大手監査法人|監査法人

大手監査法人の市場動向大手監査法人|監査法人

有名企業を顧客としているケースがほとんどで、保有件数も1,000件近くあるのが大手監査法人の特徴です。大手と呼ばれるだけに、安定志向の方が就職や転職先として興味を持つことも多い大手監査法人ですが、市場の動向や採用ニーズ、実際に就業するために必要なスキルや経験、能力などはどのようになっているのでしょうか。一番気になる給与水準も含めて、大手監査法人について詳しく調べてみましょう。

大手監査法人の市場の動向は、業界収入が3年ぶりに増加しており、それに伴って中間監査法人や独立系監査法人の景気も上向きになっています。このような状況になったのは、IPOを行う会社が増えたことに加え、国際会計基準のIFRSを適用する企業が多くなったことが背景として考えられます。このような状況が続くことで大手監査法人のアドバイスを求めるケースが多くなり、業界収入が拡大しています。

さまざまな業界で発生する不正会計に対応するべく、監査要件のレベルを今まで以上に上げて厳しい目で判断する対応をしています。それは金融庁が大手監査法人の業務の内容に関する不信感を払しょくするためで、今ある現状を一新して業界の信用回復に尽力しているのが現状です。

大手監査法人の採用ニーズ大手監査法人|監査法人

大手監査法人が設けている採用区分は、一般企業向けの会計監査と金融機関向け、各種アドバイザリーと3つに分かれています。まず、積極的に人員採用を行っているのが一般企業向けの会計監査です。採用のニーズとして会計監査の実務経験がある方だけでなく、公認会計士試験合格者やUSCPAと呼ばれる米国公認会計士試験合格者など、有資格者への関心が高まっています。

また、金融機関向けの監査部門でも同じように人員募集に積極的で、近年の大手監査法人の大切な得意先となるケースが多い金融機関では、会計基準や各種規制に関する取り組みを行うためにスタッフを増やし、対応しているようです。

職種によって異なるアドバイザリー部門は、採用についても分野ごとに違っており、会計士の資格がなくても業界に貢献できるのがメリットです。そのためには自分の能力を評価してくれる場所との出会いが重要です。

大手監査法人で求められるスキル・能力・経験大手監査法人|監査法人

大手監査法人で求められるスキル・能力・経験としては、主に公認会計士の資格が挙げられ、試験の合格は必須となります。2006年から新試験制度が適用されたことによって、現在では多くの公認会計士合格者が排出されています。以前までの試験のときよりも2倍以上に合格者が増えていることを考えると、公認会計士の資格があれば大手監査法人への就職が確実となるわけでもなく、昇進が確約されるわけでもありません。その上、若いうちに監査業務ばかり行っていると、あとから新たなスキルを磨こうとしても難しくなってしまう場合がありますので、早い段階から先々を見据えた計画を立てて行動するのが大切です。

一般的に大手監査法人への転職には、投資銀行や証券会社で企業の資金調達に携わるバンカー、ベンチャー企業のコンサルタントやM&Aのアドバイザーなど、多岐にわたって財務に携わった経験を生かせるとも言われています。また公認会計士は登録をすることで税理士としての顔を持つことも可能で、更に幅広い活躍が期待できます。税務や財務の業務に関する専門知識に加えて、学力などのプラスαがあれば、より多くの現場で重宝される存在となるでしょう。

顧客企業が外資系の場合や、企業のトップが外国人であることは珍しくありません。英語を始めとした語学力や海外留学の経験がある場合は、積極的に自分をアピールして業務に生かすと良いでしょう。資格試験などで実力が実証できることが一番ですが、実際に活用できないまま知識が乏しくなってしまうケースもみられます。

語学力と共に、国際感覚が身につくように異国文化に触れる機会を自ら設けるなど、小さな努力の積み重ねがその後の現場での活躍や、個人の評価に繋がりますので、大手監査法人で広く活躍する為には、応用や機転が利く人材として多彩なスキルや能力、豊富な経験が必要です。

大手監査法人の給与水準大手監査法人|監査法人

国家資格を有する公認会計士の場合、専門的な職業となりますので、同じ年代の一般的なサラリーマンに比べますと、給与水準は高めと考えて良いでしょう。国内の大手企業に勤めるサラリーマンが年収600万円と言われていますが、大手監査法人の公認会計士の場合は初任給の時点で500万円以上は確実で、その後800万円程度の年収額となります。また自分の頑張りが認められる機会が多いこともあり、昇進すると1,000万円以上の年収を手にすることも可能です。

資格を取得するまでの勉強や努力の積み重ねだけでなく、その後も日々知識を増やす必要がある大手監査法人で働く公認会計士ですが、安定した地位と収入を得ることも可能でしょう。収入の金額だけを聞くと恵まれている印象を強く持つ方が多いかもしれませんが、実際に働いて多くの実績を残せるようになるまでには、沢山の現場経験や挫折を味わいながら成長する必要があります。

就業先によっては賞与で個人の頑張りを評価する体系を築いている場合や残業代を含めた月給制であるなどさまざまですので、自分の就業先がどのような体型で給与体系を維持しているか心配な方は、事前に詳しく調査するまたは問い合わせするなどして確認するのがおすすめです。

また、男性のイメージが強い大手監査法人の職員ですが、過去に取得した資格や強い気持ちで働く意欲があれば女性が活躍できる場所でもあり、少しずつですが柔軟な働き方に対応した制度が始まっている所です。年齢や性別を超えて自分の可能性を最大限に試せるのは、大手監査法人のように実力を発揮できる業務内容を持つ企業ならではです。

