マイナビ会計士

30代 男性 キャリアアップ コンサルティングファーム

大手監査法人で5年間、監査業務に従事してきました。経験も知識もついてきたので、コンサルティングファームへの転職を考えていますが、私の経験や知識を生かすためにコンサルティングファームの選び方を教えてください。

質問への回答

コンサルティングファームと言っても、どんな領域の案件を扱うかで違いがあるので、監査業務の経験が生かせそうなコンサルティングファームについて解説します。

●総合系
企業・事業戦略の策定、システム構築、業務改善など、企業の根幹となる部分を主に手掛けます。会計事務所を出自に持つファームが多いため、会計系とも呼ばれます。

●戦略系
M&Aなども含めた大規模な経営戦略の策定を行います。主要顧客は大企業、外資系企業です。

●企業・事業再生系
業績が著しく悪化している企業を対象に、立て直しを図るためのコンサルティングを行います。

それぞれの領域で、何が必要とされるか考えてみましょう。「総合系」は業務に関する深い知識が必須です。「戦略系」では、会計系の分野にとらわれない知識や、柔軟な思考力が必要とされます。「企業・事業再生系」では、“なぜ問題が起こったのか” ”どう対処すべきか”という問題解決能力が何よりも重要視されます。

監査業務の経験をダイレクトに生かす、という意味では、総合系のコンサルティングファームをおすすめします。ただし、どの領域のコンサルティングファームでも、クライアントの要望を聞きだし、適切な答えを提示する意味でコミュニケーション能力は必要不可欠です。「人と話すのが得意だ」というのは大きなセールスポイントになります。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーが各領域毎の詳細な情報もお伝えできます。現在のご状況を伺った上であなたの今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事に関連する会計士の「コンサルティングファーム」の転職Q&A

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する