マイナビ会計士

【Forensic】フォレンジック・コアチーム

PwCアドバイザリー合同会社

求人No_439272更新日:2019年11月12日

  • 公認会計士
  • USCPA(米国公認会計士)
  • 公認会計士試験合格
  • 弁護士
  • 証券アナリスト
  • 英語力(日常会話・メール交換)を活かす

仕事内容

■不祥事対応等の有事における企業活動の重要な局面における事実解明・調査を支援するとともに、不正の予防・再発防止等、平時におけるコンプライアンスに係る取り組みも支援しています。

我々は日米の公認会計士、弁護士、不正検査士、財務分析官、フォレンジックテクノロジーの専門家、監督当局および規制当局の出身者、企業の経理財務・法務コンプライアンス出身者を含む10か国以上の国籍からなる50名以上の多様な専門家を擁し、全世界のPwCフォレンジックチーム、PwC内の各業種・分野の専門家、弁護士などの外部専門家と密に連携して、昨今の企業を取り巻く複雑かつ多国間に跨る事案の対応を数多く支援してきています。

グローバルな舞台で会計、法務、ビジネス、テクノロジーが混然一体となったフォレンジックの分野は今後の企業活動の展望に鑑みても無限の可能性を秘めており、PwCネットワーク内の世界最高水準の専門家と協働する中で、様々な専門知識、国際感覚、人間性を高めることができます。

【職務内容】
A) 会計不正、品質不正、贈収賄、競争法等あらゆる不正・不祥事についての調査
B) 贈収賄及び競争法に関するサービス提供
① コンプライアンスプログラム構築支援
② 研修の提供
③ 規定類の整備
④ 反贈収賄デューデリジェンス
⑤ リスク評価及びギャップ分析
⑥ コンプライアンスプログラム外部評価

C) 契約遵守に関する調査(ライセンス調査、サプライヤー調査、ディストリビューター調査等、私企業間の契約について、相手方が契約遵守している事を確認するための調査)
D) 企業危機対応支援
E) 係争・訴訟支援

応募条件

【必要とされる経験・スキル】
■日本語ネイティブレベル
◇アソシエイト~シニアアソシエイト
・会計・法務・調査分野における実務経験2年以上
(プロフェッショナルサービス/企業内管理部門どちらでも可)
◇マネージャー以上
・会計・法務・調査分野における実務経験6年以上
(プロフェッショナルサービス/企業内管理部門どちらでも可)

【歓迎される経験・スキル】
・不正調査・監査/デューデリジェンスまたはトランザクション関連分野における実務経験。あるいは会計事務所、企業の財務経理部門における実務経験。
・弁護士や社内法務部担当者としての、危機対応の実務経験
・コンプライアンスや内部監査、コーポレートガバナンスの経験や知見
・特定の業界および業務プロセスの知識
・英語ビジネスレベル(タイムリーなEmailでのコミュニケーションや、クライアント向け資料の読み書きが可能)
・日本の公認会計士あるいはUSCPA資格保有者・勉強中の方、弁護士、公認不正検査士、公認内部監査人、証券アナリスト資格保有者歓迎

募集要項

業種 コンサルティングファーム > その他専門コンサルティング
職種 専門職種(コンサルタント/監査法人/士業関連) > 戦略・業務コンサルタント > その他コンサルタント
雇用形態 正社員
勤務地 東京都
年収 500万~1500万円
活かせる資格 公認会計士,USCPA(米国公認会計士),公認会計士試験合格,弁護士,証券アナリスト
勤務時間 09:00 ~ 17:00

その他要項

コアタイム 10:30 ~ 15:30
福利厚生・手当 通勤手当
健康保険、労災保険、厚生年金保険、団体生命保険、雇用保険
企業年金、慶弔見舞金制度、確定拠出年金401k、財形貯蓄
【その他】資格取得支援制度、契約施設・ホテル・スポーツクラブ等割引利用、各種クラブ活動※PwC Funs、カウンセリング制度等、ノートPC、携帯電話(iPhon
モデル年収 500万~1500万円
程度 【昇給】年1回 【インセンティブ賞与】年1回(業績・貢献度に応じて支給)  固定給制(年俸)
休日・休暇 年間休日数:- / 夏季休暇日数:- / 初年度有給日数:- / 最大有給日数:- / 年末年始休暇:5日


【備考】
【その他】統合記念日、傷病休暇、試験休暇、公傷休暇、出産・育児・介護・看護休暇等
この求人のタイトルとURLをコピー

マイナビ会計士へのご登録で
が聞けます!

職場の雰囲気 blur text blur text
チーム体制 blur text blur text
平均残業時間 blur text blur text
この求人について話を聞いてみる

この求人の担当キャリアアドバイザーのレポート

アドバイザーコメント 【募集職務の魅力】
調査業務は会計をはじめとする様々な分野におよび、コンプライアンスや経営層の企業倫理に至るまで、非常にセンシティブな問題を扱う重要な業務です。
一般的な業務では触れることのできない「不正」の内容を調査を行い、事実に触れることのできる貴重な経験を得ることができます。
担当アドバイザー -
担当業界 -

企業情報

会社概要 【事業内容】
・事業再生
・M&Aファイナンシャルアドバイザリー
・ディールストラテジー
・M&Aにかかわる統合支援
・トランザクションサービス
・バリュエーション&モデリング
・PPP(官民パートナーシップ)・インフラ



業種 コンサルティングファーム > その他専門コンサルティング
企業特徴 外資系企業 首都圏に本社のある企業
本社住所 東京都千代田区大手町1-1-1大手町パークビルディング
設立年月 -
資本金 -
従業員数 -
従業員構成 -

【Forensic】フォレンジック・コアチーム

PwCアドバイザリー合同会社

この求人について詳しく聞く
この求人のタイトルとURLをコピー
この求人について詳しく聞く