中堅監査法人|監査法人

中堅監査法人の市場動向と採用ニーズ中堅監査法人|監査法人

監査法人の業界では、大手監査法人と中堅監査法人、小規模監査法人の構成で、人数も大手が一番多く、次いで中堅・小規模の順となっています。その中で、中堅監査法人が監査を行うクライアントは、同じく中堅規模の国内企業や外資系企業、金融機関が多くなっています。

中堅監査法人の採用市場は、景気の動向に左右されやすく、不況の時代には公認会計士のリストラや試験合格者でも採用を見送られるなどの動きも見られます。しかし好景気の場合には、監査法人と取引のある企業側の動きが活発になりますので、中堅監査法人が新しい案件を入手することが増え、その結果、人材不足が懸念となることを見越し、新卒者や実務経験がある転職希望者の採用にも積極的になります。

しかし中堅監査法人で働くと言っても、配属される部署やチームによっては業種が異なるため、思っていた業務とは違う技能を求められる場合もあります。希望先の特性をよく調べ、自分の持っている力を発揮できる現場を探すのが大切です。

若い方を求める傾向にある監査法人業界ですので、中堅監査法人で働きたい気持ちがある場合は、早い段階で挑戦するのが望ましいでしょう。公認会計士の試験合格者でも景気の状況によっては就職先探しに苦労する場合があります。有資格者であり実務経験もある転職希望者は、同じく景気や人材不足のタイミングで転職活動を始めることが多く、若い20代に比べ30代以上の方を対象とした採用には消極的になる中堅監査法人もありますので注意が必要です。

中堅監査法人で求められるスキル・能力・経験中堅監査法人|監査法人

中堅監査法人で要求されるスキルや経験、能力にはどのようなものがあるのでしょうか。大手監査法人と比べると中堅監査法人のクライアントはスケールが小さめの会社が多く、スタッフの人数も少ないため、就業間もない若い時期から幅広い業務に携われるようになり、大手監査法人では経験できない業務内容を通して、自然と能力を高められます。

福利厚生や研修制度が大手監査法人に比べると劣っているとも言われますが、海外の会計ファームと提携している就業先では、幅広い実務経験を積み重ねながら、大手監査法人のように研修体制や福利厚生が充実した環境を維持できる中堅監査法人もあります。

また海外出張が多い中堅監査法人に限らず、要求される可能性が高いのは英語を始めとした語学力でしょう。意思疎通ができないのでは業務に着手することも不可能になりますので、TOEICなどの指標として理解しやすい資格を取得していると、自らを売り込む際の武器としても役立ちます。

中堅監査法人の給与水準中堅監査法人|監査法人

給与の水準も大手監査法人に比べると低く、年収で600万円前後が平均とされています。一般企業のサラリーマンの平均に比べますとだいぶ高いのですが、業界最高水準である大手監査法人に在籍している人よりは低めの設定です。これはクライアントの規模が大手監査法人のクライアントより小さい為で、事務所そのものの報酬額が少ないことが影響しています。

しかし、大手監査法人では得られない仕事のやりがいや、新しい業務への取り組みなど、お金では得られない満足感が高いのは中堅監査法人であるとされています。収入面の充実より日々の業務のやりがいを求める人に、中堅監査法人での仕事は適しています。

また給与体制が事務所によって違うのも特徴で、残業代を含めた年俸制である場合や、月給でなくボーナスの金額が優れていることがありますので、就業先の給与に関する体制がどのようになっているかを事前に確認すると安心です。

中堅監査法人のキャリアステップ中堅監査法人|監査法人

中堅監査法人でキャリアアップを考える場合、事務所内での昇進以外にも、転職をして、資格や実績を生かした働き方があります。公認会計士は国家資格であるため、大手監査法人への挑戦や小規模の監査法人での業務、コンサルティング業や金融機関で働くことも可能です。

中堅監査法人に在籍している間は、複数のスタッフで一つのクライアントに接するチーム体制が基本ですので、大勢いることでの助け合いがある一方で、自分の思うように話が進まないケースもあります。

しかし、キャリアステップとして働き方を変えると、今までとは違う体制で働くようになり、仮に独立して事務所を開設する計画を実行する際に公認会計士の仕事に加えて経営者の顔も必要になり、事務所運営に関する業務が加わるようになります。今のままで良いと考える一方で、若い時ならではの新たな挑戦や自分の力を試す機会を設けるのも大切なことです。

中堅監査法人においては、大手監査法人以上に早い段階から大きな職務を任される可能性が高いので、クライアントとの出会いや企業の重役等との交流を大切にすることがおすすめです。日々現場で良い人間関係の形成作りをしておくと、困っている時に助けてもらえる等、キャリアステップに役立つはずです。

中堅監査法人の業務内容と特徴中堅監査法人|監査法人

中堅監査法人は依頼先企業の会計や決算が正しく行われていることを確かめることが必要となるので、クライアントは大手企業ではないことが多いものの、幅広い業種の重要な案件を任されるケースも少なくありません。

少ない人数で大掛かりな案件に取り組むこともあるので、勤務時間が長くなり、休日にも関わらず作業に追われることもあることを考えておきましょう。一区切りつくまで頑張って、その後に休暇をもらう等の工夫をしながら働くと、長く持続できる業務となるはずです。精神的なプレッシャーや責任がかかる監査業務となりますので、体調面だけでなくメンタルの強さや柔軟に対応できる力が必要です。

女性が少ないとされる現場ですが、結婚や出産したあと時短勤務などを活用して、同じ職が続けられるような整備が整っていることもあります。

中堅監査法人|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

非公開求人

マイナビ会計士では、全求人のうち約8割が非公開求人です。サイトなどでご覧いただける求人は、ほんの一部にすぎません。

サービスの流れ
会計士の転職・求人・募集|マイナビ会計士

TEL:03-3538-6211 平日9:30-20:30|土曜日9:30-17:30(日曜・祝日を除く)

今すぐ転職サポート申し込み

簡単無料

アクセスマップ