マイナビ会計士

MBAは公認会計士の転職に役に立つ?

更新日: 公開日:
MBAは公認会計士の転職に役に立つ?

MBAは、経営学の大学院修士課程を修了すると授与される学位であり、特にコンサルティングファームや外資系投資銀行、外資系企業の中には、高く評価する企業も少なくありません。転職やキャリアアップに役立てるため、MBA取得を検討している方もいるのではないでしょうか。
ここでは、MBAを取得することで得られるものや、MBA取得の障害となりうる要素、MBA取得後の会計士のキャリアパスなどについてご紹介します。

MBAとは

MBAとはMaster of Business Administrationの略称で、経営学の大学院修士課程を修了すると授与される学位です。日本では経営学修士と呼ばれています。MBAプログラムを提供している大学院は「ビジネススクール」と呼ばれており、研究者養成を目的としていない点が、一般的な人文系大学院との大きな違いといえます。
ビジネススクールの目的は、経営者・ビジネスリーダーとしてのスキルを身に付けた人材を養成すること。社会人を対象に、経済学や法律、人事管理、ファイナンス、マーケティング、マネジメント、構想力、論理的思考力、問題解決力に至るまで、経営に必要な幅広い知識・スキルが身に付くよう、各スクールが工夫を凝らしたプログラムを組んでいます。
そのため、同じMBAでも「どのビジネススクールで取得したか」によって、評価が変わることも珍しくありません。

MBA取得で得られるもの

MBAを取得する一番の目的は、経営者・ビジネスリーダーに必要な知識・スキルを身に付けることです。しかし、MBA取得を通して得られるものは、それだけではありません。
MBA取得により得られるメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

幅広い経営の知識

MBAの取得過程で、経済から経営、金融、心理学まで幅広い分野にわたる知識を学ぶことで、単なるスペシャリストではなく、ゼネラリストとしての力が身に付きます。また、MBA取得の前後で、問題に対する姿勢やプレッシャーの受け止め方、経営に対する興味の深さなどが変わったというMBA取得者も多くいます。

新しい視点

海外でMBAを取得する場合は特に、日本では少ないディスカッション形式の授業が中心となります。そのような授業で刺激を受け、国内で仕事をするだけでは気が付かなかった物の見方やとらえ方を発見する人も多いでしょう。
また、国籍や文化的背景の異なるクラスメイトと接することで、コミュニケーション能力の向上にもつながります。

人的ネットワーク

日本中または世界中から一流の人材が集まるMBAプログラムは、人脈を広げるまたとない機会。通常の業務ではまず出会えない職種・業種の人と出会える可能性も高く、これまでとまったく異なるネットワークを築くことができます。
トップクラスの起業家が教壇に立つことも多く、教授とつながりを持つことも、ビジネスパーソンとして貴重な財産になりえます。

信頼性の向上

どれほど優れたスキルや実績があっても、それを相手に理解してもらい、信頼を得るのは難しいものです。
MBAは実務能力の証明にはなりませんが、経営分野において一定の知識とスキルを備えていること、相応の努力をしてMBAを取得するに至った人物であることを証明してくれます。MBAの取得は、取引相手からの信頼性を向上させることに役立つでしょう。

収入アップ

MBAの取得は、収入の上昇を約束するものではありません。しかし、MBA取得を機に、自身の能力を発揮できる企業へ転職したり、責任ある地位に抜擢されたり、起業したりして収入がアップするケースは少なくありません。

MBA取得を活かした転職をする

MBA取得の壁

このように、さまざまなメリットがあるMBAですが、その取得は決して簡単ではありません。MBAを取得する上で、障害となるのは次のような点です。

費用と時間

MBA取得にかかる費用は、海外と国内どちらのビジネススクールに通うか、またその通い方や期間によって異なります。
通い方のパターンは、「海外のビジネススクール(昼間)」「国内のビジネススクール(昼間)」「国内のビジネススクール(夜間)」「オンラインスクール」の4つ。期間は1~2年で、アメリカのビジネススクールは2年または1年以上の期間が一般的なのに対し、アジアやヨーロッパでは1年が主流です。
国内の多くのビジネススクールでは、1年コースと2年コースを備えており、好きなほうを選べるようになっています。

学費はビジネススクールによって異なりますが、海外では700万~2,000万円、国内では120万~400万円、オンラインでは100万〜300万円ほどが目安です。海外留学や国内の昼間部のビジネススクールに通う場合、通学期間は仕事ができませんから、生活費として年間300万~400万円は必要になるでしょう。

以上のことから、MBA取得には、海外留学なら1,000万~2,400万円、国内(昼間)では420万~800万円、国内(夜間)やオンラインでも100万~400万円ほどの費用がかかることがわかります。会社が留学費用を負担してくれるならばともかく、個人で支払うにはかなり大きな金額です。

難度

ビジネススクールの入学に際して試験があるのは当然ですが、日々の授業の予習・復習、論文作成など、入学してからの勉強量が多いのもMBAの特徴です。ただでさえ膨大な量の課題をこなさなければならない上に、海外の場合はこれらをすべて英語で行わなければならないため、難度はさらに高くなります。

