この企業の求人を紹介してもらう

監査法人アヴァンティア

ジュニア・マネージャー
加藤様

私が公認会計士第2次試験に合格したのは、2004年のこと。在籍していた専門学校に就職し、公認会計士を目指す受験生を対象とした授業を受け持つようになりました。試験科目の1つである原価計算(現在の管理会計論)の科目を担当し、後進の指導にあたった後、大手監査法人に転職。その東京事務所に二年、福島事務所に四年、さらに東京事務所に帰任ののち二年の経験を積んできました。

大手監査法人時代は仕事づくしの生活を送っていましたが、長女の誕生を機に「家族との時間を大切にしたい」という思いが高まるように。そこで、“仕事とプライベートの両立”において最適な監査法人を探し、監査法人アヴァンティアに入社しました。

いくつもの転機を経てたどり着いた私の“人生観”

専門学校時代に築いたキャリアは“講師”としての経験であり、監査の実務ではありません。知人の声掛けを機に就職しましたが、当初想像していた以上の財産を得られたと感じています。

一つは、数多くの学生を指導していく過程で、論理的にわかりやすく説明する力が身についたこと。もう一つは、公認会計士を目指す優秀な学生たちと出会えたこと。特に後者は、専門学校の講師だからこそ得られた財産。監査法人に転職した後もしばしば、かつての教え子に再会することがありました。

その後、監査の実務を積むべく、大手監査法人に転職しましたが、最初の二年はまさに“修行”と言うべき時期だったように思います。さまざまなチームに配属となり、先輩方の業務を手伝いながら、監査業務を学んできました。

福島事務所に異動し、主に金融機関の監査を担当。赴任中に東日本大震災を経験しました。震災によりクライアントの業績が大きく変化しましたし、さまざまな制約がある中、監査業務に従事をいたしました。振り返ってみると、私の人生において、大変でしたが、非常に貴重な経験をさせていただけたと実感しています。

福島事務所から東京事務所に帰任ののちは、製造業のクライアントを担当するようになりました。激務でしたが、とても有意義な生活を送れましたし、その期間に会計士としての土台を築くことができました。しかし、その思いも長女の誕生により変わりました。「これまで以上に、家族と過ごす時間を大切にしたい」――このような感情が、私の心に芽生えたのです。

成長実感を得られる監査法人で、公私ともに充実した生活を

大手監査法人から監査法人アヴァンティアに転職したのは、二つの理由があります。一つは成長途中の事務所であること。大手監査法人時代は、東京事務所だけでも千人規模の会計士が所属していました。次の転職先では互いの顔と名前がわかる規模の事務所が良いと思いましたし、仲間と一緒に監査業務に取り組みながら、事務所の持続的な成長を支えていきたいと思ったのです。

もちろん、仕事と家庭の両立も、大きな理由です。大手監査法人に所属する会計士の場合、どうしても残業が多くなってしまいます。しかし、アヴァンティアは繁忙期と閑散期でメリハリをつけたスケジュールを組めるなど、会計士のプライベートを考慮してくれるとのことでした。

現在、私はジュニア・マネージャーとして、複数のクライアントの監査業務を担当しています。クライアントとの打ち合わせの計画・実施や報告書のとりまとめを中心に、メンバーへの指示や指導・監督も業務に含まれます。また監査業務以外の仕事を担当することもあります。例えば研修業務。クライアントのご依頼に応じて行ったもので、役員向けに財務をテーマにした研修を実施しました。

監査基準に則り実施することから、実施する業務は大手監査法人も中堅規模の監査法人も違いはほとんどないと思います。しかし、組織の環境において、アヴァンティアには大手監査法人にはない“勢い”があると思います。

第一に、社員の意見や提案を汲み取る風土が根付いていること。社員が自ら手を挙げれば、アヴァンティアのポリシーに反していない限り、実現することができます。加えて、設立10年弱の若い事務所ですが、だからこそ、どの社員も常に前を向いて成長していこうとする気概を持っていること。もちろん、家族との時間も十分に取れるようになり、この点においても心から満足しています。

社員一人ひとりの成長を通じて事務所が成長し、クライアントに貢献できる

転職を検討している皆さんの中には、キャリアプランを描き、その目標に向かって突き進んできた方も多いと思います。しかし、私自身は明確な目標を敢えて持たずにきました。この考えは、アヴァンティアに転職した今も同様です。

私が願っているのは、私一人の成長ではなく、事務所全体の成長です。私も含めて社員一人ひとりが生き生きと働き、最高のパフォーマンスを発揮し、公私ともに幸せな生活を送ること。その結果、アヴァンティアという組織が活性化し、より多くのクライアントに貢献できるようになると思うのです。

会計士としてスキルを高めていくことは、国家資格を持った者として当然の責務。ジュニア・マネージャーという立場上、“メンバーの指導”を担う責任もありますが、職位を理由に私の考えを押し付けるのではなく、基本的にはメンバーにのびのびと働いてもらっています。メンバーが助けを必要としたとき、常に手を差し伸べられる存在でありたいですね。

前述の通り、アヴァンティアには「やりたい」と思ったことを実現できる環境があります。フラットで風通しの良い組織なので、自分らしさや自分の強みを発揮したい方に向いた組織だと思います。エネルギッシュに仕事に取り組み、会計士として成長したい方や、公私ともに充実した人生を送りたい方に、ぜひアヴァンティアの仲間になっていただけたら嬉しいです。

この企業について転職相談をする
この企業について転職相談をする
ご提供コンテンツ
Copyright © Mynavi Corporation

ご紹介企業特集【監査法人アヴァンティア】ジュニア・マネージャー 加藤様|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

アクセスマップ