配属先によっては一週間当たりの出勤に数を減らす働き方や時短勤務、パート職など幅広くなっています。結婚や出産をきっかけに、働き方を見直す必要があるのは、大手監査法人に限った行動ではありませんが、女性の社会進出への理解が年々高まり、ライフスタイルの変化に合わせて、今までの実績を活かした働きやすい職場環境が整い始めています。

大手監査法人のキャリアステップ大手監査法人|監査法人

大手監査法人で働いた経験を生かしてキャリアのステップアップを実現する場合は、就職時と同様に数多くの選択肢があります。

その中でも国家資格である公認会計士の資格がある場合、その強みをよりいっそう生かしながら安定した収入を今まで以上に増やせる独立開業の道が多くの方が考える方法でしょう。同じ国家資格である税理士と競合する部分もあり、より専門性の高さを訴える必要がある独立開業後の公認会計士ですが、最近では弁護士などと共同で事務所を立ち上げて、双方に訪れる相談者に対するアドバイスを共に行うなど、競争が激しい業界内を上手く勝ち残るため、創意工夫をしている方が多くなっています。 大手監査法人での経験を生かせる業種としては、金融系を含むコンサルティング系企業や一般事業会社などがあります。

金融系を含むコンサルティング企業は、FASと呼ばれるファイナンシャル・アドバイザリー・サービスや会計系コンサルティング、M&Aや事業再生コンサルティングなどがあり、給与面も含めて独立開業への一歩が踏み出せない場合や、独立には無関心の方にはおすすめのキャリアアップの方法です。 さらに、一般事業会社へ転職する場合には、日系の株式上場会社や高い語学力に自信がある方におすすめの外資系企業まで幅広い選択肢があります。

次へのキャリアステップを図るべく、早期に会社を退職してしまう方もいますが、多くの人と関わる仕事である大手監査法人のスタッフは、仕事中にこそ有益な人脈が溢れていると言っても過言ではありません。他の企業に就職していては出会えない人物と業務を通して話をする機会に恵まれることもあり、自分が活躍できる場所を探すべく、常にアンテナをはっておくことも大切です。

転職するだけがキャリアステップの成功ではなく、大手監査法人の中で着実にステップアップすることも立派なキャリアの積み重ねとなります。その分収入や賞与の金額が大きくなりますので、役職がついて多忙さがいっそう増えるかもしれませんが、やりがいのある業務を行うことができるでしょう。

上司や先輩とうまくやっていくこともまだまだ重要で、トップの人材の一言が人事に大きな影響を与える風潮は、日本国内の企業においては現在でも健在です。日本の企業全体を支えているとも言える大手監査法人に在籍しているだけでも、一般的には十分ハイレベルなキャリアと言えますが、今以上にキャリアアップを図ろうと考えている場合は、顧客に対してだけでなく一緒に働く周囲の人との交流こそがポイントです。

大手監査法人の業務内容と特徴大手監査法人|監査法人

大手監査法人での業務上、公認会計士しかできない監査業務があり、独占業務として有資格者である強みを存分に発揮することができます。会社により作成された財務諸表が適正に作成されているか外部専門機関としてチェックを行い、正しい決算によって投資者や債権者が会社に騙されないようにすることが、公認会計士における監査業務です。公認会計士は監査報告書を作成して、この会社が適切に決算処理をしているということを証明する必要があります。その結果に基づき投資家や債権者がそれぞれ判断を下していきます。

社会的意義のある業務という一面もありますが、一方で、それは責任重大であるともいえます。自分にかかる責任とプレッシャーをイメージしつつ、多種多様な業界内情を知る貴重な人材となり、大企業トップ経営陣と交流に期待が持てます。その後のスキルアップなどに繋げられる可能性を考慮すると、多忙な時間も有意義な出会いの場へとなるでしょう。

コミュニケーションについて苦手意識を感じる方もいるかもしれませんが、自分から積極的に話しかけるだけが交流ではありませんので、聞き役に徹し、相手に好印象を与えるのも一つの方法です。誠実で真面目な人柄は、短時間の交流でもすぐに理解される可能性が高く、特に企業の経営陣ともなれば、より多くの人材の採用や配置転換などに携わった経験を持っているので、普段の自分を日頃からアピールするチャンスを無駄にしないことが大切です。

働きやすい点としては、会社員として働く場合についてまわる転勤の可能性が低いということが挙げられます。結婚・育児という生活の変化に伴って、独身時代は対応できた転勤の、家族と自身へ及ぼす負担がとても大きくなるため、その転勤の心配がないということは大きなメリットでしょう。

転勤はありませんが、日常業務において多忙となるケースが多く、転職先の企業によって月数回は出張があるほか、勤務時間が長くなりがちで、繁忙期には休日出勤を行う場合もある点には留意しましょう。

また、主に女性が長く続けられる仕事として、パート・派遣社員という勤務形態で短時間・短期間で働けるのもこの業界の特徴です。実力がある有資格者や長期間勤めていた実務経験者においても結婚・出産をきっかけに退職するケースが多々ありますが、その後少しブランクを経過させてから復職する場合でも、この場合は休職前と同様の仕事ができるようになっています。今までの経験や実績を生かして同じ業界へ戻れるため、産休・育休で職場を離れたとしても安心です。

大手監査法人|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

非公開求人

マイナビ会計士では、全求人のうち約8割が非公開求人です。サイトなどでご覧いただける求人は、ほんの一部にすぎません。

サービスの流れ
会計士の転職・求人・募集|マイナビ会計士

TEL:03-3538-6211 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

アクセスマップ