公認会計士の転職・求人 トップ > 会計士の資格・経験を活かせる業界情報

会計士の資格・経験を活かせる
業界情報

同じ公認会計士であっても、その働き方は人によってさまざまです。キャリアによって変わるものとしては、主に年収などの待遇や仕事内容を挙げることができるでしょう。
では、具体的にどのような違いが見られるのでしょうか?
このページでは、公認会計士のキャリアのうち、会計事務所・監査法人・コンサルティングファーム・一般事業会社の4キャリアについて詳しくご紹介していきます。

会計事務所

法人や個人を顧客として、代わりに税務申告などを行う事務所のことを指します。主力業務は税務となりますが、お客さまの要望次第ではそのほかの経理処理を担当するケースも見られます。
また、節税や経営に関するアドバイスも、会計事務所で働く公認会計士の重要な仕事です。パソコンやインターネットの普及、IT技術の発展などの影響を受け、会計事務所がこなす仕事内容は大きく変化してきており、アドバイザリー・コンサルティング業務を中心にこなす事務所も増えてきています。

会計事務所の規模・種類別に詳しく知る
会計事務所の規模・種類別に詳しく知る

監査法人

公認会計士が5人以上集まって設立する法人のことを指します。監査法人で働く公認会計士は、基本的に複数人でチームを組み、クライアントの要望に応えていきます。1人で企業の監査を行うことは難しいため、個人事務所のような小規模な監査法人であっても、基本的には複数人でチームを組み監査を行っています。
監査法人の大きなクライアントとしては、上場企業を挙げることができますが、上場企業の監査のほとんどは、「大規模・中規模監査法人」が担当しています。具体的なケースを挙げると、大手監査法人である「監査法人トーマツ」は900社前後、「あずさ監査法人」は700社前後の監査を行っています。それに対し、個人(共同事務所を含む)が監査を行っている企業は全て合わせても50社前後とされています。
監査を依頼する企業は、複数年同じ監査法人に依頼するケースが多いため、大規模・中規模監査法人の経営は安定している傾向が見られます。

コンサルティングファーム

経営方針や従業員の見直しなど、企業の業務上の問題点に対してコンサルティングを行う企業のことを、コンサルティングファームと言います。コンサルティングファームの業務内容には、会計や人事に関わる業務コンサルティング、買収や統合に関わる経営コンサルティングなどがあります。
また、プロジェクトを取りまとめるマネージャー、情報収集や分析を行うアナリストなど、コンサルティングファームには複数の役職が存在しているケースが一般的です。各役職がチームとなり、協力しながら業務をこなしていきます。

コンサルティングファームに関するお役立ち情報
コンサルティングファームに関するお役立ち情報

一般事業会社

一般事業会社に勤める公認会計士は、経理部門・内部監査部門に配属されるケースが一般的です。経理部門では決算書の作成が主な業務となり、内部監査部門では監査法人と同様の監査業務をこなすことになります。
また、M&Aや海外進出を計画している企業も、その道のスペシャリストとして公認会計士を募集することがあります。このように、一般事業会社でも公認会計士は多方面での活躍を期待されていますが、1社あたりの募集人数は少ない傾向にあります。

一般事業会社の種類別に詳しく知る
非公開求人

マイナビ会計士では、全求人のうち約8割が非公開求人です。サイトなどでご覧いただける求人は、ほんの一部にすぎません。

サービスの流れ

アクセスマップ