1分で完了!無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職・求人 トップ > 監査法人への転職 > 監査法人の志望動機、面接対策について

監査法人の志望動機、面接対策について

監査法人の志望動機、面接対策について

知っておけば合格可能性UP!監査法人の志望動機、面接対策

知っておけば合格可能性UP!監査法人の志望動機、面接対策

一般的な転職活動の際に、志望動機や面接対策などの準備が重要なのは知られていますが、監査法人の転職活動においてもそれは同様です。
さらに監査法人は非常に人気が高い業界であるため、転職活動では徹底的に志望動機の作成と面接への準備をしておく必要があります。ここでは、そんな監査法人の転職活動において、自分が選ばれる人材になるための志望動機、面接対策の行い方をご紹介します。

書類も面接も通過しやすい志望動機を作るポイント

書類も面接も通過しやすい志望動機を作るポイント

まず、説得力のある志望動機に必要な3つのポイントをご紹介します。

1.業界内のカテゴリを把握する
2.その法人でしかやっていないことを探る
3.その法人が求める人材像に合わせてアピールを変える

1つずつ詳しくご紹介します。

1.業界内のカテゴリを把握する

監査法人はさまざまなカテゴリに分類されますので、まずはその点を把握することが重要です。

監査法人は、一般法人と同じように大手、中堅、個人に分かれていますが、それ以外に特化したカテゴリが存在しています。外資系・金融系・会計系・コンサルなどに分かれ、同じ業界内でも異なる特徴を持っています。

一般的な対策だけで監査法人へ転職するのが難しいのは、その業務の違いがわからないことが挙げられます。法人の特徴は志望理由の根幹ともなる部分ですし、書類選考のときはもちろん、面接の場でも質問の材料として使われます。
対策をしておかなければ、志望動機を見ても「本当にうちを志望しているのか?」と感じ取られ、評価に響く場合もあります。また、面接に進めたとしても法人の魅力などを語れずに困ることもあるでしょう。少し突っ込んだ質問をされると答えられなくなってしまう可能性も高くなります。

面接で困らないためにも、ひとつひとつの法人に合った志望動機を準備しましょう。

2.その法人でしかやっていないことを探る

監査法人の業界内でのカテゴリを把握したら、次はそれぞれの法人について研究します。
実はどの法人も事業会社の税務、国際税務や連結納税などを行っているため、事業内容を見ても違いが理解できない方も多いのです。

カテゴリ内の監査法人ごとにどのような特徴を持っているのか、業務内容や取引先などを徹底的に調べて対策しましょう。

そして、自分にフィットするかどうか、その法人に合う自分の強みが何かを考えておくとスムーズです。その上で自分が応募する法人と応募しない法人に分けておきます。これは後々、面接対策をするときに役立ちますのでぜひ試してみてください。

3.その法人が求める人材像に合わせてアピールポイントを変える

その監査法人が何の業務に力を入れているのか、方向性としてはどこに向かっているのかを把握したら次のステップに進みます。そこまで研究できれば必然的に求める人材像も明確になっているはずです。自分がその法人に採用されるにはどんな能力が必要になるかを逆算し、自身の強みとしてアピールしていきましょう。

このようにして3つの準備が終わったら、いよいよ志望動機をまとめていきます。

志望動機のまとめ方のコツも2つご紹介します。

1.箇条書きでまとめる
最初に箇条書きで要点をまとめておき、そこに文章を肉付けしていくほうが簡潔で論理的な文章を作ることができます。

2.結論から始める
仕事柄、結論の把握を急がれる方が多い可能性もあるため、結論は最初に書くのが大切です。面接のときも同様ですので訓練しておきましょう。

志望動機を作成するための3つのポイントを押さえて作成し、まずは書類を通過できるように準備していきます。

面接対策の必須ポイント

面接対策の必須ポイント

監査法人は人気業種のため、業界の研究や法人研究が済んでいない状態で面接に訪れる方も多くなります。そのため、「どうしてA法人ではなく当法人を選んだのか」という少し答えづらい質問されることもあるでしょう。

また、監査法人にもよりますが、淡々と質問をされる、語調を強めるなどの面接もありえます。そのような想定していない質問をされたときに気を動転させずに対応するにはどうしていけばよいか、3つのポイントをご紹介します。

1.書類選考で出した志望動機をコピーしておき想定質問を作っておく
2.模擬面接を行っておく
3.雰囲気が悪かったとしても気にしすぎない

上記ポイントをそれぞれ解説していきます。

1.書類選考で出した志望動機をコピーしておき想定質問を作っておく

まずは自分が出した書類選考の情報をコピーしておき、質問が来るのではないかという想定の質問に対して答えを作っておきます。

志望動機に対しては「当法人は他の法人とどこが違うと捉えていますか?」という質問など、
比較するような質問が頻出します。これは、他の法人との差を話して法人理解が進んでいることをアピールできます。

コンサル色が強い監査法人で志望動機を伝えた場合はこんな質問が想定されます。
「なぜコンサルティング会社ではなくて当法人を希望しているのですか?」
コンサル企業とやれることの違いを理解しておき、伝えることが大切です。

このように、志望動機を違う角度から聞かれることが多いため、徹底的な準備が必要になります。同じ質問に対して5回なぜと聞かれても答えられるような準備をしておくとよいでしょう。

事前の対策が不充分のまま面接を迎えてしまうと面接中にパニックになってしまう可能性もありますので、必ず事前に準備をしておくのがおすすめです。

2.模擬面接を行っておく

頭ではそう思っていても雰囲気にのまれてしまうケースもあります。不安な方は模擬面接を受けておくのがおすすめです。できれば社会人経験のある方に、面接官役をしてもらうと非常に効果的です。

厳しい面接の設定で模擬面接を行ってもらうのがよいでしょう。そのような面接を一度でも経験しておくと、本番を前に感覚をつかんでおくことができ、冷静に対応することができます。

3.雰囲気が悪かったとしても気にしすぎない

監査法人の面接は比較的淡々と行われることも多いようです。そのため、その都度相手の反応を気にしてしまうと、うまく結果が出せない場合があります。

面接中にニコリともしない、答えたことに対して同意をしてくれないなどの場合でも、あまり気にしすぎずに話しましょう。大切なのは芯をぶらさずに、自分の思ったことを伝えていく力です。

ここでは監査法人に転職する際、徹底的に準備すべき志望動機、面接対策についてご紹介しました。徹底的に対策を講じて選考にチャレンジし、内定を勝ち取れるようにしましょう。

「今すぐ転職したい」方も「いつかは転職したい」方も
私たちマイナビ会計士の専任キャリアアドバイザーにご相談ください。

関連コンテンツ

アクセスマップ