30代公認会計士の人気業種とは? 気になる年収 転職事情など

会計士にとって、まだ30代は若手に属します。
では、そんな30代の会計士はどのようなキャリアを歩んでいるのでしょうか。
また、転職や年収事情などについても、気になる方は多いはずです。
ここでは筆者の経験も交えながら、30代会計士の知りたい情報をまとめました。

無料マイナビ会計士に申し込む

30代会計士の仕事観

30代の会計士の多くは試験に合格後、5~10年程度とそれなりの実務経験を積んでいる方が多いでしょう。合格年次が20代後半でも、既卒として職歴のある方は少なくありません。そのため、地頭の良さのみならず、これまでどのような仕事に取り組んできたのか、どんな案件を経験してきたかがキャリアのうえで重要になります。

30代会計士がキャリアアップや年収アップを目指すなら、現職でポジションを上げるのが一つの方法です。また、コンサルティングファームや投資銀行等におけるアドバイザリー業務の経験、あるいは高い英語力があれば、同業他社ないしは投資ファンドへの転職、起業、CFOなどのキャリアも開けてきます。

30代会計士に人気の業種・就業先

30代の会計士には、どんな業種や就業先が人気なのか。これから転職を含めたキャリアアップを考えるなら、ぜひ頭に入れておきましょう。

  • PEファンド

    20代のうちに投資銀行やコンサルティングファームで経験を積んだ方であれば、PEファンドへの転職も視野に入ってきます。ただし採用難易度は比較的高いので、絶対数としては多くありません。

  • スタートアップCFO

    最近では、スタートアップやベンチャーのCFOというキャリアも人気があります。ストックオプションを付与されていれば、年収面でもアップサイドが見込めるでしょう。

30代会計士の給与・年収

続いて、30代会計士の平均的な年収について見ていきましょう。

  • 30代
    前半
    の給与・年収

    年収1,000万円

    30代前半で監査法人に在席している場合は、シニアスタッフ後半からマネージャーになるタイミングです。年収は1,000万円前後が多いでしょう。監査法人以外で好待遇の業界(投資銀行、ファンド)であれば、年収1,000万円を超えることも珍しくはありません。

  • 30代
    後半
    の給与・年収

    年収1,200~2,000万円

    30代後半で監査法人にとどまっている人なら、シニアマネージャー程の職位になります。この場合、年収は1,200万円前後になるでしょう。監査法人以外であれば、2,000万円の大台に乗っている人もそれなりにいるはずです。

30代会計士の転職情報

30代となって転職を考え始めている会計士は少なくないでしょう。実際の転職事情はどうなのか、ここで詳しく解説します。

30代会計士に需要はある?

監査業務以外の経験(M&Aやコーポレートファイナンス、コンサルティングファームなど)があり、かつ英語力をそれなりに持っていれば、非常に高いニーズがあります。

30代の会計士が転職する際に気を付けるポイント

監査法人を出るのであれば、遅くても32歳くらいまでが望ましいでしょう。なお、転職する際は資格よりも、実際の職歴や経験業務を基礎にアピールすること大切です。

転職するなら何歳頃が良い?

一般的には、会計士が転職するなら34歳頃までが良いでしょう。しかし、人によって転職を検討する理由は多様なため、一概にいつが最適とは言えません。30代後半でもシニアポジションで転職することができます。

30代会計士の転職理由

一般的に多く見られる30代会計士の転職理由には、以下2つが挙げられます。

  • スキルアップ

    独立を見据えてスキルをつけるため、異なる環境への転職を志す方は少なくありません。

  • 環境変化

    投資銀行やファンドに在職しているものの、家庭との両立や体力との兼ね合いなどから、比較的ワークライフバランスなどの整った環境を志向している(事業会社やスタートアップなど)ケースもあるでしょう。

30代会計士の転職体験談

転職を具体的にイメージできるよう、最後に30代会計士の転職体験談を2つご紹介します。

voice1

30代会計士の転職体験談①

大手監査法人、そして上場会社の経理職を経てFASに内定。監査法人のアドバイザリー部門とFASの組織体制の違い、また、各社の特徴を理解しつつ転職活動に挑み、無事に内定を獲得しました。

voice2

30代会計士の転職体験談②

大学在学中に公認会計士試験に合格。その後、大手監査法人での監査業務(8年)を経て保険会社の経理に転職しました。転職先はマザーズに上場しており、今後は一部上場を目指している保険会社。そのため、今後の成長を見込んで転職に踏み切り、無事に内定を獲得しました。

まとめ

30代の会計士はキャリアの軸がある程度か溜まってきた段階と言えるので、自身の専門性と併せてキャリアアップを図るのが最適です。会計士バックグラウンドのある方は職歴がしっかりとしていれば好感を持ってくれる企業も多いです。

Kaoru Hanayama(ペンネーム)

公認会計士、日本証券アナリスト協会認定会員

公認会計士、日本証券アナリスト協会認定会員。監査業務やM&Aアドバイザリー(投資銀行)、投資ファンドなどに従事。

あなたが理想の会計士になるまで、
私たちは全力でサポートいたします。

マイナビ会計士では、ご登録後あなたの希望する転職の条件をお伺いし、
条件にマッチした企業をご紹介いたします。また、一般に公開されていない企業の生の情報を知ることができます。
他にも、面接対策や、履歴書・職務経歴書の添削、面接の日程調整や内定後の入社サポートなど転職成功へ導くために徹底的にサポートいたします。

簡単3分で完了

無料転職サポートに申し込む