業務&業界特化系コンサルティングファーム|コンサルティングファーム

業務&業界特化系コンサルティングファームの市場動向
|コンサルティングファーム

業務&業界特化系コンサルティングとは、特定の業務や特定の業界に特化してコンサルティング業を展開するサービスのことで、製造業やリスクマネジメント、WEB活用など幅広い分野で競争が激しく変化が大きい環境を勝ち抜くために、それぞれの分野の専門家が集結している企業を指しています。会計士や税理士の資格を取得している方の中でも、業務&業界特化系コンサルティング業界でスキルを生かせる場合とあまり生かせない場合があるでしょう。また、生かせる場合にも、市場動向や採用ニーズ、給与など気になることが多くあるのではないでしょうか。また、あまり生かせない場合には、どのような業務に携わりながら働くのが最適なのかを見ていきます。

業務&業界特化系コンサルティングの市場動向ですが、現代のコンサルティング業界の成長は目覚ましく、日本国内だけでなく海外での活躍が期待できる人材が求められる傾向にあります。企業を陰で支える役割が大きいコンサルティングの立場の中でも、業務&業界特化系コンサルティング業で成功するためには、日々進化するIT業界をはじめ幅広い分野への関わりが大切です。

会計士や税理士は、財務や税務のプロフェショナルとして、起業に欠かせない存在となります。資格を生かしながらコンサルティング業界へ貢献する必要があり、経費についての助言を始め経営の軸となる部分に対する的確なアドバイスが求められます。成長がめざましいことで業務の多種多様化が伺えるコンサルティング業界ですが、業務&業界特化系コンサルティング業は、限定された業務や業界についての支援が求められ、アドバイザーとしての役割も大きいことから、今持っている自分の能力を即戦力として生かしやすい職業となります。

業務&業界特化系コンサルティングファームの採用ニーズ
|コンサルティングファーム

若い人材でも活躍できるチャンスがあるので、幅広い業界で働ける可能性があります。製造業や製薬メーカー、小売りや流通業界に特化したメーカー、金融業界や官公庁に加え地方自治体に特化したファームが多いのが、業務&業界特化系コンサルティングの強みです。そのようなことから自動車業界や携帯電話を含む通信メディア業界など、経営状態が安定した職場で働ける可能性が高く、自分が望むような専門性が高い業界を早い段階で見つけられる方が、業界での成功を収められる人材となるでしょう。

これからの成長が期待できる若い方だけでなく、年齢を重ねた数々の実績のある人材を求めて積極的に採用している企業も多くあります。自分の持っている才能やスキルを生かせる可能性があるコンサルティング業となりますので、会計士や税理士としての自分だけでなく、持っている資格を生かしながら広い活躍が期待できる場所を探すことが大切です。

業務&業界特化系コンサルティングファームで求められるスキル・能力・経験
|コンサルティングファーム

即戦力として企業に貢献できる人材であることを見極めるために、スキルや能力、経験を求められるケースもありますが、会計士や税理士の知識に加えた新たな自分の武器を持っている人材はどのような現場でも輝けるでしょう。

特に必須項目となることが多い英語を始めとした語学力は、近年の海外企業との取引や外国人経営者の増加によって、日本国内でのやり取りだけでなく、海外出張や海外赴任がある可能性を考えると、欠かせません。日常会話ができるのは勿論ですが、ビジネス上でも意思疎通ができるようにする必要がありますので、資格取得を含めた明確なスキルの提示が採用試験時の自己アピールにも役立ちます。

とはいえ、税務や財務、語学に優れていれば業務&業界特化系コンサルティング業界で活躍できるとは限らず、多くのクライアントを抱える仕事柄、顧客とのやり取りは勿論、社内の人間関係にも気を配る必要があります。問題を解決する判断力や、仕事を的確に迅速に進める能力などが求められますので、自分だけが評価され出世できれば良いと考えて仕事していては、良い結果に繋がるような仕事とは出会えないでしょう。

社内からもクライアントからも信頼される人材になれるように、誠実に仕事に取り組む姿勢や謙虚さを忘れないようにするのが大切です。加えて人との関わりが多い分、大きなストレスや精神面が疲れやすくなる場合がありますので、心身共に健康に気を付けられる体力や忍耐力を養うことも重要なポイントになります。頼まれたことを全て引き受けるような仕事の仕方ではなく、適度に自主的に休暇を設けるなどの工夫をして、程良い距離間で業務と向き合う姿勢が長く続けるコツです。

