた」など、さまざまな問題が起こる可能性があります。

希望する転職先や今の仕事の繁忙期、そして会計士試験のスケジュールを把握して、効率的な転職活動の進め方をご紹介します。会計士の方も試験合格者の方もぜひ参考にしてみてください。

会計士の転職で知っておくべき仕事内容の違いと繁忙期

会計士の転職で知っておくべき仕事内容の違いと繁忙期
4業種毎の年間業務スケジュールと繁忙期
  • 監査法人

    監査法人

    監査法人

    監査法人

    半期、期末に向けた監査業務を行います。そのため、多くの企業が決算を迎える3月、半期の9月などが年間で一番の繁忙期となります。その直後が閑散期といえる期間です。

  • 事業会社

    事業会社

    事業会社

    事業会社

    経理、財務、経営企画などに勤務します。
    経理であればその企業の決算に向けて毎月伝票起票、請求、支払い、税金の申告などの業務を行っていきます。財務は銀行の融資や株式発行などでの資金調達・運用、管理を行います。経営企画はまさに中長期の経営を企画していきます。ヒト・モノ・カネ・情報を各部署と接続しながら、企業戦略を描くことで企業の未来を作っていきます。市場分析、競合調査という対外的な視点と、ヒューマンリソースなどの内的視点を組み合わせます。

    経理: 該当企業の決算前時期が繁忙期となります。その直後が閑散期です。他、月末月初などの請求処理は繁忙期といえます。
    財務・経営企画: 該当企業の決算前後が一番の繁忙期、半期、四半期など〆を迎える前後に経営会議が行われますので、そのタイミングの1~2カ月前が繁忙期となります。経営会議で案が本決まりになって稼働し始めて1カ月程度でようやく落ち着きが出てきます。

    このように所属する部署によって同じ会計士資格を持っていても、かなり業務内容や繁忙期が異なってきます。

  • コンサルティングファーム

    コンサルティングファーム

    コンサルティングファーム

    コンサルティングファーム

    コンサルの領域にもよりますが、上記事業会社の該当する項目の改善提案を行います。経営コンサルティングであれば経営企画が行うような、ヒト・モノ・カネ・情報を各部署と接続しながら戦略を描き、それをクライアントに提案し、場合によっては一緒に改善のための運営を行っていきます。上記、事業会社の該当する項目(経営・財務会計など)の繁忙期の前後に提案するため、その前の数ヶ月~半年などが繁忙期となります。
    基本的には中長期戦略を打ち出す決算期の数カ月前~1年前に依頼され、一定期間をかけて見直しやその改善を行っていくため、クライアントの依頼時期によってずれ込みますが、基本的には決算前が忙しい傾向にあります。

  • 会計事務所
    税理士法人

    会計事務所税理士法人

    会計事務所税理士法人

    会計事務所・税理士法人

    一般的な企業会計を行うため、事業会社の会計とほぼ同じ業務となります。しかし、依頼される企業数が非常に多いため、12月から徐々に忙しくなっていきます。繁忙期としては、確定申告期間と期末決算、半期決算の前が繁忙期となり、1月~3月、8月~9月あたりとなります。

会計士の求人トレンド、会計士試験を押さえておこう!

例年、第Ⅰ回短答式試験は8月から願書配布され、9月中旬までに願書提出となります。そして12月上旬に試験があり、合格発表が1月となります。ここから取得見込みで転職活動に動き出す人も多いです。二次試験である論文式試験は8月末にあり、11月合格発表となります。8月の試験前後から動き出す人がかなり多くなるため、求人トレンドはその頃に盛り上がりを見せます。

8月から求人数が多くなるので、転職を希望する方にとっては企業を選べるがライバルも多いという状況になります。参考にしたいスケジュール感をまとめると、転職者が転職市場に出るのは試験後の9月時期確定申告前の12月~1月。その頃に求人が増加するため、採用数も増える傾向があります。確定申告が終わった3月で退職する方も多いため、人材の入れ替えが発生します。その頃に監査法人や会計事務所での採用が増加する傾向があります。

「今すぐ転職したい」方も「いつかは転職したい」方も
私たちマイナビ会計士の専任キャリアアドバイザーにご相談ください。

目次
ご提供コンテンツ
▼転職サポート申し込み

∟キャリアのご相談

Copyright © Mynavi Corporation

アクセスマップ