マイナビ会計士

システムコンサルティングから会計コンサルティングへ

コンサルティングファーム

29歳 男性

システムコンサルティングから会計コンサルティングへ

  • 転職前

    業種
    会計系システムコンサルティング
    業務
    -
    年収
    470万円
  • 転職後

    業種
    準大手会計コンサルティングファーム
    業務
    IPOコンサルティング
    年収
    470万円

転職へ至った経緯・課題

K氏は会計士試験に合格した時期が監査法人が採用を絞っていた時だった為、他の会計士のように監査法人には進まず、以前から興味のあった会計系のシステムコンサルティングを行っている会社にご入社されました。

ご入社後はシステムコンサルティングやSE的な業務をご担当されておりましたが、会計士としてのキャリアを考えご転職を選択肢の一つと考え、ご相談に来られました。

相談の中では監査法人やコンサルティングファーム、事業会社等幅広くお話をしましたが、今後会計士としてスペシャリストの道を歩みたいという気持ちが強く、監査よりももっとクライアントのためになれるのではないかという思いのもとコンサルティングファームにしぼってご転職活動を行うこととなりました。

内定までの流れ

会計系コンサルティングファームは現在多くあり、求人票上ではご本人もどのファームが自分にあっているのかわからない状況だったため数多くのコンサルティングファームをお受けになり、ご自身の目でどこが自分にあっているのかをジャッジするというはこびになりました。

そのため、面接を7社程度受け、多くのファームのマネージャー陣や役員とお話をされております。お人柄やコンサルティングをやっていきたいというお気持ちがしっかりとおありの方でしたので、多くのコンサルティングファームからいいお返事を頂くことが出来ました。

その結果、一番業務内容や社風に魅かれた準大手コンサルティングファームをお選びし、ご入社にいたりました。

キャリアアドバイザーから見る転職成功ポイント

K氏の転職成功ポイントはお若いながらも冷静に長いキャリアを考えることができた点だと思います。面談にお越しになった際はご転職が絶対というわけではなく、漠然と自身のキャリアに対しての不安をお感じになっていらっしゃいました。

お話の中では現職にとどまることも一つの選択肢というお話や、転職市場の状況や今後のキャリア等幅広くお話をしたところ、長い目でみたときのキャリアに対して若い今だからこそ何をやっておくべきか等ご自身でお考えになり、ご転職という選択に踏み切りました。

今の会社も決して嫌いではないのでいようと思えばいれるとのことでしたが、長いキャリアと今の自分の置かれている状況等を冷静に考え、ご年齢的にご転職がしやすい市場のときに思い切って動かれていらっしゃいます。転職先も自身の目でしっかりと見極め、まわりに流されることなくご選択されており、終始ご自身の意志の強さを感じました。

簡単3分で完了無料転職サポートに登録する