マイナビ会計士

事業会社の経理からコンサルティングファームへの挑戦

コンサルティングファーム

34歳 男性

事業会社の経理からコンサルティングファームへの挑戦

  • 転職前

    業種
    一般事業会社
    業務
    経理
    年収
    660万円
  • 転職後

    業種
    コンサルティングファーム
    業務
    アドバイザリー
    年収
    700万円

転職へ至った経緯・課題

大学在学中に会計士論文式試験に合格され、卒業と同時にファーストキャリアとして大手監査法人へご入社されました。

新卒で5年間、監査業務に従事されインチャージのご経験もされた後、作り手側を経験したいという考えから2社目の事業会社へご転職され、以来6年半経理部門にてお勤めでいらっしゃいました。

前職の事業会社に対して大きな不満があった訳ではなく、一通りの経験を積んできたことで、今後の会計士としてのキャリアを考えた際により専門性を磨いていきたいと考え、転職を考え始めました。

内定までの流れ

ご転職活動の開始当初はより規模の大きな事業会社で、会計士が多くいる経理部門へのご転職も考えていらっしゃいました。ただ、前職も上場企業であったため、規模を大きくする事で専門性が磨かれるのだろうかという点に不安をお持ちでした。

ただ、ご結婚されており、ワークライフバランスが保てる職場環境を求めていたため、規模の大きな事業会社か、専門性が高められる会計系コンサルティングファームのどちらに対しても応募の一歩が踏み出せない状況でいらっしゃいました。

そこでコンサルティングファームの中でも比較的残業が少ない企業をご提案し、そちらで無事内定を獲得され、ご入社を決められました。

キャリアアドバイザーから見る転職成功ポイント

一般的にコンサルティングファームは残業が多く、就労環境と専門性を両立させることが難しい業態です。

ただ、求職者様との面談の中で転職における優先順位の棚卸しをさせて頂き、専門性においてもどの程度突き詰めたいのかという点をお伺いさせて頂きました。

この度の決定企業としては、他のコンサルティングファームに比べると専門性や難易度は劣るものになりますが、会計士だからこそ携われる仕事ではあり、当該求職者様にとっては希望をバランスよく叶えられた企業となり、このご縁にもご満足頂ける結果となりました。

簡単3分で完了無料転職サポートに登録する