この企業の求人を紹介してもらう

税理士法人 平成会計社

第一事業本部 第4グループ
柿崎様

大学在学中に公認会計士試験に合格し、平成会計社でキャリアをスタートさせました。入社以来、気さくで後輩思いの諸先輩方にいただいたアドバイスは、私の財産。財務デューデリジェンスやM&A、事業再生など、コンサルティング業務に携わるチャンスもいただいています。意欲ある若手スタッフに成長機会を与える風土があるので、これからもこの環境を生かして幅広い経験が積んでいき、クライアントのあらゆるご相談に応じられる専門家を目指していくつもりです。

情熱をもって仕事に取り組み、クライアントに貢献する

私は北海道の出身で、高校卒業後、道内の大学に進学しました。もともと、会計に興味があったため、大学1年の頃から公認会計士の受験勉強を開始。大学と専門学校に籍を置き、会計を学んできました。忙しい日々でしたが、適度に息抜きしながら受験勉強を続け、4年生の時、公認会計士試験に合格しました。

当時の私は、「会計士=監査法人への就職」というイメージがあったのですが、都内で開催された合同説明会に参加したことで、考えが変わりました。この合同説明会には監査法人や税理士法人など、様々な企業が参加しており、その中に平成会計社のブースがありました。

ブースにいた先輩方の話は非常に力強く、情熱を持って仕事に取り組んでいる様子が伝わってきました。何よりも印象的だったのは「クライアントに“ありがとう”と言っていただける専門家を目指している」という言葉です。私も会計の知識を生かしてクライアントに貢献し、「ありがとう」という言葉をかけていただけたら――。きっと、日々の仕事の励みになるでしょうし、常に高いモチベーションをもって働くことができると思いました。

また、せっかく会計のプロを目指すのですから、若いうちから積極的に責任ある仕事に取り組み、数多くの経験を通じてスキルを高めていきたいと思いました。この点に関しても、先輩方の話から若手スタッフがのびのびと働いていることが理解できました。こうして、大学を卒業した私は北海道から上京。いよいよ、平成会計社のスタッフとして働くこととなりました。

入社後、早い段階から担当のクライアントを受け持ち、企業の会計入力や法人税申告業務のアウトソースを行なっておりました。具体的には、一般事業会社を中心に、公益法人や医療法人、SPC(特別目的会社)など。もちろん、法人税の申告業務はこれが初めてです。そこで、1年目は先輩の指導を受けながら、仕事の進め方を覚えていきました。

また、当社には企業の財務デューデリジェンスやM&A、事業再生、IPO支援などを担う戦略室という部門があります。2年目に入った頃から上司に「いずれ戦略室の業務に携わりたい」と伝えてあり、最近はスポットで戦略室の案件もいただくようになりました。つまり、“法人税の申告業務”と“財務デューデリジェンス”が、現在の私の仕事の二本柱となっています。

「やってみたい」と手を挙げた若手スタッフがチャンスを得られる環境

入社当初は、「財務や税務のプロとして専門性を発揮すれば、クライアントに貢献できる」という考えをもっていましたが、今は違った視点で仕事を捉えるようになりました。どんなに優れた専門性を備えていても、それをクライアントのために発揮しなければ意味を持ちません。

たとえば、クライアントの潜在的なニーズをくみ取り、いち早くそのニーズに応えていくこと。指示を待って動くのではなく、常に「クライアントのために何ができるか」を考え、それをサービスとしてカタチにしていく姿勢が必要だと思いました。

この姿勢を意識して業務に取り組んでいったところ、多くのクライアントから感謝の言葉を頂戴するようになりました。例えば、決算書作成における課題を事前に整理し、必要な対応を提案すること。複数の会計処理を検討し、税務上のメリットがある処理を提案すること。税務・会計のプロとして誇りをもってクライアントと向き合っていくことができるので、毎日が非常に充実しています。

実は、私がこのような考えをもって仕事に取り組めているのは、ある先輩から「常に、クライアントのことを一番に考えるよう意識して」とアドバイスをいただいたことがきっかけになっています。当社には知識・経験ともに豊富な諸先輩方がたくさんいて、若手である私に良きアドバイスを数多くいただいています。スケジュール管理から成果物の提出まで、すべての業務を「クライアントのために」という意識をもって取り組む。この姿勢は、これから先、どんなに経験を積んだとしても変わることはないでしょう。

平成会計社の先輩方は気さくで後輩思い。中でも私の上司は穏やかで柔らかい雰囲気を持った方で、若手の私からも話しかけやすく、質問をする度に真摯に返答してくださいます。入社間もないころ、上場企業の子会社を担当した際、多くの先輩の力を借りながら一つの決算を閉めた経験は、私の“土台”となっています。一つの案件に対して責任を持って取り組み、完結させる。この経験を繰り返すことで、私たち若手スタッフは成長していけるのだと実感しています。

いつか、地元・北海道の企業に貢献できる日が来ることを願って――。

今後の目標としては、公認会計士の修了考査に合格して、会計士登録を済ませること。修了考査を控えている私に対して、上司が業務量を調整してくださっているので、上司や先輩方に恩返しをするためにも、まずはこの目標をクリアしたいですね。その後の目標としては、新しい分野に挑戦したいと思っています。IPO支援やIFRSは未経験なので、チャンスがあればぜひ案件を担当したいですね。

幅広い経験を積んで税務・会計の能力を磨いていったその先にある目標としては、会社への貢献を考えています。平成会計社は250人ほどの組織ですが、今後、当社が会社規模を拡大していくために、何らかのお手伝いをしていきたい。例えば、リクルーターとして母校を訪問するなど、自分にできることはたくさんあると思うので、一つひとつ形にしていくつもりです。そして、私が生まれ育った北海道の地場企業に何らかの支援ができたら、これほど嬉しいことはありません。平成会計社がその規模を拡大し、北海道も含めて幅広いエリアの企業とお取引をしていけるよう、一会計士として全力でスキルを高めていくつもりです。

平成会計社の業務は多岐にわたっているので、「幅広い業務経験を積みながら専門性を積みたい」と考えている方に向いた職場だと思います。実際、公認会計士の業務領域は大変幅広く、平成会計社は「監査領域以外の業務をすべて担う」という方針でクライアントの相談に応じています。「平成会計社なら、どんな相談にも応えてくれる」――多くのクライアントがこのような期待をもっていますし、平成会計社への転職を考えている方には、ぜひ、この期待に応えられる人材を目指してほしいですね。

この企業について転職相談をする
この企業について転職相談をする
その他のご紹介企業はこちら
ご提供コンテンツ
Copyright © Mynavi Corporation

ご紹介企業特集ページ|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

アクセスマップ