公認会計士の転職・求人 トップ > 会計ニュース > 2018年 > サイボウズがfreeeと提携
マイナビ会計士は皆様のお役に立てる情報をお届けいたします。

サイボウズがfreeeと提携
2018/02/14

グループウェアの開発、販売、運用のサイボウズは、クラウド会計ソフトのfreeeと提携し、同社が提供するクラウド型情報共有ソフト「キントーン」をfreeeの会計ソフトと連携させたことを発表した。

キントーンは自分たちに合った業務アプリを簡単かつ即座に作成できるクラウドサービスで、アプリの設計や各種運用設定は全てノンプログラミング・マウス操作のみで完了するところが特徴。Excelや紙・メールで行われていたデータ共有、ワークフローの受け渡し、業務上のやり取りをキントーンに集約することで、ビジネスオペレーションの効率化を目的としている。

キントーンはこれまでも「From Bridge」「プリントクリエイター」「タイムスタンプ」などとの連携サービスにより活用範囲を拡大してきた。今回のfreeeとの連携により、キントーンで作成したデータを会計ソフトに自動で読み込み、自動仕訳や請求書発行が可能になる。今後はfreeeの人事労務ソフトとの連携を検討していくという。

編集部からの一言

今回の提携は、「クラウド会計ソフト freee」や「人事労務 freee」を中心に「kintone」に搭載されていない経理・人事労務の基幹機能をクラウド上でシームレスに連携する狙いがあったという。今後は、①士業や医療などより高い専門性が求められる業種での連携、②「kintone - freee 連携」に加え、業務特化型のクラウドサービスとの連携も進め、スモールビジネスでもバックオフィス全般の業務効率化を低価格かつ簡易に実現していく予定だ。

会計ニュース バックナンバー
会計 ニュース 一覧へ

アクセスマップ