マイナビ会計士

20代 女性 監査法人 転職への不安

20代女性です。会計士の先輩から、「大手監査法人もいいけど、中堅監査法人も様々な業務が経験できてためになる」と言われ、中堅監査法人への就職に興味がわきました。中堅監査法人に就職するメリットを教えてください。

質問への回答

一般的に、Big4と呼ばれる最大手、それに次ぐ規模の大手監査法人の場合、実際の監査業務は複数人からなるプロジェクトチームを組んで行います。事務所が大きくなればなるほど、プロジェクトチームの人数も増えるので、大手監査法人は業務が細分化されているのが実情です。長い期間働いていれば、一通りの業務は経験できる上に、社内研修制度もしっかりしているので、仕事が身につかないわけではありません。

一方、中堅監査法人の場合、最大手・大手の監査法人に比べると、かなり人員が少ないです。そのため、早くから重要な仕事を任せてもらえるチャンスが広がります。将来的に、公認会計士として独立したいと考えている方は、できる限り早く一通りの仕事を覚えられた方がいいので、早く仕事を担える中堅監査法人には大きなメリットがあります。

また、規模が小さい法人ほど、それぞれ組織のカラーが色濃く出てくるので、ご自身の価値観とマッチすれば、居心地のいい職場になりやすいと言えます。長く仕事を続けていくためには、居心地の良さも案外重要になります。反対にマッチしないと入所しても居心地が悪くなってしまうので、中堅監査法人への転職活動をする際には特に、Webサイトなどをくまなくチェックしてください。代表者のメッセージや組織のビジョンを熟読することおすすめします。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリング・職務経歴書の作成、面接対策もサポートしています。現在のご状況を伺った上であなたの今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する