マイナビ会計士

事業会社経理から、監査法人への転職に成功

監査法人

31歳 男性

事業会社経理から、監査法人への転職に成功

  • 転職前

    業種
    事業会社
    業務
    経理
    年収
    650万円
  • 転職後

    業種
    監査法人
    業務
    監査業務
    年収
    560万円

転職へ至った経緯・課題

大学ご卒業後、メーカーの工場にて生産管理のポジションにて就業していらっしゃいましたが、会計士を目指し、退職されました。

その後、会計士試験に合格されましたが、監査法人の採用氷河期にあたり、ご縁がなく、事業会社の経理ポジションにて就業されました。

5年が経ち、改めてご自身の今後のキャリアを見つめ直した際に、会計士としての専門性を活かしたキャリアを形成していきたいと思い、監査法人で会計監査業務に就くことを目指し、転職を決意されました。

内定までの流れ

最初に面談させて頂いた時点では、キャリアチェンジへの不安もあり、ご自身としても方向性を定めかねているところもございました。

ご面談後に何度かお話をさせて頂き、今後のキャリアについて何を重視していきたいのかを棚卸しさせて頂きました。

その結果、実際にご応募される際には、ご自身の目指す道が明確になっていた為、ご面接の中でもご自身のお気持ちや熱意をしっかりお伝えをして頂くことが出来ました。

複数社へご応募されましたが、結果としては第一志望の法人からご内定を獲得されました。

キャリアアドバイザーから見る転職成功ポイント

ご相談に来られたタイミングでは、事業会社での経験が長い点から監査法人へのご転職は難しいと考えていらっしゃいましたが、現在の監査法人の採用意欲が高いことをお伝えし、チャレンジをして頂きました。

また、単に監査法人であればどこでも良いという訳ではなく、求職者様の将来像からどの法人でキャリアを積む事がベストかという点をお話させて頂き、ご入社後のイメージも持っていただいた為、選考段階からどの法人が一番良いのかという観点での見極めもして頂くことが出来ました。

結果、内定を獲得してからも不安に感じていらっしゃる点もなく、ご入社の決断をして頂くことが出来ました。

簡単3分で完了無料転職サポートに登録する