コンサルティングファーム
業界動向・求人ニーズ

今後の成長に向けたコンサル需要が増加、今年度も市場拡大が続く

コンサルティングファームの業界動向

国内では新規事業開発や海外展開など、今後の成長に向けたコンサル需要が増加(堅実な企業業績を受けて、外部コンサルを活用する動きが活発化しており国内市場は右肩あがりが続く)。外部に委託する理由としては、海外展開等の実行においては、ノウハウや実績がものを言うので、内部で四苦八苦して行うよりも、専門家に依頼するのが一般的になっているからである。

コンサルティングフィーが基本的な収入源だが、最近では自ら事業に参画するなど、新たなビジネスモデルを模索する動きも出ている。具体的には、企業のCFOとしてある一定期間常駐して、内部から問題の根底解決を行ったり、プロジェクトベースで企業の社員とミッション解決まで行うなどがあり、、あらたな手法が増えてきていると言えるだろう。

コンサルティングファームの年間業務スケジュール

  1. 1月~12月
    クライアントのプロジェクトによる

コンサルティングファームの求人ニーズ

新しいニーズに対応するための人材育成や確保が業界共通の課題であるため、採用意欲は高いと言える。

これまでは即戦力層を求める傾向が非常に高く、採用ハードルはそれ相応に高かったと思うが、近年では選考ハードルが緩和され、コンサル未経験者であっても20代であれば転職することが可能な状況下である。

その場合には、英語力や学歴、何かしらの業種に精通しているなどの条件クリアが必須となる。30代の転職となると必然的に経験者の転職となり、これまでであれば同業種のコンサル経験を求められてきたが、今日では異業種のコンサル経験を持っていることで転職が有利に働くケースも散見される。

理由としては、クライアントからの様々なニーズに対応するためには、多種多様な経験者が多く在籍しているほうが、仕事を受注し易くなることに他ならない。

【年代別】求められるスキル、経験・活かせるスキル、経験 【年代別】コンサルティングファームのキャリアパス・ポジション
20代 公認会計士試験合格者 アナリスト~コンサルタント
30代 コンサルまたは事業会社で企画系経験のある会計士 コンサルタント~マネージャー
40代 コンサルティングファーム出身の会計士 マネージャー~パートナー

【年代別】求められるスキル、経験・活かせるスキル、経験

  1. 20代
    公認会計士試験合格者
  2. 30代
    コンサルまたは事業会社で企画系経験のある会計士
  3. 40代
    コンサルティングファーム出身の会計士

【年代別】コンサルティングファームのキャリアパス・ポジション

  1. 20代
    アナリスト~コンサルタント
  2. 30代
    コンサルタント~マネージャー
  3. 40代
    マネージャー~パートナー

コンサルティングファームの転職成功事例

コンサルティングファーム 業界動向・求人ニーズ|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

非公開求人

マイナビ会計士では、全求人のうち約8割が非公開求人です。サイトなどでご覧いただける求人は、ほんの一部にすぎません。

サービスの流れ
会計士の転職・求人・募集|マイナビ会計士

TEL:03-3538-6211 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

アクセスマップ

今すぐ転職サポート申し込み