公認会計士の転職・求人 トップ > 会計業界ニュース > 2017年 > 平成28年度公認会計士修了考査の合格発表
マイナビ会計士は皆様のお役に立てる情報をお届けいたします。

平成28年度公認会計士修了考査の合格発表
2017/4/19

平成28年度公認会計士修了考査の合格発表が4月10日に行われた。
受験願書提出者数1,785名、受験者数1,649名、合格者数1,147名だった。

過去のデータを見ると、合格者数が平成24年度:1,846名、25年度:1,528名、26年度:1,438名、27年度:1,301名で、今年の合格者数は最も少なく、昨年と比べて154人少ない。
合格率の推移は、24年度:71.20%、25年度:67.60%、26年度:70.80%、27年度:71.80%、28年度(今年):69.60%と、70%前後で安定している。
受験者数は24年度:2,593名、25年度:2,262名、26年度:2,030名、27年度:1,811名と年々減少していて、5年前と比べると63%にまで落ち込んでいる。
修了考査合格者1,147名全員が公認会計士協会の正会員登録を行った場合、正会員の公認会計士数は30,493名に増加する見込み。

編集部からの一言

修了考査に合格して、公認会計士の登録を行う場合は(1)公認会計士試験合格証書、(2)実務補習修了証書、(3)業務補助等の報告書受理番号通知書の3点が必要になる。ただ、提出書類には有効期限が設けられているものがあるので、早く準備しすぎると提出した際に「有効期限切れ」になっているということも考えられるため、期限にも注意が必要だ。

会計業界ニュース バックナンバー
会計業界 ニュース 一覧へ

アクセスマップ