この企業の求人を紹介してもらう

RSM清和監査法人

マネージャー
中山様

人生は長く、時に大きな決断を迫られることもあります。大手監査法人でキャリアを積んできた私は、同法人での職務が激務だったことから、結婚・妊娠により退職しましたが、子育てをしながら「これから先、会計士としてどんな働き方ができるだろうか」と悩んでいました。そんな時、ある会計士が、中堅監査法人を勧めてくれました。会計士として誇りある生き方がしたい。子どもにたっぷり愛情を注ぎたい――そんな願いをもっていた私が選んだのが、RSM清和監査法人でした。

結婚・出産、子育て……。働きやすさを重視した転職活動で、RSM清和監査法人と出会う

会計士の国家試験に合格後、大手監査法人でキャリアをスタートした私は、その翌年に結婚。入社から1年半が経ったタイミングで正社員から非常勤勤務に切り替えました。当時、私は国内企業の監査を担当する部署に在籍していたのですが、その部署での仕事が激務で「家庭との両立が難しい」との考えからの判断でした。その後、すぐに第一子を妊娠・出産。育児をしながら今後のキャリアについて悩んでいた頃、会計士の友人との会話から新しいキャリアのヒントを得ました。その友人は大手監査法人から中堅監査法人に転職しており、「中堅監査法人はとても職場環境が良いし、働きやすいよ」と語っていました。中堅監査法人なら、子育てと会計士の仕事を無理なく両立できるかしれない。そんな気持ちから、転職を検討するようになりました。

もちろん不安もありました。第一に、会計士としての経験が一年半と少ないこと。また、当時、子どもが1歳に満たなかったため、残業や出張も難しい状況でした。加えて、会計士の3次試験(現・修了考査)も控えていました。育児と3次試験の勉強と仕事と……。すべてを同時に行うのは難しいだろうと思っていました。

RSM清和監査法人は、このような私の状況をすべて受け止めてくれた上で、「では、入社の時期を3次試験の後にずらしましょう」と、融通をきかせてくれました。また、子育て中という立場であることに対しても、パートナーの面接官が「無理のない働き方にしますから、安心してください」と言ってくださいました。何よりも、面接を受けた時に感じた“相性の良さ”が、入社の一番の決め手となりました。気がつくと、「RSM清和監査法人で働きたい」という強い気持ちが芽生えていたのです。

スタッフからインチャージに。残業はほぼなく、終業後は育児と家事に専念。

RSM清和監査法人に入社後、当初はスタッフとして監査に従事。一年半後から、これまで携わっていた顧客の主査(インチャージ)を務めるようになりました。以来、上場企業も含めて二社を担当しています。残業は最大で30分程度。ほぼ毎日、定時で帰らせていただいています。

残業をほとんどせずに済むのは、本当にありがたいですね。これは、RSM清和監査法人の社員全員に共通していることで、どのメンバーもオンとオフをしっかり分けて、集中的に仕事に取り組んでいます。他の監査法人などでは、メンバーが遅くまで残業していると、早めに上がらせていただくことが申し訳なくなってしまったりしますが、RSM清和監査法人の場合、残業をするメンバーがほとんどいないので、遠慮せずに済んでいます。もちろん、期末の繁忙期は忙しくなりますが、事前にスケジュールを調整したり、実家の両親に助けてもらうことで十分に乗り切れています。

それでも、入社当初は生活のリズムに慣れるまで時間がかかったように思います。18:00に退社して、帰宅後は子どもの世話や家事に追われる日々。これがもし、仕事の負担が大きく、自宅に持ち帰って仕事をしなければならないような状況だったら、とても今まで続かなかったでしょう。上司が子育て中の私の立場を考慮して、適度な仕事量を振ってくれたからこそ、仕事と育児を両立できているのだと思います。

特に主査を務めるようになってからは、今まで以上に時間管理を意識するようになりました。18:00に仕事を終わらせるために、どのようなスケジュールで仕事を進めていけばよいのか組み立ててから、仕事に取り組むようになりました。子どもの突発的な発熱や学級閉鎖などで、別のメンバーに引き継がなければならないこともあるため、常に引き継ぎがしやすい体制を整えるよう心がけています。チームを巻き込み、主査として管理しつつも情報をメンバー全員と共有することで、急な引き継ぎでも混乱もなく、スムーズに仕事を進めることができています。

RSM清和監査法人は、あらゆる会計士に自信を持ってお勧めできる組織

最初に勤務した大手監査法人では、やりがいある仕事に就けたものの、あまりにも忙しく、「辞めたい」と思ったことが何度もありました。RSM清和監査法人に入社してから8年が経ちますが、「辞めたい」と思ったことは一度もありません。仕事も子育てもとても良い環境で、私は本当に恵まれていると思います。

責任ある仕事を任せていただきながら、子育てにも十分な時間をかけられていますし、やりがいある仕事に携わっているという充実感もあります。クライアントからご相談をいただくことも多く、そのたびに、「子育て中だからといって、会計監査の第一線から退く必要はまったくないんだ」と思います。RSM清和監査法人にはさまざまな経歴を持つ会計士がいますが、どの会計士にも等しく活躍のチャンスを与えてくれる組織です。

子どもの成長は本当に早く、子ども自身でできることがどんどん増えています。いつか、私の手を離れてしまうかと思うと寂しさもありますが、母親としてしっかり子どもを見守っていきたいですね。徐々に仕事に軸足を移していくつもりですが、仕事の目標に関してはまだ明確に定めていません。試行錯誤を繰り返しながら、自分らしく輝ける道を見つけていくつもりです。チャンスがあれば、M&Aの支援など監査以外の業務にもぜひチャレンジしたいと思っています。

会計士の資格を生かして生き生きと働きながら、家族との関わりも大切に育んでいく。RSM清和監査法人なら、そんな欲張りなライフスタイルを送ることができます。現在、妊娠中の会計士の方も、これから結婚を控えている方も、RSM清和監査法人はすべての会計士に自信を持ってお勧めできる組織です。

この企業について転職相談をする
その他のご紹介企業はこちら
この企業について転職相談をする

ご紹介企業特集【RSM清和監査法人】マネージャー 中山様|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

アクセスマップ