それぞれの職種の平均年収

公認会計士には、監査法人やコンサルティングファームなど複数のキャリアがありますが、各キャリアによって年収はどれぐらい変わってくるのでしょうか?このページでは、キャリアごとの年収についてご紹介していきます。

会計事務所

会計事務所 平均月収 会計事務所 平均月収

会計事務所で働く公認会計士の平均年収は、658万円となっています。ただし、大手や個人など事務所によって規模に大きな違いがあるため、年収100万円未満の方から年収1,500万円以上の方まで幅広く分布しています。

特に個人事務所については、安定的にクライアントが見つからない可能性もあるので、収入が上下しやすいと言えるでしょう。

監査法人

監査法人 平均月収 監査法人 平均月収

監査法人で働く公認会計士の平均年収は、大手(グループ会社を含む)で840万円、大手以外では770万円となっています。また、年収が500万円未満の公認会計士が少ない点も、監査法人の特徴です。このデータからは、20代や30代など働き始めの方であっても、高水準の収入を得やすいといったことが分かります。

また、ほかのキャリアに比べると年収1,000万円以上の割合も高い傾向にあり、特に大手監査法人に関しては、年収1,500万円以上の割合が高くなっています。いわゆる「Big4」と表現される新日本監査法人・あずさ監査法人・監査法人トーマツ・あらた監査法人の給与水準は、公認会計士の中でも高い傾向があると言えるでしょう。

コンサルティングファーム

コンサルティングファーム 平均月収 コンサルティングファーム 平均月収

コンサルティングファームに勤める公認会計士の平均年収は、917万円となっています。ほかのキャリアに比べて母数が少ないため一概には言えませんが、比較的高収入を期待しやすいキャリアと言えるでしょう。

コンサルティングは専門家として企業に協力する業務であり、企業の今後の経営を大きく左右する可能性があるため、多くのコストを費やす企業は多く見られます。このような背景も、コンサルティングファームの平均年収に大きく影響していると考えられます。

一般事業会社

一般事業会社 平均月収 一般事業会社 平均月収

一般事業会社に勤める公認会計士の平均年収は、683万円となっています。ほかのキャリアと比べて特に高いわけではありませんが、年収1,000万円以上の割合は低くありません。

ただし、その反面で年収500万円未満の割合も比較的高い傾向にあります。これらのデータからは、勤める企業や役職によって収入に大きな違いが生じるということが分かるでしょう。

上記4つのキャリアのデータを見てみると、コンサルティングファーム・監査法人の平均年収が高いことが分かります。会計事務所や一般事業会社の年収も、世間一般と比べて高水準ですが、コンサルティングファームなどに比べると収入が安定しづらいと言えるでしょう。

また、そのほかのキャリアについては、独立開業した場合で1,000万円~3,000万円、外資系コンサルティングで800万円以上が年収の目安とされています。独立開業については、安定的にクライアントが見つかれば特に高収入を狙いやすいキャリアと言えるでしょう。

アクセスマップ