英語力

海外のビジネススクールに入学するには、GMAT(Graduate Management Admission Test)やTOEFL(Test of English as a Foreign Language)など、学校が定める試験で合格ラインをクリアすることが最低条件となります。入学してからも、教材やクラスメイトとのディスカッション、教授とのコミュニケーションに至るまで、すべて英語で行われます。

論文の読み込みやアウトプットなどは、一般的な語彙力やビジネス用語の知識だけではどうにもならず、多くの場合、限られた時間の中でMBAの勉強と同時に英語力も向上させなければなりません。並々ならぬ努力が必要ですが、海外で2年間学びMBAを取得できれば、確実に英語力は向上するでしょう。

このように、MBAの取得にはかなりのエネルギーが必要になります。MBA取得にかかる費用や労力と、MBAを取得することで得られるメリットを天秤にかけ、「本当にMBAを取得すべきか」「どのスクールで学ぶのがいいか」を決めることが大切です。

MBAはどこで取るかが重要

どのビジネススクールでMBAを取得しても、経営に必要な理論やスキルを学ぶことに変わりはありません。しかし、プログラムの内容や得られる人脈、周囲の評価、かかる費用や時間はスクールによって異なるため、「どこでMBAを取得するか」は非常に重要なポイントです。

MBA取得後に外資系企業で働きたい場合や、国を越えた人脈を築きたい場合は、海外のブランド力のあるビジネススクールに入るのがおすすめです。国内のビジネススクールよりも、海外のトップクラスのビジネススクールのほうが、アメリカや欧米、アジアで高く評価されることは間違いないからです。

一方、国内のビジネススクールにも、海外にはないメリットがあります。例えば、夜間コースなら仕事を続けながらMBAを取得できたり、国内の各業界で活躍する人とネットワークを築けたりすることがメリットとして挙げられます。また、授業やディスカッションは、多くの場合、日本語で行われるため、理論やスキルの学習に集中できることもメリットといえるでしょう。

また、卒業生とも接触しやすいため、ロールモデルを探して、自身のキャリアアップの参考にすることも可能です。スクールによっては修了生による講演会や交流会を開くこともあるため、スクール選びの前に参加して、自身のキャリアのロールモデルになりそうな人を探してみてもいいでしょう。

カリキュラムや力を入れている科目は、それぞれのビジネススクールによって異なります。どのスクールを選ぶか検討する際は、これらも忘れずに判断材料に加えてください。

MBA取得後の転職先・キャリアパス

日本・世界を問わず、MBAを評価する企業は数多くあります。しかし、企業が採用を行う際に最も重視するのは、やはり実務経験です。

MBAを取得しただけではあまり意味がなく、実績との組合わせによって高い評価につながるのです。そのため、ビジネススクールで学んだことを実務にどう活かすか、自身の専門分野とどう組み合わせていくかが重要になります。
MBAを取得し、相応の実務経験があるなら、MBAを高く評価する傾向があるコンサルティング会社や外資系投資銀行、外資系企業などへの転職や独立開業など、さまざまなキャリアにつながっていきます。

例えば、海外でMBAを取得した会計士の中には、そのまま海外のコンサルティングファームに就職したり、一度海外で就職した後、日本に戻って事業を始めたりする人もいます。現在の日本では「英語に堪能な会計士」は非常に少なく、多くの企業が求める存在なので、好条件で国内企業に転職する道も考えられます。

何のためにMBAを取るのかを明確に

MBAの取得は、人的ネットワークや新しい視点をもたらし、新たなキャリアに挑戦するきっかけにもなります。しかし、ただ取得するだけでは、その知識やスキルを十分に活かすことはできません。
ビジネススクールにもそれぞれ個性があり、海外で学ぶのか日本で学ぶのか、どのスクールで学ぶのかによって得られるものは変わります。MBAの取得には、費用的にも時間的にも非常に大きなコストがかかるため、MBAを取得することで得られるメリットがコストに釣り合うのか十分に検討した上で、自分に合ったビジネススクールを選びましょう。

新しいキャリアに挑戦する
会計士の転職Q&A
会計士の方の疑問や悩み、不安を解消します。
「会計士試験合格者」の転職Q&A 「経理・財務」の転職Q&A 「監査法人」の転職Q&A 「会計事務所・税理士事務所」の転職Q&A 「ワークライフバランス」の転職Q&A
会計士の転職事例
マイナビ会計士の転職成功者の方々の事例をご紹介します。
監査法人 一般事業会社 会計事務所・税理士法人 コンサルティングファーム 会計士が転職で失敗しやすいポイント
会計士の志望動機・面接対策
面接のマナーを押さえ、あなたの強みを引き出す面接対策方法をご紹介します。
会計事務所 税理士法人 コンサルティングファーム 監査法人
はじめての転職
転職への不安を抱えた方々に向けて転職のサポートを行なっています。
会計士の転職時期
転職活動の時期や準備時期、スケジュールなどをお伝えします。
履歴書、職務経歴書の書き方
人事担当者から見て魅力的な職務経歴書を書く方法をご説明します。
女性税理士の転職
女性税理士の転職事情や成功するための秘策をご紹介します。
実務未経験の転職
実務未経験の税理士試験合格者の転職成功ガイドをご紹介します。