公認会計士の公開求人情報

一部の求人のみご覧いただけます。お申し込み後、あなたにぴったりの求人を
ご紹介いたします。

神奈川県の転職・求人情報

神奈川県には、全国でも最多となる3つの政令指定都市(横浜市・川崎市・相模原市)があります。また、東京都に隣接し、京浜工業地帯を抱えていることもあり、神奈川県には本社を置く大手企業が数多くあります。そのため、神奈川は公認会計士にとって転職のチャンスが多いエリアです。

神奈川県の会計士の転職・求人事情

近年は大手電機メーカーをはじめとした不正会計問題が多く発生し、監査法人や会計士に対して金融庁や一般社会からきびしい視線が向けられています。そんな中、公認会計士協会の神奈川県会では臨時研修会などを開催しています。他の地域と比較しても、仕事の質を担保する優秀な会計士の採用意識は高まっています。

最近では将来的に独立を目指す公認会計士が、税務を中心としている会計事務所へ転職を希望する傾向も強まっていますが、従来型の中小零細企業をクライアントとした会計事務所では、会計士の採用ニーズはあまり高くありません。

しかし、上場企業や大企業の税務顧問業務を行っていたり、それと合わせてコンサルティングにも力を入れていたりする会計事務所であれば、企業再生やM&Aなどの案件を扱うこともあるため、会計士の活躍するフィールドも広がっています。特に「高い英語力がある」「IFRS(国際会計基準)に精通している」「M&Aのデューデリジェンス(投資対象会社の調査)やバリュエーション(企業価値評価)の経験がある」といった、他の会計士と違う自分だけの強みを持っている会計士なら転職に有利といえます。

東京に近いという地理的な条件や、中堅企業の本社も多い神奈川県では、こうしたタイプの会計事務所も多いため、転職希望の会計士にとっては注目のエリアといえそうです。

神奈川県の会計士業界や転職市場などの傾向

神奈川県内の公認会計士・税理士の平均年収はおよそ926万円と全国でもトップクラスとなっています(厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」)。日本公認会計士協会の「会員数調」によると、2018年12月末時点で同協会に登録している神奈川県内の公認会計士の数は1,496人で、監査法人は2社あります。

また、総務省統計局の「平成28年経済センサス」によると、神奈川県内の公認会計士事務所・税理士事務所を合わせた事業所数は1,779あります。クライアントとなる企業数も多いことから、やはり会計士の転職に有利なエリアといえるでしょう。

神奈川県の概要

神奈川県内には19万9,200の企業があり、これは全国でも第4位の規模を誇っていますが、企業数は減少傾向にあります(総務省統計局「平成28年経済センサス」)。また、神奈川県の推計人口は、約915万人です(総務省統計局「都道府県別人口と人口増減率」2017年10月時点)。

神奈川県内は横浜や川崎などを中心に、JR線だけではなく地下鉄や私鉄、バスなどの公共交通機関が発達しています。通勤の足として活用できるだけではなく、東京方面へのアクセスも良く、生活する上でたいへん便利です。

現在の検索条件

検索条件:
  • 神奈川県

フリーワード検索

企業名(五十音順)より検索

保有資格

業種

勤務地

職種

年収

以上

従業員数

こだわり

企業名

選択した条件をクリアしますか?

職種を選択

STEP.1分類を選択

  • コンサルタント/監査法人/士業関連
  • 金融専門職
  • 経営/企画/管理/事務
  • SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット)

STEP.2希望の項目を選択

選択した条件をクリアしますか?

求人情報の検索結果一覧

公開求人数16+非公開求人あり非公開求人とは

  • 年収

    500万円~800万円

  • 勤務地

    神奈川県、他

  • 最寄駅

地方銀行グループ最大級を誇るコンコンディアG☆お客様に信頼され、愛される金融グループを目指しています☆

  • 公認会計士
  • 公認会計士短答式試験合格
  • USCPA(米国公認会計士)
  • 第二新卒可
業種
金融機関 > 地方銀行
応募条件

【必須要件】 ※以下いずれかの資格取得者 ■日本公認会計士資格 ■公認会計士試験合格者 ■米国公認会計士資格 【歓迎要件】 ■金融機関での業務経験 ■監査法人 ■会計事務所での業務経験

仕事内容

【主な業務】 同行主計部門にて、下記職務を担当いただきます。 ■決算書作成 ■税務申告書作成 ■四半期(中間)ごと仮決算の実施 ■決算状況表等各種決算関係資料作成 ■営業店や本部各部からの経理処理照会への応答 ■税務相談(各部からの税務上の取扱いの相談、顧問税理士への相談等) ■監査法人対応(会計監査への対応、各経理処理の監査法人への相談) ■本部経理/銀行経理業務全般(会計事務、税務、事務対応等) 【優位性】 当行が基盤とする首都圏は、国際的都市“東京”を中心としてマーケットの層が厚く、裾野の拡がりはとどまるところを知りません。日本経済のさらなる発展・成長の発信地である首都圏において、次世代を担う新興企業の活躍に疑いの余地はありません。今後もこのエリアがあらゆる産業のフロンティアとして興隆していくことでしょう。国内企業の9割以上は中堅・中小企業です。当行の中小企業向け貸出金比率は66.5%と高く、引き続き中小企業をサポートすることにより、社会的役割を全うします。

12