マイナビ会計士

大手コンサルティングファームでトリプルアップを実現したい

コンサルティングファーム

27歳 男性

大手コンサルティングファームでトリプルアップを実現したい

  • 転職前

    業種
    監査法人
    業務
    監査業務
    年収
    500万円
  • 転職後

    業種
    大手コンサルティングファーム
    業務
    デューデリジェンス・アドバイザリー
    年収
    650万円

転職へ至った経緯・課題

T.Sさんは大学卒業後数年間会計士試験の勉強に励み、その後監査法人に入社された方でした。T.Sさんが監査法人を受験したその当時は、就職氷河期でありどこも採用人数が少ない状態でした。その中でも何とか少数精鋭の監査法人へ入社しました。

ただ、監査業務しか行うことが出来ない環境であり、その他の案件がなく、アドバイザリー業務を行いスキルアップしたいため転職を希望されました。ネックは、監査のみのご経験であり、アドバイザリーは未経験である点、会計士試験受験し始めてから合格するまでに時間を要してしまい社会人経験が同世代と比べ短いという課題がありました。

内定までの流れ

総合コンサルや戦略コンサル等だと上記課題の点もあるため、なかなか書類選考通過しにくい部分がございますが「会計士」という資格面を優遇してくださる様なBIG4系のコンサルティングファームの場合は書類選考の通過率が高まります。

そのため現時点で採用熱の高いBIG4系のアドバイザリー部門でのご応募を提案いたしました。勿論書類添削にはかなりの時間をかけて丁寧に行い、面接対策については2度以上個別で実施させていただきました。そして複数社の面接が実施され、見事その中の1社より内定を頂戴することが出来ました。

結果、ベースとしての年収UPは勿論のこと、業務幅の広がりからスキルアップ、より人数規模の大きい会社で働く点からキャリアアップ、とトリプルアップを叶えることが出来ました。

キャリアアドバイザーから見る転職成功ポイント

書類や面接の通過率を上げるための対策を徹底的に実施することが出来た点です。各法人の採用意欲が高いことをご存知であり、現在転職活動に励む方が多いのでその分魅力的な法人の倍率はかなり高くなります。そのため、書類作成ではより親和性のあるワードのピックアップを、面接対策では未経験という立場をポテンシャルの高いとPR出来る様「面接力」の向上を図りました。

尚、タイミングの問題もここでは需要な要素であり、いつ応募しても決定する、というものではなく現在のような転職市場の状況があった、ということも成功pointの背景にあります。そのため、現在少しでもご転職を検討されている方は先ずはお話だけでもさせて頂けると、転職活動においての的確な開始時期をお伝え出来るかと思います。

簡単3分で完了無料転職サポートに登録する