マイナビ会計士

20代 男性 会計士試験合格者 転職への不安

公認会計士試験は、試験合格者が増加したため、転職が厳しくなっているといわれ、青ざめています。本当に影響があるのかどうか、そして、その中でいいご縁をいただくためにはどうすればいいか教えてください。

質問への回答

実は、監査法人に限らず、日本全体が人手不足に陥っていることはご存知でしょうか?厚生労働省の調査によれば、平成28年4月の有効求人倍率は1.34倍となっています。つまり、100人就職したい人がいるのに、134件求人があると考えると分かりやすいでしょう。なお、この有効求人倍率は特定の産業を対象としたものではありません。監査法人においても、人手不足は深刻といわれています。

試験合格者が増えているのに人手不足なのは、監査業務における作業量が増加していること、監査業務以外でも公認会計士・公認会計士試験合格者を必要とする業務が増えていることがその理由です。大手監査法人でも、科目合格者の方を時短勤務などの条件付きで雇用するのは珍しくありません。

「どうしてもここでしか働きたくない」というこだわりさえなければ、何か月も就職が決まらなくて困る、というケースはまれでしょう。それでも、よりご自身の希望に近い職場で働くためには、「自分がこれからどんな仕事をし、どんな人生を歩んでいきたいのか」について、しっかり考えてみることがとても大事になります。そこから、監査法人や企業に伝わる志望動機が導き出せ、いいご縁につながるはずです。青ざめる気持ちもわかりますが、やれることを着実にやっていけば、青ざめる日々が続くわけではないので安心しましょう。

マイナビ会計士は、会計業界専任のキャリアアドバイザーが無料で転職サポートを行なう転職エージェントです。転職活動において不安に感じていることがあれば、お気軽にご相談下さい。

この記事に関連する会計士の「20代 男性」の転職Q&A

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する