マイナビ会計士

キャリアへの不安

転職エージェントに相談した時、日系投資ファンドを紹介されました。考えてない選択肢だったので、驚いています。公認会計士が投資ファンドで働くとしたら、どういう業務があるのでしょうか?

質問への回答

投資ファンドでの仕事は、実際に企業への投資の意思決定に関与する「キャピタリスト職」と、経理やファンド管理などの後方支援を行う「バックオフィス職」があります。
キャピタリスト職の場合、いわゆる経営幹部候補としての採用になることも多いです。経営管理・戦略の立案・マーケティングなど、経営全般の業務を担当することになるので、会計の枠を超えた経験が積めるでしょう。株式公開を目指すクライアントを多く抱えるベンチャーキャピタルなら、投資先の株式公開の支援も行うので、公認会計士の資格は高く評価される傾向にあります。もし、質問者様が会社の経営に興味があるなら、ぜひチャレンジしてください。

一方、バックオフィス職の場合、経理・財務マネージャー候補としての採用が前提となります。「自分はスペシャリストとして力を発揮したい」という方は、こちらの方がよいかもしれません。
どちらの職を志望するにしても、投資ファンドは少数精鋭の組織が多いため、求人倍率が高いことも多いです。投資ファンドの仕組み、ファイナンスの知識、業界の動向をしっかり押さえてから転職活動に臨んでください。また、今までの仕事で培った経験と熱意をいかに自分の言葉で語れるかどうかも決め手になります。あらかじめ語るべき内容を組み立てておくと良いでしょう。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリング・職務経歴書の作成、面接対策もサポートしています。現在のご状況を伺った上であなたの今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する