戦略コンサルティングファーム|コンサルティングファーム

戦略コンサルティングファームの市場動向
|コンサルティングファーム

近年、企業の経営や経営に関する戦略に興味がある人々から、キャリアアップのための転職先として人気が高い業種が戦略系コンサルティングファームです。業務の内容としては、企業が直面している問題を解決するための戦略を練って提案し、業務が改善するようにさまざまなコンサルティングサービスをおこなうというものです。

この場合のコンサルティングサービスとは、新規事業の立ち上げや他社とのM&Aにおける戦略構築、M&Aの際のサポートなど多岐にわたります。以前はこのようなサービスを経営陣やマネジメント層といった企業のトップに対して行うのが一般的でした。しかし最近では実際に企業の中に入って実行のプロセスにもかかわるという企業が増えてきています。

戦略コンサルティングファームの採用ニーズ
|コンサルティングファーム

昨今の景気好転の影響もあり、戦略系コンサルティングファームからは職務経験が豊富な人材だけでなく、素養を重視した若い人材に対する求人も多く出ています。戦略系コンサルティングファームの求人では、コンサルティング業界での経験がない場合には新卒・第二新卒など若年層へのニーズがあります。

公認会計士の資格を取得した方でコンサルティングファームでの経験がない場合には、20代を中心とした高学歴者や知識のある方が求められています。しかし経営分野に近い経理や税務の知識は、コンサルティング業界でも必要とされるものなので、コンサルティングの知識や業界で求められるスキルを習得することで、希望の企業への転職の可能性が高まります。

戦略コンサルティングファームで求められるスキル・能力・経験
|コンサルティングファーム

さまざまな面でのサポート業務が求められる戦略系コンサルティングファームでの仕事には、専門的な知識や経験だけではなく論理的思考力や強い精神力、コミュニケーション力などの総合的なポテンシャルが重視されます。特に監査法人などの落ち着いた職場で働くことが多い公認会計士に対しては、強いメンタリティを試されることもあります。問題解決やプレゼンテーションに欠かせないロジカルシンキングについては、採用試験時のケースインタビューで判断されることが多いようです。また企業のトップとのやり取りだけでなく実際の現場に赴くこともあるため、今まで以上にコミュニケーション能力を求める企業が多くなってきました。

戦略コンサルティングファームの給与水準|コンサルティングファーム

給与の面では企業の規模や職位によって大きく変わってきますが、職位の低いアナリストでも年収500万円以上という企業が多くあります。また新卒や第二新卒の方が数年アナリストとして勤務し評価が上がっていくと、年収1,000万円も夢ではありません。

戦略コンサルティングファームのキャリアステップ
|コンサルティングファーム

戦略系コンサルティングを行う企業での役職を大別すると4つあります。新卒や第二新卒、コンサルティング未経験の方などが入社後、配属される職位はアナリストが一般的です。アナリストはその名前どおり情報の収集や分析が主な仕事になります。アナリストとして経験を積んだあとには、プロジェクト実行の中心的存在であるコンサルタントを経て、クライアントとコミュニケーションをはかりながらプロジェクトをリードするマネージャー、総括責任者であるパートナーへとキャリアアップをしていきます。

戦略系コンサルティングファームでは幅広いサポートを求められるうえに、戦略の立案からその実行と成功までがプロジェクトの一環と考えられるので、プロジェクトが進行している間は残業をすることも少なくはないようです。

戦略コンサルティングファーム|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

非公開求人

マイナビ会計士では、全求人のうち約8割が非公開求人です。サイトなどでご覧いただける求人は、ほんの一部にすぎません。

サービスの流れ
会計士の転職・求人・募集|マイナビ会計士

TEL:03-3538-6211 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

アクセスマップ