業務&業界特化系コンサルティングファームの給与水準
|コンサルティングファーム

業務&業界特化系コンサルティングは、入社後すぐでもすでに月収25万円程度が相場となっており、転職時はそれ以上を見込むことができるでしょう。その金額に賞与が加算されますので、仕事が忙しく休日出勤などをするケースがあった場合にも収入面では充実した生活が送れるでしょう。

その後、経験や実績を重ねていきますと、最終的には月収50万円程度、賞与200万円などに増額できる可能性もあり、年収1,000万円台を維持する人材も珍しくありません。仕事の内容が激務である場合が多く、責任重大な決断を強いられることもある業務&業界特化系コンサルティングですが、資格を生かした働き方としてやりがいのある仕事となります。

男女問わず活躍できる仕事で、給与面においても女性でも高収入を得られるケースや高い地位の役職で働ける機会は十分あり、年齢を重ねても需要がある仕事ですので、男女年齢を問わず携われるのが、業務&業界特化系コンサルティングです。

業務&業界特化系コンサルティングファームのキャリアステップ
|コンサルティングファーム

長く働いていることで考える時期が必ず訪れるキャリアステップですが、税理士や会計士の資格を有する業務&業界特化系コンサルティング業の場合、会計系コンサルティングファームやシステム・戦略系コンサルティングファームでの活躍が期待できます。

会計系コンサルティングファームでは、税務会計業務に加えてコンサルティング業務に携われますので、今まで以上に自分の能力を発揮できるようになる、キャリアステップの成功例です。

システム・戦略系コンサルティングファームは、システムや経営に関するスキルにも優れている方に適したキャリアステップの選択に大手クライアントが多い特徴があるので、仕事を通して更なる人脈を広げることも可能です。

企業のトップクラスの役職の方と日々交流できる仕事である業務&業界特化系コンサルティングは、ただ依頼された業務を速やかに進めるのではなく、時には違う話を会話の話題にしながら、その人の本質を探る等の観察力を鍛えることも大切で、業務以外での新たな一面を見つけ出してアドバイスに生かすこともできます。自分次第で仕事の幅を縮小させることも拡大させることもできるのは、コンサルティング業の大きなメリットとなります。

業務&業界特化系コンサルティングファームの業務内容と特徴
|コンサルティングファーム

それでは税理士や会計士の資格があまり生かせない業務&業界特化系コンサルティング業に携わる場合には、どのような業務内容でどんな働き方があるのでしょうか。

就業先の業種によって異なりますが、税理士や会計士の資格があまり生かせない場合、その専門分野で求められていることについて、自分が持っている能力を発揮する必要があります。多種多様化が進んでいる業務&業界特化系コンサルティング業ですので、直接的に財務や税務の能力を表現できなくても、与えられた仕事の場面で自分をアピールすることは十分可能です。

時間を掛けてでも会計士や税理士としてコンサルティング業に携わりたい場合は、今ある現状に立ち向かう強い精神力や忍耐力を武器に、いつか評価される時を待つことも大切です。男性が多い印象がある業務&業界特化系コンサルティング業界ですが、女性ならではの視点からアドバイスできることも多く、結婚や出産をしても続けられるような柔軟性がある働き方を支援する企業が増えています。

残業が多く激務な印象が強い職種である業務&業界特化系コンサルティングですが、家族や自治体の便利な制度を賢く活用しながら、時短勤務やパートでの就業など、今までの経験や実績を無駄にしない働き方を推奨する場所を探して力を発揮するのがおすすめです。

この選択は業務&業界特化系コンサルティングに限らず、多くの女性が経験し通る道でありますので、一度自分の仕事のバランスを整える良い機会と考え、最優先項目を設けて仕事に携わると良いでしょう。配属先や就業先によっては、既に同じ悩みを通過した先輩従業員がモデルケースとなっている場合もありますので、常日頃から周囲の情報や人との関わりに関心を高めていますと、いざと言う時に欲しい情報を入手できることや手助けやヒントを貰えるはずです。好きな仕事を諦めずに続ける方法を模索しながら、少しでも社会に貢献できるようにすると今まで以上に業務&業界特化系コンサルティングの認知度が高くなるはずです。

業務&業界特化系コンサルティングファーム|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

非公開求人

マイナビ会計士では、全求人のうち約8割が非公開求人です。サイトなどでご覧いただける求人は、ほんの一部にすぎません。

サービスの流れ

アクセスマップ