マイナビ会計士

30代 男性 キャリアアップ 会計事務所・税理士事務所 監査法人 転職への不安

現在、一般企業の経理として働きながら、公認会計士資格の取得を目指して勉強しています。試験に合格した後のキャリアプランをどうするか考え中です。このまま一般企業の経理としてキャリアを積むか、監査法人や税理士法人・事務所に転職するかで迷っています。そこで、会計士資格を生かせる職場とその特徴について教えてください。

質問への回答

公認会計士資格を生かせる職場として、一般企業の経理職、監査法人、税理士法人・事務所などが挙げられます。監査法人の場合、最近は通常の監査業務に加え、アドバイザリー業務に力を入れているところが多くなっています。一般企業経理職の経験があるなら、アドバイザリー業務の求人を中心に応募してみるといいかもしれません。経理の知識を有する人材として、先方に興味を持ってもらえる可能性が高いからです。

税理士法人・事務所の場合、一般企業の経理職経験よりは、税理士試験の科目合格や、「税理士として仕事をしたい」という意欲が重視される傾向があります。将来、税理士資格を取得し、税理士業務を手掛けたいのであれば良い経験になりますが、そうでない場合、優先順位は低くなるでしょう。

また、一般企業経理職の場合、これまでの経験を生かして、より高いポジションへの転職が可能となります。経理マネージャーなど、管理職への栄進も夢ではありません。経理のスペシャリストを目指すお考えがあるなら、検討する価値はあるはずです。

将来どのようなキャリアを開拓したいのかによって、最適な職場は異なります。試験が終わったら、まずは「自分はどうしたいのか」について考えることをおすすめします。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーが、現在のあなたのご状況を伺った上で今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事に関連する会計士の「会計事務所・税理士事務所」の転職Q&A

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する