マイナビ会計士

20代 男性 キャリアアップ 金融機関(銀行・証券・信用金庫)

監査法人で働いてきましたが、投資銀行への転職を考えています。転職に当たって、投資銀行では何が重視されているか知りたいです。ちなみに、私は20代男性なので年齢で不利になることはないと思います。

質問への回答

質問者様がどの部門を目指しているのか分からないので、一般的な傾向として解説します。まずフロント業務の場合、公認会計士としての知識よりも、市場の動向を的確に読み取り、迅速な判断を下していく「判断力・思考力」が何よりも問われます。やりがいは大きい仕事ですが、責任も大きいです。業務の性質上、公認会計士の資格は必ずしも必要ではなく、有名大学出身者など優秀とされる人がこぞって応募しますので、競争率は高くなります。フロントの業務を志望されるなら、ご自身の「頭の良さ」をアピールすることに注力してください。

一方、ミドルやバックの業務は、知識や経験がとても重視されているようです。バックの中でも、ファイナンスと呼ばれる経理・財務部門なら、公認会計士の資格・監査法人での実務経験はとても高く評価されます。これまでの経験・知識を活かしたいなら、ミドルやバックの求人を中心にエントリーしてみてはいかがでしょうか。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリング・職務経歴書の作成、面接対策もサポートしています。現在のご状況を伺った上であなたの今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事に関連する会計士の「金融機関(銀行・証券・信用金庫)」の転職Q&A

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する